【評価/レビュー】Horizon Zero Dawn【批評/感想】

前の記事>>>『Horizon Zero Dawn』ファーストインプレッション

Horizon Zero Dawnのボックスアート。

開発元 Guerrilla Games
ハード PS4
その他 公式サイト

KILLZONEシリーズで有名な「Guerrilla Games」が送る、オープンワールド系アクションゲーム。

1000年前、世界は大災厄に襲われ、闇に包まれた。

やがて大地は変化し、地球は動物の姿を模した機械たちに支配される。

かつて存在した文明に一体何が起きたのか?

なぜ地球上に機械の生物たちが存在するのか?

熟練ハンター「アーロイ」となり古の遺物や謎に満ちた建造物が点在するオープンワールドを探索し忘れ去られた大地の秘密と謎を解き明かそう。

引用 – Horizon Zero Dawn

Good

  • 美しいグラフィック
  • 機械獣(1体)との戦闘
  • 主人公の出自とゲーム世界の秘密

Bad

  • 宗教観
  • 納得できないリスタートが多い
  • 忘れ去られた近接攻撃
  • 思い通りに行かないステルスプレイ
  • 不要なものが多いスキルツリー

機械獣との戦闘は掛け値なしに最高

巨大な機械獣との戦闘は本作の見所。『Horizon Zero Dawn』より。

『Horizon Zero Dawn』の世界では現代文明が崩壊し、機械獣と呼ばれるモンスターが地球を支配している。それらはどれもが攻撃的というわけではなく、草食動物や獰猛な肉食動物を思わせる多種多様な機械獣が生息しており、見た目は機械なのだが”生きている”ようである。

プレイ時間の大半は、そうした機械獣との戦闘が占める。機械獣は、主人公の何十倍もの大きさを誇り、そんな機械との戦闘は非常に白熱している。ゴリ押しで撃破できることもあれば、思慮深く観察して作戦を立て、トラップや矢を使い分けて戦う必要もあり、一辺倒ではない多様な戦闘でプレイヤーを楽しませてくれる。

巨大な機械獣がスクラップになっていく様は、それ自体に爽快感があり、攻撃がヒットした際の感覚も心地よい。

また、単純に主人公をグリグリ操作し、縦横無尽に走り回りながら戦うベース自体も面白く、それをサポートする「クラフト」や「スキル」も必要最低限ながらも仕事をしている。

一方でプレイに水を差す欠点も

終盤は大盛り上がり。『Horizon Zero Dawn』より。

その一方で、ゲームプレイの水を差す点も存在する。

例えば、戦闘時における操作方法が煩雑で、流れるような戦闘シーンと比べるとスマートではない。具体的には、このゲームでは回復アイテムや罠などの使用が「十字キー下」で統一されているため、プレイヤーは左右の十字キーでアイテムを選び、十字キー下で使用を決定する必要があり、これが非常に”まどろっこしい”。

私の場合、特殊な持ち方をしないと”カメラを操作するアナログスティックから指が離れる”ので、動き回る機械獣を追いきれないことが多かった。にも関わらず、機械獣は容赦なく攻撃してくれるので、ものすごくフラストレーションが溜まる。

罠は武器選択のホイールに収め、十字キーには任意でアイテムを選んで登録しておく。これは『The Witcher 3: Wild Hunt』と同じ方式だが、こちらの方が何倍も遊びやすいだろう。

(余談だが、体力が回復する薬草は十字キー上に固定されている。なぜ、回復アイテムもここに入れてくれないのか?)

ステルスプレイは大味。『Horizon Zero Dawn』より。

カバーに入れないので遊びにくい。

これ以外にも、難易度のバラバラが不自然で、“よく分からないまま”倒されることが増が多い。

それに加えて、視野も不自然なほど狭く、上空を飛び回る機械獣との戦闘では苦労させられ、納得できないリスタートが目立つ。

また、”敵の頭数を減らすための”ステルスプレイも出来は良くなく、口笛で目の前の敵を誘導するつもりが、何故か遠くにいる敵が反応してしまったり、カバーにも入れないので意図せず発見されてしまったりなど、こちらも今ひとつ練り込みが足りない。

総評

Fallout 4的なセリフの選択あり。『Horizon Zero Dawn』より。

手放しに絶賛するわけではないが、次回作以降に期待がもてる一作。

新シリーズの1作目としては十分な完成度になっており、本作をベースに拡張されていくであろう続編には大いに期待したい。

次の記事>>>The Last of Us レビュー

スポンサーリンク

シェアする