【評価/感想】コール オブ デューティ ゴースト(CoD G)/ソロ・キャンペーン レビュー

4
シューティングゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Call of Duty Ghost
対応機種PC,PS4,Xbox One etc
プレイ/クリア時間5時間~

👍Good

  • 良くも悪くもいつものCoD
  • 世紀末のゲーム世界
  • ストーリー

👎Bad

  • 目新しさがなく、物足りない
  • HUDレス
    =>迷子になる
  • 最後の余計なワンカット
スクウェア・エニックス
¥3,269(2019/10/21 06:47:40時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

紹介

どんなゲーム?

世紀末後の世界を舞台にしたミリタリー系FPS。

今作は「ゴースト」シリーズの一作目になっているので、過去作との繋がりは全くなく、新規ユーザーにも易しい「コール オブ デューティ」になっている。

スクウェア・エニックス
¥3,269(2019/10/21 06:47:40時点 Amazon調べ-詳細)

ゴーストのストーリー

南米諸国からなる【連邦軍】。

【連邦軍】の宇宙からの攻撃によってアメリカ合衆国は壊滅的な被害を受け、実質的にアメリカは崩壊した。

主人公はそんな【連邦軍】に対抗する組織「ゴースト」の一員として、【連邦軍】と死闘を繰り広げる。

スクウェア・エニックス
¥3,269(2019/10/21 06:47:40時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

評価

【Pros】これぞ、コール オブ デューティ

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』の流れをくむ作風になっており、【Infinity Ward】製「コール オブ デューティ」の新シリーズとして”外さない”一作に仕上がっている。

要するに、今作も一本道的なゲーム進行とハリウッド映画的な演出から構成される中身になっており、”難しいことは考えずに気楽に楽しむ”娯楽ゲームとして優秀な作品である。

数少ない目新しく感じる点

まず、目新しく感じたのは世紀末”後”の世界。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』以降のシリーズ作品は、世界大戦の真っ只中が舞台として登場することが多かったので、今作のような”全てが終わった後”の世界は目新しく感じた。

  • 全てが終わった後の世界を描く点は目新しく感じる
    =~中盤までは

あとは、海底や宇宙の無重力空間での戦闘もそれなりに新鮮さを感じた。

スクウェア・エニックス
¥3,269(2019/10/21 06:47:40時点 Amazon調べ-詳細)

【Cons(欠点)】もう、これでは満足できない

今作が気の毒なのは、前年に『コール オブ デューティ ブラックオプス2』が発売されてしまったこと。

まず、「ブラックオプス2」では─

  • マルチエンディングを採用
    =>ストーリーの分岐が用意されている
  • 主人公のカスタマイズ要素を採用
  • 近未来の世界が舞台として登場する

などの野心的な試みが数多く見られた。

その点、今作は『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』以降のお決まりを忠実に守った中身になっており、「ブラックオプス2」のレビューにも書いた「いつもの変わらない味」である。

確かに、「いつもの変わらない味」は今作でも美味しくはあるのだが、「ブラックオプス2」を知ってしまった以上、もうこの味では満足できなくなってしまった自分がいる。

今作の、無難で守りに徹したゲームプレイでは物足りない。

スクウェア・エニックス
¥3,269(2019/10/21 06:47:40時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

総評

サメに喰われている最中…。

良くも悪くもいつもの「コール オブ デューティ」。

確かに片時も外さないクォリティは特筆すべき点ではあるが、前年に発売された『コール オブ デューティ ブラックオプス2』と比べると物足りなさを感じる一作になっている。

スクウェア・エニックス
¥3,269(2019/10/21 06:47:40時点 Amazon調べ-詳細)

▼CoDシリーズ レビュー▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シューティングゲーム
カキコム or 管理人をフォローする
Kakihey.com(カキコム)│ゲームレビュー、ニュースやMod情報などを発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました