【評価/感想】ヒットマン2 サイレント アサシン【批評/レビュー】

スポンサーリンク

1作目『Hitman Codename 47』の続編。
前作よりも格段に洗練された作品になっており、現在まで続くヒットマンのスタイルを確立した一作。

▼関連記事▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自由の高い暗殺

選択肢の数々

hitman2-16051602

まず、前作『Hitman Codename 47』と比べると驚くほど進化している。
今作も1本道的ではあるが、ターゲットにアプローチする方法が圧倒的に増えており、多彩なプレイが楽しめる。

例えば、最序盤のミッション「ANETHEMA」。
このミッションのターゲットは1人なのだが、暗殺方法は複数用意されている。ボディガードや屋敷に出入りする業者に変装してターゲットに接近して暗殺することも、遠方からスナイパーライフルで狙撃することも出来る。暗殺道具に関しても、ゴルフクラブ、バットやピアノ線など、数多く用意されている。

今作には、”プレイヤーの好奇心を刺激”する確かな自由度が存在する。
プレイヤーはいくつも用意された選択肢の中から一つを選び、ターゲットの最期を演出してやるのだ。

警戒度はプレイに深みを与える

今作は”変装したらオシマイ”ではない。
というのも、今作では新たに警戒度が追加されており、その場に相応しい服装と振る舞いが求められるからだ。

例えば、ロシア兵に変装した際は無闇にロシア兵に接近したり、走っている場面を見られると警戒度が上昇する。また、本来ロシア兵が所持していない銃を持っていても警戒度は上昇する。

なので、今作では変装した後もステルスプレイが継続される。
ヒットマン特有の”隠れないステルスゲーム”を残しつつも、スプリンターセルやメタルギアソリッド等のオーソドックスなステルスプレイを持ち込む形になっており、前作よりもプレイに深みが増している。

余談だが、Shiftを押しながらSキー連打すると通称「ムーンウォーク」を発動できる。
“ダッシュよりも素早く移動できるが、敵からは徒歩と見なされ警戒されない”裏技になっており、プレイが少しだけ楽になる。

エリア構造も複雑化

ベースとなるエリア構造も優れている。
基本的に今作のエリアは縦にも横にも広くなっており、前作以上にNPCが配置されている。NPCたちは一見すると無作為に配置されているように見えるが、実際は創意工夫の余地を残した配置になっており、この辺りのバランス感覚が巧み。

“創意工夫の余地を残した配置”とは、NPCが背を向ける一瞬のスキであったり、警備が手薄になるタイミングだったりなのだが、それらがエリア内には巧みに用意されている。プレイヤーはエリアを観察し、自分の暗殺計画に落とし込んでいく。

まるでエリア中に散らばったピースを上手く活用するかのように、ターゲットの最期を演出するプレイはとても面白い。

スポンサーリンク

欠点は統一感の無さ

今作は全20ミッションで構成されている。
しかし、その中には「移動だけのミッション」や「短時間でクリア可能なミッション」が含まれており、クォリティ的に問題を抱えたミッションも多く、統一感に欠ける印象を受ける。

また、ミッションによって条件が変化する点も統一感の無さを助長する。
あるミッションでは変装した上で走ることが推奨され、別のミッションでは変装が全く役に立たなかったりするのだが、これらは無闇に混乱を招くだけ。

“全体的な統一感の無さ”は最大の欠点。
まるで別チームが作ったミッションパックをパッケージ化したようにさえ感じる。

スポンサーリンク

総評

hitman2-16051604

驚くほど洗練された続編。
特に序盤は”何度もプレイしたい”と感じるミッション展開になっており、大きく進歩している。

まだまだ粗さは残るものの、初期のヒットマンをプレイしたい人はマストバイである。

次の記事>>>ヒットマン コントラクト レビュー