【評価・感想】『べリアル・アット・シー エピソード2(リマスター)』レビュー/バイオショック インフィニットのストーリーDLC

4.0
アクションゲーム
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Burial at Sea Episode 2
対応機種PC,PS4,Xbox One
プレイ/クリア時間5時間~
ストーリー

エピソード1の後、一人残された主人公・エリザベス。

アトラスと名乗る男に殺されそうになるも、”アトラスを再びラプチャーに連れ戻す”ことを条件に解放される。

その後、エリザベスは未だに行方不明のサリーを求めて、たった一人でラプチャー内を捜索する。

👍Good

  • ラプチャー
  • ステルスプレイに特化
  • バイオショックを拡張するストーリー

👎Bad

  • 一部のお使い
スポンサーリンク

紹介

「べリアル・アット・シー」は、『バイオショック インフィニット』向けに配信されているストーリーDLCであり、この「エピソード2」は最後のエピソードになる。

なお、今回のストーリーは一作目『バイオショック(1)』をプレイしていることが前提になっており、未プレイの場合は先にプレイした方が良い。

※現在は「バイオショック コレクション」に収録されている

スポンサーリンク

評価/ステルスプレイ特化

今回の「エピソード2」は、全体的にステルスプレイに特化したゲーム内容になっており、中級相当の難易度でも乱戦になると厳しい戦いを強いられる。

ステルスプレイ化に併せて、ゲーム全体がステルス仕様になっており─

  • 背後からの一撃必殺技
  • 中腰移動時のステルス効果
  • 非殺傷の武器としてクロスボウ

などが新たに追加されている。

また、ゲームプレイでは”ガラスの上や水たまりによって足音が変化し、それに敵が反応する”仕組みが導入されており、その面でもステルスゲーム仕様になっている。

  • ステルスプレイに特化している
    =>背後からの一撃必殺技や、足音による敵の反応の変化など

発売時に海外メディアも反応したように、こうした特徴は初期「Thief」を想起させるものになっており、特に序盤は『Thief Gold』『Thief II: The Metal Age』を意識せずにはいられない。

(敵たちがベラベラ話して位置を教えてくれる点も実にThiefっぽい)

正直、同年に発売された『シーフ(2014)』よりも”よっぽどThief”しており、オープンなエリアを足元に注意しながら進み、耳を澄ませて敵の位置関係を掴み、背後に回って静かに倒していくというThief的なゲームプレイは面白い。

ただし、Modによる強化は一長一短。

今回は主人公の装備品や能力をModによって強化していくが、最終的に”立ち止まっていれば制限なく透明化できる”ようになってしまい、ステルスプレイは骨抜き状態にされる。

ステルスゲームが苦手でも難なく遊べるというメリットはあるが、私にとっては序盤以降は簡単すぎて、作業的に遊んでいるところがあった。

とは言っても、ステルスゲーム的なアプローチの今作は非常に面白く、「バイオショック」シリーズの新たな一面を垣間見ることができる。

スポンサーリンク

総評

バイオショック インフィニット』を締めくくるDLCとしても、「バイオショック」そのものを拡張する作品としても素晴らしい内容の一作。

「Thief」のエッセンスを感じさせるゲームプレイは面白く、「インフィニット」と過去作の繋がりを明確にするストーリーもよく、一作目へと繋がる結末も見事。

このDLCをプレイすると、もう一度『バイオショック』を遊びたくなるはず。

▼バイオショックの関連記事▼

タイトルとURLをコピーしました