スポンサーリンク

“傑作”のオープンワールド系RPG【評価/感想】ウィッチャー 3 ワイルドハント(ゲーム・オブ・ザ・イヤー エディション)【批評/レビュー】

RPG
スポンサーリンク

スポンサーリンク
原題The Witcher 3: Wild Hunt
機種PC,PS4,Xbox One
発売日2015年5月19日
開発元CD Projekt RED
備考公式サイト
カキヘイ
カキヘイ

オープンワールド系RPGの傑作。
プレイヤーの選択がゲーム世界に与えるダイナミックさと、ダークソウル系とも言われる戦闘システムが融合した一作になっており、今後発売されるRPGが目指すべき目標となった作品。

スポンサーリンク

紹介/どんなゲーム?

オープンワールド系RPG

「スカイリム」より。

ざっくり言えば、オープンワールドRPG
『The Elder Scrolls V: Skyrim』よりもダークで、キャラクター性の強いストーリーが特徴。

  • オープンワールド
  • RPG
  • ダークファンタジー
  • モンスターハンター
  • ダークソウル

さらに、アクションゲームとしては上記タイトルが一つになったような内容。
主人公ゲラルトはモンスター退治を生業とする【ウィッチャー】なので、ゲームプレイ内でも人間よりもはるかに巨大で、危険なモンスターと戦うことが多い。

オープンワールドの作り込み

今作のマップ。

マップは十分過ぎるほど広大”かつ多彩。
今作のマップは大都市【ノヴィグラド】を始め、邪悪な魔女が支配する森や激戦の後が残る【ヴェレン】など、”3個の大マップと膨大な地域”から構成されており、個々のマップではそれらがシームレスに繋がる*。

なお、肝心の作り込みも圧巻。
辺境の小さな村にさえ歴史や文化が根付いており、ただ歩き回るだけでも十分楽しめるほど作り込まれている。また、今作はNPCの声も含めて完璧に日本語化されている。

*地域を移動する際はロード画面が入る

時系列/ストーリーの繋がり

▼時系列▼

基本的に1作目からの続きもの。
主人公ゲラルトと仲間たちは関係性がすでに出来上がっており、「あの時のあれ覚えてる?」みたいな感じで、過去作での出来事に言及したりするので、ストーリーは復習するに越したことはない。

そして、もっと言えば原作も読んでおいた方が良い。
私はゲーム版のみをクリアした状態で今作をプレイしたが、「読んでおけばよかった」と感じた瞬間は何度かあったので。

ただし、一応はゲーム内のコンテンツで説明してくれるので、「絶対に読むべき/遊んでおくべき」というほどではない。

もっと詳しく

過去作の評価や予備知識は【ウィッチャーシリーズの歩き方】で詳しく解説している。

プレイ時間の目安

プレイ内容目安のプレイ時間
メインクエストのみ50時間
全てのコンテンツを消化する100時間~150時間

私は一周目は80時間(メイン・(一部)サイド)、二週目は120時間(ほぼ完全クリア)。

有料DLCも配信中

二つ合わせて『ウィッチャー2 王の暗殺者』相当の大型DLCが配信されている。
一つは本編を拡張する形で、もう一つは【トゥサン】と呼ばれる風光明媚な新マップが舞台となり、本編と負けず劣らずのクォリティとなっている。

ゲーム オブ ザ イヤーエディション

いわゆる「完全版」。
上記の有料DLCに加えて、無料配信されたDLCも収録されたパッケージになっている。

PC版との違いModの有無

PC版のみ(非公式ながらも)Modに対応している。
【ファスト・トラベル】の制限を解除するような利便性を向上させるModから、ゲームバランスを抜本的に変更するModまで多種多様なModが配信されており、自分流にゲームをカスタマイズできる。

なお、本サイトでは【必ず導入したいオススメのModを一気に紹介】という記事をアップしている。

スポンサーリンク

評価

【Pros】重厚なストーリー

主人公ゲラルト。

メインクエストはその「構成」が見事。
このシリーズは”複雑な分岐”が特徴として挙げられるが、今作でもクエスト中の選択がストーリーを変化させる特徴は健在。

目の前にいる人物を「処刑するか、見逃すか」というものから、相手の話を「全て聴くか、要点だけ聞か」というものまで、まさに膨大な数が用意されており、どちらを選んでも違った反応が返ってくる。

  • 山ほどの「選択」が存在する

そして、常に「選択と結果」が付きまとう。
私たちの世界と同じく、”視点を変えれば見え方が変わる”お話が多い。なので、「楽な選択」が用意されていることは稀であり、それゆえに「選ぶ行為」はとても重く、ある選択が主要キャラクターの生死さえも左右する。

  • 「選択」と「結果」

難しい二者択一でも、逃げることはできない。
最後は己の倫理観に照らし合わせて選択することになり、そうした選択の数々がストーリーに反映され、“自分の選択がゲーム世界を一変させる”ダイナミックさが味わえる。

ゆえに2周目も面白い

1周目とは異なる選択を繰り返せば、同じクエストであっても別の結末を迎えることが多い。
※今作には3種類のエンディングと、36種類の細かな変化が存在する

【Pros】圧倒的なコンテンツの量と質

主人公ゲラルトと親しい魔女トリス。

コンテンツの質と量に圧倒される。

種類説明
メインクエスト本筋のストーリー
サイドクエスト任意の小規模ストーリー
ウィッチャーへの依頼モンスター狩り
トレジャーハント etc財宝探し

どれ一つとして同じ物がないのは賞賛されるべき点。
例えば、”勝ち進んでいくだけの”トーナメント系クエストや、「トレジャーハント」にさえ洒落の利いた小話が用意されおり、「単なる水増し」に思えるコンテンツが存在しない。

開発者いわく「メインとサイドのコンプには約100時間必要」とのことだが、それは決して宣伝トークではない。

【Pros】モンスターとの一進一退の攻防

巨大モンスター「グリフィン」。一番最初に対峙するモンスターである。

このシリーズのもう一つの特徴は、凶暴なモンスターとの戦闘。
今作では、DARK SOULS風とも言われる戦闘メカニックが導入され、これまで以上に「攻撃」や「防御」と言った基本動作を重視する、通好みのハードコアなアクションゲームに進化している。

  • ダークソウル系とも言われる戦闘メカニックを採用
  • 通好みの硬派なアクションゲーム

さらに「スキル」の取捨選択や前述した【霊薬】の使い分けなど、戦闘の準備段階から既に戦いが始まっている点も面白く、その二段構えの戦闘は非常に白熱している。

(狭い空間でのリンチさえ除けば)硬派で泥臭い戦闘はよく出来ており、グリフィンに代表されるボス級モンスターとの戦いは、過去作以上に手に汗握る場面の連続だ。

霊薬は”いつでも飲める”

なお、今作では【霊薬】はいつでも飲める。

前作『ウィッチャー2』は戦闘時には飲めず、敵に強襲された際は”【霊薬】でキャラクターを強化できないまま”戦闘に入ることがあり、非常に苦労させられた。

【霊薬とは?】
主人公ゲラルトを始めとする【ウィッチャー】たちは、【霊薬】と呼ばれる”特殊な薬”を飲むことで自らの能力を強化する。

【ウィッチャー】たちは相手に合わせて【霊薬】を使い分け、自分の何倍以上もの大きさのモンスターと死闘を繰り広げる。

操作性も改善

今作はよりコントローラフレンドリー。
前作『ウィッチャー2』では妙にカクカクした動きと、一歩目がやや遅れる点に違和感を覚えたが、今作の主人公は自分の思った通りに動いてくれる。

また、ジャンプも追加された。
前作では、膝ほどの段差さえもジャンプできず、無駄に迂回することが多かったのだが、それはもう過去の話である。

【Cons(欠点)】進行を縛る、推奨レベル

シリの肖像画。

今作では推奨レベル以下のクエストはプレイ不可に近い。
推奨レベルとは、要するに「このクエストはxレベルになってから遊んでね」ということなのだが、低レベルの時分から高難易度のサイドクエストが次々と発生するので、プレイしたいのに出来ない”もどかしさ”を感じることが多い。

今遊べるクエストが順番に開放されていく方式の方が分かりやすい。

【Cons(欠点)】捜査パートは単調

主人公のゲラルト(2)

捜査パートはひと工夫が欲しかった。
主人公ゲラルトはモンスタースレイヤーである一方で、優秀な追跡者でもあるので現場の痕跡からターゲットを追跡するクエストは割と多い。

これが基本的に「透視する→インタラクション」という味気ないパターンの繰り返しになっており、もっとパズルやギミックを駆使した捜査があればなお良かった。

【Cons(欠点)】1本道的なシリ編

もう一人の主人公シリ。

シリ編は一本調子でやや退屈する。
このパートでは、一時的に操作キャラクターがシリに切り替わり、1本道的なクエストが展開されるのだが、個人的には引き継きオープンワールドベースのクエストの方が良かった。

スポンサーリンク

【余談】Horizonとの比較

『ホライゾン ゼロ・ドーン』の主人公アーロイ。今作は度々ホライゾンと比較される。

度々『Horizon Zero Down』と比較される。
これに関しては【どっちが面白い?】2作を徹底比較/『ウィッチャー3 ワイルドハント』と『Horizon Zero Down』の違いを紹介で詳しく書いているので、ぜひ目を通して欲しい。

スポンサーリンク

総評

見下ろす主人公ゲラルト。

オープンワールドRPGとしては今世代(PS4/Xbox One)で一番の作品。
複雑に分岐するダイナミックなストーリー、技術の進歩を感じさせるグラフィックや、質と量で攻めるコンテンツには圧倒される。圧倒されっぱなしだった。

今作は”後続の作品が超えるべきハードル”を一気に押し上げた傑作。

▼大型DLC▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RPG
Kakihey.com(カキコム)│ゲームレビュー、ニュースやMod情報などを発信するゲームメディア