スポンサーリンク

【2019年版】PS4/Xbox One/PCで遊べる!オススメのオープンワールドゲームを全て紹介

オススメゲームを紹介
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事では、オススメのオープンワールドゲームを紹介していく。

  • 国内外は問わず
  • 発売時期は問わず

という条件の下、紹介していくので購入の際はぜひ参考にして欲しい。

スポンサーリンク

【オープンワールド系シューティング】

クライシス

対応機種PC,Xbox One(互換)

南国を舞台にしたオープンワールド系FPS。

人間離れしたアクションを可能にする【ナノスーツ】に身を包んだプレイヤーが、この島を占拠する北朝鮮軍を戦っていく。また、自由度が高く、プレイヤーの発想力を邪魔しない柔軟なゲームプレイも魅力の一つ。

エレクトロニック・アーツ
¥4,750(2019/08/24 08:26:33時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>クライシス レビュー

スナイパー ゴーストウォリアー3

対応機種PC,PS4,Xbox One

スナイパーをテーマにしたオープンワールド系FPS。

東欧某所をモデルにしたオープンワールドを舞台に、プレイヤーは「スナイパー」として数々の危険な任務に参加する。

上で紹介した『クライシス』同様に、プレイヤーの発想力を邪魔しない柔軟なゲームプレイが展開される。

ユービーアイ ソフト
¥5,800(2019/08/24 08:26:34時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>スナイパー ゴーストウォリアー3 レビュー

ファークライ

広大な世界を舞台にしたオープンワールド系FPS。

これまでに発売されたシリーズ作品を整理した別記事(↑)を用意しているので、そちらを読んで欲しい。

ユービーアイ ソフト
¥3,158(2019/08/24 08:26:34時点 Amazon調べ-詳細)

ゴーストリコン ワイルドランズ

対応機種PC,PS4,Xbox One

【ボリビア】を舞台にしたオープンワールド系FPS。

このゲームはソロとマルチプレイの両方に対応しており、ソロプレイでは3人のAI部下を従え、オンラインプレイでは3人のフレンドと共にプレイする。

陸海空を舞台にした自由度の高いゲームプレイがウリだ。

関連記事>>>ゴーストリコン ワイルドランズ レビュー

スポンサーリンク

【オープンワールド系RPG】

ウィッチャー3 ワイルドハント

対応機種PC,PS4,Xbox One

ダークファンタジー風味のオープンワールド系RPG。

プレイヤーは剣術と魔術に長けたゲラルトとして危険な世界を冒険する。

  • プレイヤーの選択が展開を左右するダイナミックさ
  • 硬派なアクション要素
  • 意味のあるスキルツリー
  • 長い歴史に裏打ちされた重厚なゲーム世界

などが魅力として挙げられる。

関連記事>>>ウィッチャー3 ワイルドハント レビュー

フォールアウト4

対応機種PC,PS4,Xbox One

世紀末のボストンを舞台にしたオープンワールド系RPG。

このゲームも非常に自由度の高いゲームとして知られており─

  • プレイヤーの選択がキャラクターの命さえも左右するダイアログシステム
  • スキル次第で様々な遊び方ができる

などの点が特徴として挙げられる。

なお、今回は新たに『マインクラフト』的な拠点開発を始めとしたコミュニティ要素が追加されている。

ベセスダ・ソフトワークス
¥2,488(2019/08/24 08:26:35時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>フォールアウト4 レビュー

ダイイングライト

対応機種PC.PS4,Xbox One

ゾンビ系オープンワールドゲーム。

プレイヤーは戦闘能力と【パルクール】に長けた主人公として、ゾンビで溢れかえる危険な世界を冒険する。

  • 爽快なパルクールを駆使したアクション
  • 昼夜で激変するゲームプレイ
  • クラフト/スキル要素

などが特徴として挙げられる。

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥5,215(2019/08/24 08:26:35時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>ダイイングライト レビュー

デウスエクス マンカインド・ディバイデッド

対応機種PC,PS4,Xbox One

ディストピアな近未来を舞台にしたSF系オープンワールドゲーム。

非常に自由度の高いゲームとして知られており─

  • プレイヤーの選択がキャラクターの命さえも左右する奥深いダイアログシステム
  • アクションでもステルスでも攻略できる自由度の高さ

などが特徴として挙げられる。

スクウェア・エニックス
¥2,000(2019/08/24 08:26:36時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>デウスエクス マンカインド・ディバイデッド レビュー

スポンサーリンク

【オープンワールド系アクションゲーム】

「アサシンクリード」シリーズ

様々な時代を舞台にしたオープンワールドゲームのシリーズ作品。

これまでに発売されたシリーズ作品を整理した別記事(↑)を用意しているので、そちらを読んで欲しい。

Sunset Overdrive/サンセットオーバードライブ

対応機種PC,Xbox One

ハチャメチャ系オープンワールドゲーム。

“ミュータント無双”とも言うべき戦闘と、【レール移動】を活用した縦横無尽なゲームプレイが特徴になっており、ハイテンポかつ爽快なアクションゲームになっている。

日本マイクロソフト
¥3,800(2019/08/24 09:37:28時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>Sunset Overdrive/サンセットオーバードライブ レビュー

スリーピングドッグス

対応機種PC,PS4,Xbox One etc

香港の裏社会をテーマにしたオープンワールドゲーム。

ゲームとしては、「グランド・セフト・オート」と「龍が如く」が融合した作品になっており、銃ではなく格闘戦を中心にしたゲームプレイが特徴として挙げられる。

スクウェア・エニックス
¥6,500(2019/08/24 17:58:11時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>スリーピングドッグス レビュー

Horizon Zero Dawn/ホライゾン ゼロドーン

対応機種PS4

現代文明が崩壊した世界を舞台にしたオープンワールドゲーム。

“異端児”として扱われてきた主人公アーロイは、【機械獣】が支配する危険な世界を冒険する。

  • 機械獣との迫力満点の戦闘
  • 質と量が両立されたコンテンツ

などが特徴として挙げられる。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥3,200(2019/08/24 18:49:28時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>ホライゾン ゼロ・ドーン レビュー

マフィア3

対応機種PC,PS4,Xbox One

80年代のアメリカ南部を舞台したオープンワールドゲーム。

プレイ面ではやや反復的な作業が目立つものの、アクションでもステルスでも遊べる自由度の高さが特徴として挙げられる。

また、ドキュメンタリー調で語られる復讐劇も最後まで目が離せない。

テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
¥4,450(2019/08/24 17:58:12時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>マフィア3 レビュー

マッドマックス

対応機種PC,PS4,Xbox One

「マッド・マックス」を原作とするオープンワールドゲーム。

だだっ広い荒野をカスタマイズした車で激走できるゲームになっており、見事な”マッド・マックス的世紀末の世界”を自由に探索できる点が特徴として挙げられる。

関連記事>>>マッドマックス レビュー

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥2,452(2019/08/24 18:31:53時点 Amazon調べ-詳細)

レッド・デッド・リデンプション

対応機種Xbox One(互換),PS3

西部劇をテーマにしたオープンワールドゲーム。

プレイヤーは元義賊ジョン・マーストンとして、文明化が進む混沌としたアメリカ西部を冒険する。

  • 西部開拓時代を再現したオープンワールドゲーム
  • 往年の西部劇のオマージュに満ちたゲーム内容

などが特徴として挙げられる。

関連記事>>>レッド・デッド・リデンプション レビュー

レッド・デッド・リデンプション2

対応機種PS4,Xbox One

西部劇をテーマにしたオープンワールドゲーム。

『レッド・デッド・リデンプション(1)』同様に、今作も文明化が進む混沌としたアメリカ西部を冒険するゲームになっているが、多くの点おいてパワーアップしている。

主人公は”永遠の無法者”ことアーサー・モーガン。

ロックスター・ゲームス
¥3,400(2019/08/24 17:58:12時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>レッド・デッド・リデンプション2 レビュー

バットマン アーカムナイト

対応機種PC,PS4,Xbox One

「バットマン」を主人公にしたオープンワールドゲーム。

プレイヤーは「バットマン」として、ヴィランに占拠された【ゴッサム・シティ】を舞台に大暴れし、ヴィランの企みを阻止せんとする。

  • ハイクオリティのアクション要素
  • 広大なゴッサム・シティ
  • 「バットマン」抜きでも面白い

などが特徴として挙げられる。

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥4,180(2019/08/24 17:58:13時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>バットマン アーカムナイト レビュー

「グランド・セフト・オート」シリーズ

主にアメリカを舞台にしたオープンワールドゲームのシリーズ作品。

これまでに発売されたシリーズ作品を整理した別記事(↑)を用意しているので、そちらを読んで欲しい。

Marvel’s Spider-Man

対応機種PS4

「スパイダーマン」を主人公にしたオープンワールドゲーム。

【マーベル】風にデフォルメされた【マンハッタン】を舞台に、プレイヤーは「スパイダーマン」として強敵のヴィランたちと対峙する。

  • 爽快なウェブ・スイング
  • 軽快かつ手応えを感じるアクション
  • 充実したストーリー

などの点が特徴として挙げられる。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥4,980(2019/08/24 18:49:29時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>Marvel’s Spider-Man(PS4) レビュー

The Saboteur

対応機種PC,PS3,Xbox 360

第二次世界大戦を舞台にしたオープンワールドゲーム。

プレイヤーは”ナチスに親友を殺され、復讐に燃える”元メカニックとして、ナチス下に置かれた花の都パリで大暴れする。

「ジャストコーズ」風のハチャメチャアクションが魅力。

Electronic Arts(World)
¥5,027(2019/08/24 20:17:55時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事>>>The Saboteur レビュー

ウォッチドッグス

対応機種PC,PS4,Xbox One etc

「ハッキング」を主体としたオープンワールドゲーム。

大都市【シカゴ】のインフラを思うがままに操作できる点が特徴であり、それを活用した自由度の高いプレイが魅力的な一作になっている。

同じ理由で『ウォッチドッグス2』もオススメ。

関連記事>>>ウォッチドッグス レビュー

スポンサーリンク

【オープンワールド系ステルスゲーム】

METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

対応機種PC,PS4,Xbox One

サンドボックス型ステルスゲーム。

「自由潜入」と題されたゲームプレイを特色としており、様々な方法で攻略できる自由度の高さが特徴として挙げられる。

関連記事>>>メタルギアソリッド 5 ファントムペイン レビュー

スポンサーリンク

まとめ

以上、”オススメのオープンワールドゲームを紹介”でした。

この記事は随時更新していく予定なので、定期的に読みに来て頂けると嬉しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オススメゲームを紹介
カキコム or 管理人をフォローする
Kakihey.com(カキコム)│ゲームレビュー、ニュースやMod情報などを発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました