スポンサーリンク

【評価/感想】Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン)【批評/レビュー】

スポンサーリンク
オープンワールドゲーム
原題Horizon Zero Dawn
対応機種PS4
発売日2017年2月28日
開発元Guerrilla Games
備考公式サイト

「キルゾーン」シリーズで有名なGuerrilla Gamesが送るオープンワールドゲーム。
なお、本作は「プレイステーション」独占販売である。

1000年前、世界は大災厄に襲われ、闇に包まれた。
やがて大地は変化し、地球は動物の姿を模した機械たちに支配される。

かつて存在した文明に一体何が起きたのか?
なぜ地球上に機械の生物たちが存在するのか?

熟練ハンター「アーロイ」となり古の遺物や謎に満ちた建造物が点在するオープンワールドを探索し忘れ去られた大地の秘密と謎を解き明かそう。

引用 – Horizon Zero Dawn

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

評価できる2点

【機械獣】との戦闘が熱い

巨大な機械獣との戦闘は本作の見所。『Horizon Zero Dawn』より。

まず、本作の舞台は”現代文明が崩壊した後”の地球。
そんな世界は【機械獣】と呼ばれるモンスターが支配しており、野生動物風の【機械獣】たちが多種多様な生態系を築いている。また、人間もいくつかの部族に別れて暮らしており、原始文明と現代文明が融合したユニークな世界を構築している。

本作の目玉はなんと言っても【機械獣】との戦闘。
多くの【機械獣】は、主人公アーロイの何十倍もの大きさを誇り、巨大な身体を左右に揺らして迫って来る。プレイヤーはそんな危険で巨大な【機械獣】と戦っていくわけだが、攻撃を素早く回避して反撃に繋げていく戦闘は非常に面白い。

じっくり時間を掛けて巨大な【機械獣】をスクラップにしていくのは爽快

また、全体的なゲームバランスも優れている。
時にはゴリ押しで、時には思慮深く観察することを求めるバランスになっており、臨機応変にトラップや矢を使い分けて戦うことも求められるので、攻撃一辺倒ではない多様なゲームプレイを実現している。

ただし、スキルやクラフトは必要最低限

  • 「スキル」「クラフト」

上記2点はやや物足りなさを感じる。
必要最低限という感じになっており、この程度であれば【パーク】に統合できるはず。

【余談】ウィッチャー3との比較

度々『ウィッチャー3 ワイルドハント』と比較される。
これに関しては【どっちが面白い?】2作を徹底比較/『ウィッチャー3 ワイルドハント』と『Horizon Zero Down』の違いを紹介で詳しく書いているので、ぜひ目を通して欲しい。

▼類似点▼

  • オープンワールド。
  • 3人称視点のアクションゲーム。
  • プレイヤーの選択と決断。
  • 探索ベースのミッション構造。
  • 巨大なモンスターとの戦闘。

単にゲーム内容だけに注目すれば、今作と『ウィッチャー3 ワイルドハント』の類似性は高いが、ストーリーや舞台設定が大きく異なるので、最終的には好みの問題となる。

ざっくりと言えば、今作の方はカジュアル層でも手を出しやすい内容。
明らかにゾイドの影響も受けているので、日本人にも馴染み深い設定だと言える。

その一方で、『ウィッチャー3 ワイルドハント』はコアな海外ゲーマー向け。
ウィッチャー3はシリーズ3作目かつ、大人向けのダークファンタジー系RPGとなっており、覚えるべき用語やシステムが多く、マニア向けと言える内容になっている。

スポンサーリンク

【欠点】”面白くない”と感じる2点

煩雑に感じる操作性

終盤は大盛り上がり。『Horizon Zero Dawn』より。

まず、戦闘時の操作方法が煩雑に感じる。
今作では回復アイテムやトラップの使用が「十字キー下」で統一されているので、それらを使用する際は左右の十字キーでアイテムを選び、十字キー下で決定する必要があり、これが“まどろっこしく”感じられる

少なくとも私は、モンハン持ちならぬ、ホライゾン持ちとも言える”特殊な持ち方”をしない限り、激しい戦闘の中で止まらずに「回復アイテム」を使用することはできなかった(カメラを操作するスティックから指が離れるので)。

次回作では「薬草(回復アイテム)」と同じく「回復アイテム」も十字キー上に統一して欲しい。

FoV(視野角)が狭い

操作性と同じくらいにFoVの狭さも気になる。
「グリントホーク」のように空を飛び回る敵と戦う際は、その画面の狭さゆえに視点移動が大変。

難易度の曲線が不自然

ステルスプレイは大味。『Horizon Zero Dawn』より。

カバーに入れないので遊びにくい。

“何だか分からないまま倒されることが多い。
これは単に「難易度の曲線が不自然」であることに加えて、既述した「視野角が狭い」ことにも原因があり、納得できないリスタートが目立つ。

また、大味なステルスプレイも無駄に難易度を上げる。
本作では口笛で目の前の敵を誘導したつもりが、遠くにいる敵が反応したり、カバーにも入れないので意図せず発見されたりするので、些細なミスが失敗に繋がりやすい。

スポンサーリンク

総評

Fallout 4的なセリフの選択あり。『Horizon Zero Dawn』より。

手放しに絶賛はできないが、次回作以降に期待がもてる一作。
新シリーズの1作目としては十分な完成度を誇る作品に仕上がっており、本作をベースに拡張されていくであろう続編は今から楽しみだ。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥6,040(2019/02/21 21:33:04時点 Amazon調べ-詳細)

Q&A

Q.PC(Steam)版は?
A.PlayStation独占タイトル。

Q.Complete Editionとは?
A.本編と「凍てついた大地」が同梱された完全版。

関連ニュース

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オープンワールドゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kakihey.com(カキコム)