【評価・感想】『メタルギアソリッド ポータブル・オプス(MPO)』レビュー

3.5
ゲームレビュー
ゲームレビュー
この記事は約3分で読めます。
対応機種PSP
プレイ時間16時間~
ストーリーMGS3から6年後の1970年。すでにFOXを除隊していたネイキッド・スネークは何者かに拉致され、コロンビア中部沿岸にあるサンヒエロニモ半島で目覚める。そこで、スネークはFOXの部隊が”メタルギア”を奪い、陰謀を企てていることを知る。スネークは、現地で知り合ったロイ・キャンベルと一緒に、FOXに戦いを挑む。

今作は、PSP向けに発売された「メタルギア」。

小島監督がプロデューサーとして携わった作品なので、シリーズにおける「ポータブル・オプス」の立ち位置はやや複雑だが、このサイトでは、『メタルギアソリッド3 スネーク・イーター』と『メタルギアソリッド ピースウォーカー』を繋ぐ作品として扱うことにする。

関連記事(外部URL)>>>メタルギアソリッド ポータブルオプスは正史作品なのか?

スポンサーリンク
著者情報
Kakihey

2014年末より当サイト「Kakihey.com」を運営中しています。現在までに260本以上のゲームレビューを公開しています。基本的にPCでゲームを遊んでいます。

SNSをフォローして更新情報を得る

評価

今回はPPSSPP(エミュレータ)でプレイ。PSPでもプレイ済(未クリア)。

ポータブルなメタルギアソリッド

今作の特徴は、PSP向けに『メタルギアソリッド3 スネークイーター』ベースの「メタルギア」を作り、新要素として、後の「マザーベース」等へと繋がる”チームプレイ”を導入したところにあるだろう。

「メタルギア」としては、3Dカメラ三人称視点を始め、「3」から引き続き登場するものが多く、プレイ面に関しては、「3」とほとんど変わらないと言って良い。このシリーズらしく、個性的なボスもちゃんと登場する。逆に”PSP版っぽい”部分は、各エリアがコンパクトになっているところだが、これに関しては、PSPの操作性やディスプレイのサイズを思えば、むしろこれくらいが丁度いいと思う。

プレイ面以外では、今作ではカットシーンが紙芝居になっているが、個人的には、これはこれで見応えがあり、欠点とは思わなかった(紙芝居はフルボイス)。

次にチームプレイは、これが結構面白い。

今作では、野生の兵士を拉致し、仲間にできる。各兵士には、パワプロのように能力が振り分けられており、「技術班」「医療班」などに振り分けることで、様々な特典を得ることができる。

例えば、技術レベルが高くなれば、高性能な装備を開発することができるようになる。他にも、スネークの代わりに、仲間を操作キャラクターにすることもできる。この場合、敵になりすまして潜入できたり、倒した敵を速く引きずれたりなど、各々の専門性が発揮される。

これまでの「メタルギアソリッド」は、ストーリーに沿って進んでいくゲームだったが、今作ではチームを結成し、強化していくシミュレーション要素が新たに加わり、RPGでレベルを上げるように、コツコツとやり込む面白さが生まれている。今回は、同じステージを自由に再訪できるので、良い兵士を求めて、ついつい寄り道をしてしまった。

PSPでメタルギアソリッドを遊ぶということ

おそらく30fpsも出ていないフレームレートや、PSPのボタン配置による操作面の窮屈さなど、コンソール向けに発売された「メタルギア」の後に遊ぶと、慣れるまでかなり辛い。

スポンサーリンク

総評

小島監督作品ではないので、同じくPSPで発売された『メタルギアソリッド ピースウォーカー』とは違って、リマスターもされず、シリーズ内でもあまり積極的に言及されない不遇の一作ではあるが、「マザーベース」へと繋がるシステムを発明したり、ジーンの演説に代表される象徴的なシーンがあったりなど、本流ではないが、今作が残したものは少なくない。

今作のためにPSPを用意するのは、相当ハードルが高いことだと思うので、今から遊ぶ人はそう多くないと思うが、”こういうゲームがあった”と知っておくだけでも、より「メタルギア」が楽しめると思う。

タイトルとURLをコピーしました