過去作には及ばない【評価・感想】『 アサシンクリード3(リマスター)』レビュー

3.0
オープンワールドゲーム
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Assassin’s Creed III Remastered
対応機種PC,PS4,Xbox One,スイッチ
プレイ/クリア時間25時間~
ストーリー独立に揺れるアメリカを舞台に、ネイティブ・アメリカンの血が流れる主人公・コナーは、テンプル騎士団の陰謀を阻止せんと暗躍する。

👍Good

  • 美しいグラフィック
  • 都市と大自然のマップ
  • 刷新された戦闘メカニックとパルクール 

👎Bad

  • 全面的に粗粗しい
created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥3,500(2020/09/26 01:43:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥2,729(2020/09/26 01:43:38時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
この記事の著者
おなまえ

ゲーマー

カキヘイ(@kakihey_jp)

Kakihey

プロフィール

2014年より当ゲームサイトを運営中。
これまでに250本近くのゲームレビューを投稿
最近はYoutubeの方でも動画レビューを公開中…。
プロフィール詳細

紹介

【評価・感想】『アサシンクリード3(リマスター)』レビュー

パルクール系オープンワールドゲーム。

剣戟と【パルクール(人間の身体能力を活用するスポーツ)】を取り組んだ作品になっており、プレイヤーは建物を登り、飛び回り、そして敵と戦っていく。

なお、シリーズとしてはメインシリーズの五作目。

上記事ではこのシリーズのストーリーを詳しく解説している。

created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥3,500(2020/09/26 01:43:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥2,729(2020/09/26 01:43:38時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

評価

ゲーム全体を刷新した意欲作

前作『アサシンクリード リベレーション』までは、一作目『アサシンクリード』をベースにしたゲーム内容になっており、”新しいものを遊んでいる”という感覚はあまりなかった。

『アサシンクリード リベレーション』を遊んだ後に、『アサシンクリード』を遊んでも意外と違和感がないくらい、フリーランにしても、カウンター主体の戦闘にしても、一作目の延長線上にあるものばかりだった。

その点、今作では全てが新しくなっている。

フリーランは操作ごと変更されており、今作では壁をよじ登ることはもちろん、断崖絶壁や木にもよじ登れるようになっており、フリーランの自由度が格段に増している。

(ただ、フリーランに関してはダッシュ=フリーランに変更されたことで、”ダッシュしたいのにフリーランしてしまう”という問題が生まれているが)

また、戦闘は、依然としてキル・ストリーク中心の無双ゲーではあるけれど、カウンター攻撃のタイミングがシビアになっており、かつ、カウンター攻撃では倒せない敵も登場するので、無双とアクションを上手く両立している。

アサシンクリードの戦闘で、軽くスリルを感じるのは久しぶり。

あとは、主人公のアニメーション(動き)も一新されており、繋ぎ目を感じさせない滑らかで、躍動感ある動きは何度見ても惚れ惚れする。

また、今作は新要素がそれなりに用意されている。

海戦船を操縦し、敵船と戦う
ホームステッド人々を呼び込み、その地域を発展させる経営系ミニゲーム

大半のサイドミッションは空っぽだけれど、「海戦」や「ホームステッド」は面白い。

特に”海戦”は、『アサシンクリード4 ブラックフラッグ』でメイン要素に格上げされ、『スカル アンド ボーンズ』として独立するだけあり、今作の時点で非常に白熱した戦闘が楽しめる。

今作では多くのものが新しくなっているけれど、それぞれの要素に関してはクォリティが高く、全てを新しく作り直した意味が感じられる。

created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥3,500(2020/09/26 08:08:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥2,729(2020/09/26 08:08:43時点 Amazon調べ-詳細)

あまりにもスロースターターすぎる

5時間近く遊んでようやく、アサシンクリードが始まる。

全12シークエンスのうち、前半にあたる6シークエンスがチュートリアルを兼ねたミッションになっており、ひたすらチュートリアルが続く。

なぜかと言えば、今作は、新要素が盛りだくさんなので覚えることが多いにもかかわらず、各要素を小出しにするからであり、結果、チュートリアルがダラダラ続く。

今作ではフリーランのようなベーシックな動作にしても、わざわざ2回に分けてプレイヤーに覚えさせる。

さらに、表紙のアサシンを操作できるのもシークエンス6辺りから。

加えて、チュートリアルは長いが、説明不足に感じることが多い。

例えば、インターフェイスの複雑さも相まって交易は必要以上に分かりにくいし、弟子にしても「どうやって弟子を集めるのか」がゲーム内の説明だけでは分からなかった。

過去作では、簡潔なインターフェイスと、丁寧なチュートリアルが用意されていたので、それぞれの要素を理解した上で遊べたが、今作では一旦、プレイを中断してググることが何度かあった。

全体的に、今作はペース配分とプレイヤーを誘導する点に難がある。

前半をチュートリアルに割いたことでいつまで経っても”アサクリが始まらない”問題が生じており、チュートリアルに何時間も費やすが、説明不足に感じることが多い。

ゲームが本格的に始まった頃には、ゲームへの関心が薄れつつあった。

created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥3,500(2020/09/26 08:08:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥2,729(2020/09/26 08:08:43時点 Amazon調べ-詳細)

各ミッションは、単調で、制約が目立つ

今作のメインミッションは、単調で、制約が多い。

もちろん、凝ったミッションも用意されているが、盗聴、尾行、エスコートをするだけのミッションも少なくなく、おまけにステルスプレイを強いるものもある。

確かに、今作のメインミッションは演出が重視されており、まるで映画を遊んでいるような感覚を覚える時もあるが、アクションゲームとしては窮屈で、単調な印象を受ける。

created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥3,500(2020/09/26 08:08:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥2,729(2020/09/26 08:08:43時点 Amazon調べ-詳細)

フル・シンクロは面倒だが、悪くはない

今作では、加点方式に変更されている。

これまでは「フル・シンクロ」を達成すると100%クリアとなり、失敗すると50%に減点されたけれど、今作ではミッションをクリアするだけでも100%クリアとなり、フル・シンクロを達成すれば100%に加点されていく。

そもそも、初見時にフル・シンクロを出していたずらにプレイスタイルを縛ることに反対ではあるが、これまでのように思うままに遊んで減点されるよりは、気分的にはマシなので、悪くない変更点だと思う。

created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥3,500(2020/09/26 08:08:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥2,729(2020/09/26 08:08:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

リマスター版では改善されているところも

  • 草むらから口笛ができる
  • 武器選択ホイールが瞬時に開く
  • 敵の視界が若干、緩くなっている
  • 一部ミッションの内容が少し変更されている
    =>主に手間が省かれている
  • 子供(過去作で言うところの物乞い)があまり追ってこない 等

オリジナル版と比べると、リマスター版はやや遊びやすくなっている。

created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥3,500(2020/09/26 08:08:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ユービーアイ ソフト
¥2,729(2020/09/26 08:08:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

総評

全体的に”粗粗しい”大作。

今作はこのシリーズを根底から見直した野心的な一作ではあるが、一方で量を重視した空っぽのサイドミッションや、詰めの甘い調整が散見される内容でもあり、全面的に粗粗しい。

正直、過去作には及ばないアサシンクリードだった。

関連記事>>>【2020年版】オススメの「アサシンクリード」を全て紹介/未プレイでも遊べる?プレイする順番は?なども

▼アサクリの関連記事▼

初版:2018年8月5日 02:55
加筆修正:2018年8月9日 18:23

オープンワールドゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カキコムをフォローして更新情報を得る
カキコム│主に洋ゲーのレビュー
タイトルとURLをコピーしました