【評価/感想】コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア(CoD IW)/ソロ・キャンペーン【批評/レビュー】

5
シューティングゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Call of Duty: Infinite Warfare
対応機種PC,PS4,Xbox One
プレイ/クリア時間8時間~

👍Good

  • 読みやすいストーリー
  • 充実したキャンペーン
  • このシリーズにしてはボリューム満点

👎Bad

  • インタラクトの精度
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,950(2019/09/18 02:04:55時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

紹介

どんなゲーム?

「宇宙」を舞台にしたミリタリー系FPS。

【Infinity Ward】開発としては『コール オブ デューティ ゴースト』以来の作品だが、「ゴースト」の続編ではなく、完全に新規のストーリーが描かれる。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,950(2019/09/18 02:04:55時点 Amazon調べ-詳細)

インフィニット・ウォーフェアのストーリー

地球の破壊と地球人の抹殺を目論む【SetDef】。

主人公レイエスはそれに対抗する国際連合【UNSA】の一員として、宇宙の命運を掛けた戦いに身を投じる。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,950(2019/09/18 02:04:55時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

評価

【Pros】もう、俺たちに地球は小さすぎる

遂に主戦場を宇宙へと移した今作。

この方針転換には賛否両論あるようだが、少なくとも私は“宇宙を舞台にしたからこそ実現した”幻想的なゲーム世界に心を奪われた人間なので、意外にもすんなり受け入れることができた。

メインミッションでは毎回異なる惑星へとジャンプするのだが、それぞれの星がそれぞれの顔を持っているので、「次はどんな景色が待っているのか?」ということが遊ぶモチベーションに繋がった。

また、ゲームプレイ的にも”宇宙要素”は取り入れられており、窓ガラスを割って敵兵を宇宙空間に放出したり、無重力を活かした演出などが用意されていたりする。

空中戦は”ちょうどいい”

今作では宇宙空間や惑星を舞台にした空中戦が用意されている。

これまでとは違い、今作の場合はプレイヤー自身が戦闘機を操作するので、ちゃんとパイロットとして遊べるようになっている。

そして、この空中戦がちょうどいいバランス。

戦闘機も自動回復するのでギリギリの中で戦うシビアさはないが、一方で無理な突撃ばかりしていると木っ端微塵にされてしまうバランス。

(操作性にしてもキビキビと動き、強力なロックオンも用意されている)

程よい緊張感の中、それらしく振る舞える内容になっているので、銃撃戦の合間にプレイする箸休め的な要素としては”ちょうどいい”中身に仕上がっている。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,950(2019/09/18 02:04:55時点 Amazon調べ-詳細)

【Pros】いつものCoDの発展版

ゲーム自体は『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』の流れをくむものになっており、今作も直線的リニアなゲーム進行とハリウッド映画的な演出の両面で構成されている。

ただし、これまで批判の的にされて来た“直線的なゲーム進行”については、【ブースト・ジャンプ】や【ウォール・ラン(壁走り)】などを取り入れることで対処している。

具体的には、【ブースト・ジャンプ】による高低差を活用した撃ち合いや、【ウォール・ラン】によるショートカットのおかげで、”進行ルート上の敵を倒して前進していくだけ”というような窮屈さが薄れているのだ。

当然、エリア自体も直線的ではあるがそれを可能にするデザインになっている。

今作はコール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』では形だけだった近未来の技術をちゃんとゲームプレイに反映しており、お馴染みのテンプレートを上手く発展させていると言える。

前年に発売された『コール オブ デューティ ブラックオプス3』とは異なる方法ではあるが、今作の”シリーズの伝統を守りつつ変化を加えるやり方”も十分に効果的だ。

サイドミッションが充実している

今作では任意のサイドミッションが用意されている。

多くは「空中戦」が占めているが、一部サイドミッションではストーリーを補完する小話や、凝ったミッションが用意されており、プレイ欲を刺激してくれる。

(サイドミッションを攻略すると武器のパーツなどが貰える)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,950(2019/09/18 02:04:55時点 Amazon調べ-詳細)

【Cons(欠点)】HUDレスとインタラクトの精度

HUDレスの問題は単純で、画面情報を極力排除したことで”次はどこに行けばいいのか”が分からなくなる時がある。

次にインタラクトの精度は、レバーを引いたり、アイテムを掴む際の【インタラクト】の精度が悪い時があり、視点や立ち位置を微調整しないといけないことがある。

  • HUDレス
  • インタラクトの精度

ほとんどの場面では問題にならないが、無視することも出来ないので書いておく。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,950(2019/09/18 02:04:55時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

総評

ロボ兵士のイーサン。

非常に完成度の高いキャンペーン。

適切なペース配分、ド安定のゲームプレイや壮大な世界観が魅力的な一作になっており、近年の「コール オブ デューティ」の中では指折りの一作に仕上がっている。

私としては『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』の次に推したい一作。

なお、今作が気に入った人は高確率で『タイタンフォール2』も気に入るはずなので、ぜひそちらも一緒に遊んで欲しい。

関連記事>>>【ソロ/シングル/キャンペーン】オススメの「コールオブデューティー(CoD)」を全て紹介

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,950(2019/09/18 02:04:55時点 Amazon調べ-詳細)

▼CoDシリーズ レビュー▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シューティングゲーム
カキコム or 管理人をフォローする
Kakihey.com(カキコム)│ゲームレビュー、ニュースやMod情報などを発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました