【評価/感想】マックス・ペイン 2【批評/レビュー】

4.0
シューティングゲーム
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Max Payne 2: Fall of Max Payne
機種PC,PS3,Xbox 360 etc
発売日2003年10月14日
開発元Remedy Entertainment
カキヘイ
カキヘイ

続・スローモーション多用系TPS。
“主人公が超人化”したことで前作よりも難易度は下がっており、多くのプレイヤーにとって手に取りやすい”洋ゲー”。

マックス・ペイン』の続編。
プレイ面の大胆なカジュアル化と、大幅な表現力の向上が特徴の続編であり、前作よりも洗練されたシューターに仕上がっている。

スポンサーリンク

紹介

どんなゲーム?

三人称視点のシューティングゲーム(TPS)

ゲームとしては『マックス・ペイン』の続編。
一応、ストーリー的には繋がっているが、「必ずプレイすべき」というほどではない。

カキヘイ
マックス・ペイン

オレはジャンキーに妻子を殺された刑事だ
そのジャンキーが乱用していた【Valkyr】という薬物を追っていたら、政府絡みの陰謀に巻き込まれて大変だったぜ!

最低限、上記の流れを理解していればOK。

前作との違い

下で詳しく書くが、全体的な低難易度化が特徴。

主人公の能力が強化され、かつ【バレットタイム】の能力も強化されたことで、主人公補正の利いたキャラクターを操作して、敵を次々と撃ち倒していくという内容になっている。

前作『マックス・ペイン』と比べると、より幅広い層がプレイできる難易度かと思う。

スポンサーリンク

評価

【Pros】主人公の”万能感”を楽しむ

今作では【バレットタイム】が強化されている。
ゲージが自動回復するので”ほぼ使い放題”となり、前作『マックス・ペイン』のように敵を倒してゲージを回復させる手間が不要で、リスク覚悟で撃ち合うシビアさはあまりない。

また、今回は”神業”超高速リロードも可能に。
よって、もはやプレイヤーはリロード時間さえも気にすることなく、殺戮の続きを楽しめるようになっており、難しさと引き換えにスピード感やテンポの良さが増している。

今作の【バレットタイム】は、端的に言えば”敵を気持よく料理するための爽快なアクション”に近く、前作のように苦しい戦闘をサポートする能力ではなくなっている。

全体的な難易度の低下

まず、今作の主人公マックスは基礎能力が向上。
一方で、反対に敵は命中率や反射力は低下しており、
撃たれ役に徹している。なので、全体的にプレイヤー有利の場面が多く、その上で【バレットタイム】が強化されているので、より低難易度化している。

結果的に、今作は”万能感を堪能できるバランスに調整された”と言える。
前作のように1秒の差が生死を分けるシビアさはないが、それと引き換えにマックスの主人公っぷりを楽しみつつ、ハードボイルドなストーリーを楽しめる作品へと変化している。

カキヘイ
カキヘイ

【シュートドッジ】の使い所がほとんどない

【Pros】前作よりも多様なミッション

maxpayne2-16042002

今作はダブル主人公に近い。

プレイヤーはマックス・ペインとモナ・サックスのどちらかを操作するのだが、それに合わせて同じミッションを異なる視点から進めたり、一方を援護したりするミッションが追加されており、孤軍奮闘だった前作よりもミッション内容は多様化している。

【Cons(欠点)】シュートドッジの不在

『マックス・ペイン』より。

基本的に【バレットタイム】のみで事足りてしまう。
今作では、最大のアドバンテージだった”発動中は不死身”が無くなったことで、【シュートドッジ】がスキだらけの大技になってしまい、”最後の一人を始末する時の魅せ技以外に使い道がない”。

前作『マックス・ペイン』のように、瀕死の状況で【シュートドッジ】を使い、”発動中に敵を一人残らず倒すことで一発逆転を図る”というようなスリリングなプレイはなく、この辺りは正直に言って物足りない。

スポンサーリンク

総評

より、演出重視の方向に舵を切った続編。
特殊能力を駆使して敵を一方的に叩いていくプレイは爽快感があり、前作『マックス・ペイン』よりも格段に遊びやすい。また、マックスとモナが織りなすハードボイルドなストーリーも魅力的だ。

続編>>>マックス・ペイン3 レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シューティングゲーム
カキコム or 管理人をフォローする
カキコム(Kakihey.com)│ゲームレビュー、洋ゲーやPCゲームの話題を発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました