Assassin’s Creed Syndicate – 着実な進歩 (1)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

20151120021825
今作は格闘戦に力を入れているようで、序盤は泥臭い殴り合いの戦いが多い。小気味よいヒット音と素早い攻撃アニメーションが相まって、十分に爽快感が伝わって来る。ちなみに、今作もカウンターキルやキルストリークは無く、基本的に敵の攻撃を”受け流し”てそこから反撃していく戦闘になっており、前作同様に”待つ戦闘”ではなく自分から積極的に動く戦闘になっている。

前作の欠点である敵の銃弾を防ぐ確実な方法がない点も見事に解消され、今作ではどのような状況でもYボタンを一度押すだけで回避可能。これによって敵の銃弾はプレイヤーに緊張感を与えて、格闘戦に減り張りをもたらすものになっており、前作のようなプレイの邪魔をする存在ではなくなっている。その他にも、敵が攻撃モーションに入る前にそれを知らせる表示が出来るようになったことで、受け流しに失敗することが減ったりと、確実に前作の欠点を潰してきたその姿勢は評価したい。

20151120024215
今作もスキルを習得して主人公を強化していくことが出来る。前作では余りにもスキルで強化することに集中した結果、”イスに座る”や”現金をバラ撒く”ことすら最初から出来なかったのだが、今作ではダブルアサシンやエアーアサシンと言った高度な技も最初から繰り出せるようになっている。蛇足だが、ダブルアサシンやエアーアサシンの発動範囲は前作と比べると”かなり”緩くなっているので、簡単に決まる。

このように主人公の初期能力が高くなったことに加えて、スキルの大半が”必須ではないが、あると助かる”ものに変わったことで、このスキル習得は主人公の能力をアンロックするものから、プレイヤーの欲しい能力を主人公に付加するものへと変わり、結果的に習得するスキルを吟味する楽しさが生まれている。また、殆どのスキルを習得してようやく人並みになる前作とは違い、今作はスキルを習得すると確実にプレイが楽になるのが分るので、スキル習得の楽しさも生まれている。

20151121002636
今作の主人公は二人だ。男女(姉弟)の主人公でミッション時以外は自由に切り替えることが出来る。『Grand Theft Auto V』とは異なり、切り替える為にわざわざメインメニューを開く必要があるので少し面倒臭いのだが、エリアが変わることなくその場で、一瞬で切り替わる良さもある。

現時点では向こう見ずで戦闘を好むジェイコブ、頭が切れて隠密行動を好むエヴィーという印象で、物語上は上手く差別化が出来ていると思うが、どの主人公で遊んでも大してゲームプレイに変化がないのは少し残念。

それでも前作よりは格段に面白く、久々に夢中になれるアサシンであることには違いない。

– 水増し感のある制圧アクティビティ (2)

16.07.25 加筆修正

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする