【評価/感想】タイタンフォール 2【批評/レビュー】

スポンサーリンク

表示される記事は【更新順】

タイタンフォール 2のボックスアート。

タイトルTitanfall 2
開発元Respawn Entertainment
発売日2016年10月28日

Titanfallは、Respawn Entertainmentが送るロボ系FPS。

過去にCall of Dutyを手掛けた元スタッフによる一作になっており、プレイヤーは近未来を舞台にTitan(タイタン)と呼ばれる巨大ボロと共に、”惑星を股にかけた”敵対勢力IMCとの死闘に身を投じる。

▼ストーリー トレーラー ▼

Good

  • 無駄がなく濃いキャンペーン
  • お約束のストーリー展開
  • 白熱したTitan

Bad

  • ウォールラン
  • 一部の即死パズル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FPS、Titan、パズルはどれも一流

そのスピード感に痺れる撃ち合い

高低差を利用した戦闘。上空から失礼します!

余計な褒め言葉は不要、とにかく爽快

元々、Call of Dutyシリーズに携わっていた人たちの一作ということで、スポーツ系FPSライクな内容ではあるのだが、CoDよりも「撃つ」「走る」「避ける」の3点に重きが置かれている印象で、そのゲームプレイからは初代『DOOM』にも似たオールドスクールな香りがする。

外骨格スーツによる人間離れしたアクションは、目が回るほどのハイスピードな撃ち合いを可能にし、押し寄せる敵の大群を片っ端から殲滅していくのは実に爽快。

また、広く取られたエリアを縦横無尽に駆け抜けるのは”病みつきになるほど”気持ちよく、そのスピード重視のゲームプレイは”一度体験すると忘れられない”はずだ。

グラフィックや操作性は違えど、「撃つ」「走る」「避ける」の3点を突き詰めたオールドスクールなFPSという印象を受け、賞味期限とは無縁の普遍的なゲームプレイを提供してくれる。

力と力が激突するTitan戦

タイタン(巨大ロボ)との戦闘は今作のハイライト。

他の作品ではボス戦に当たるTitan戦は、前作同様に面白い。

余計な小細工なく、真正面から火力で勝負する内容になっていることに加えて、Titanの見た目からは想像できないほどスピード感のある戦闘にもなっており、遊びがいと爽快感を同時に体感できるバランスになっている。

また、FPSパートとTitanパートの配分が適切なのも大きく、どちらも「飽きるまで遊ばせない」という意図が感じられ、中だるみすることなく最後まで遊べるのも嬉しい。

ただ、難易度と武器の種類は課題。

まず、難易度はノーマルだとヌルく、かと言ってその一つ上だとシビアすぎるので、その中間の難易度が欲しいと感じた。

また、Titanの武器は複数用意されているものの、使い分ける意味が薄く、もっと他の武器を使うべき理由を用意して欲しかった。

多彩な仕掛けが山盛りの各エリア

様々なギミックで楽しませてくれる。画像は現在と過去を交互に入れ替えるデバイス。

各ミッションでは、常識に囚われない多彩なギミックで楽しませてくれる。

稼働中の組み立てラインを舞台にしたミッション「深淵へ」では、床が壁になり、壁が床になるギミックが用意され、目まぐるしく変化するエリアを舞台にした銃撃戦が楽しめる。

また、それとは別のミッション「結果と原因」は、”タイム トラベル”を多用したユニークなデザインになっており、プレイヤーは「現在」と「過去」を自在に切り替えてエリアを進んでいく。

単純に、ボタン一つで戦況が一変するダイナミックさも面白いのだが、しっかりと使い分ける意味が感じられ、こうした開発元の柔軟な発想力は素直に評価したい。

スポンサーリンク

FPSプラスα

ウォールランを多用した戦闘は爽快。ただし、頻度が高すぎる気も...。

純粋なFPSというよりも、それの割合が大きいゲームという印象を受ける。

今作は”始まりから終わりまで”常に敵と撃ち合うような作品ではなく、ウォールラン(壁走り)を活用したパズルや、上記のTitan戦などの割合も高く、パズルゲーでもロボゲーでもあるという「FPSプラスα」な内容になっている。

正直に言って、目玉のTitan戦以外は”淡白な仕上がり”になっているのだが、今作のようにゲーム側のペースで進む1本道ゲームにおいては、”戦闘から離れて一呼吸置く”良い機会になっている。

とくにゲーム的な意味はないが、相棒のTitan“BT”との会話も何気に癒やしの瞬間だったりする。

上記の通りプラスαの部分は淡白な内容であり、個人的にはBTとの会話をもっと盛り下げて欲しかったとは思うが、自己主張し過ぎないことの良さもある。

パズルでのウォールランの多用は課題

「マルチの予行演習」なのは理解できるが、戦闘以外でのウォールランは必要以上に多いと感じた。

確かに、上手く使いこなせたときの爽快感はあるのだが、不意の落下死が多くせっかくのテンポを邪魔しているときがある。

スポンサーリンク

総評

タイタンとの友情を描くストーリーは王道的だが最高。

清いほど1本道なキャンペーンは、シングルプレイ不要論の声が上がる今だからこそ、とても輝いて見える。

それを抜きしても、様々なイベントを適切に盛り込んだキャンペーンは非常に質が高く、シンプルにバディもののお約束を追求したストーリーも、単純明快ながらも夢中になれる。

もし、あなたが昔ながらの伝統的なシングルプレイキャンペーンを欲しているのなら、『Titanfall 2』を遊ばない理由はない。

次の記事>>>人喰いの大鷲トリコ レビュー