【評価・感想】『メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(MGS4)』レビュー

4.0
ステルスゲーム
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
対応機種PS3
プレイ/クリア時間20時間~

👍Good

  • 当時としては美しいグラフィック
  • ステルスとアクションの融合
  • 濃密なストーリー・演出

👎Bad

  • シリーズファン向け
スポンサーリンク

紹介/MGS4とは?

どんなゲーム?

三人称視点のステルスゲーム

ゲームとしては「近未来」に舞台を移し、「ハイテク」要素を全面に出した一作になっており、テクノロジーの力を借りながら敵の目を欺いていく作風になっている。

時系列は?

時系列としては…

となる。

要するに、もっとも新しい歴史を描く一作。

最低でも、『メタルギアソリッド3 スネークイーター』『メタルギアソリッド』『メタルギアソリッド2』のストーリーは復習しておいた方が良い。

メタルギアソリッド4のストーリー

PMC(民間軍事請負企業)の台頭により、戦争がビジネスへと変貌し、経済活動の推進力となった近未来。

PMC大手5社を裏で束ねる男”リキッド・オセロット”は、戦火をさらに拡大し、”戦士が生の充足を得られる世界”を実現するため、蹶起を目論む。

その理想とはまさに、かつてあのBIGBOSSが目指した世界だった―。

“SENSE”をテーマに、BIGBOSSと同じ遺伝子を持つ男”ソリッド・スネーク”の最後の戦いが繰り広げられる。

公式サイト

より詳しく

メタルギアソリッドシリーズの歩き方】で詳しく解説している。

スポンサーリンク

評価

【Pros】もう、隠れる場所はない

今作では”No Place to Hide”というコンセプトが徹底されている。

今回は「メタルギアソリッド」シリーズの中では特に隠れる場所が少なく、ドラム缶やロッカーなどに身を潜めて敵兵をやり過ごせるほど楽ではない。

一方で、中腰移動を始めとした新たな体勢や自動カモフラージュ機能などが加わっており、ステルスプレイをサポートするもの自体は追加されている。

言わば、隠れる場所は少ないが身を隠すことはできるステルスゲームになっており、周囲の環境に臨機応変に対応して進めていくスキルが求められる。

今作の即興的に、姿を晒したままのステルスプレイは非常にスリリングであり、これまでの「メタルギアソリッド」シリーズとは異なるプレイ体験を実現している。

  • ステルスゲームなのに隠れる場所が少ない
  • 周囲の環境に臨機応変に対応しながらプレイする

また、操作方法も一新されている。

今作のスネークは、”シリーズでもっともプレイヤーの思い通りに動く”キャラクターになり、ステルスからアクション、アクションからステルスへの移行がシームレスに行える。

さらに、カモフラージュの自動化やカバーシステムの導入によってプレイアビリティも底上げされている。

【Cons(欠点)】長いカットシーン(ムービー)

約8時間分のカットシーン(前作は約5時間、前前作は約6時間)。

今作のカットシーンは”これまでの伏線を回収し、点と点が繋がることで壮大な物語の全容が見えてくる”という流れになっており、シリーズファンは楽しく観られるはず。

  • 約8時間のカットシーンはシリーズファン向け

一方でシリーズファン向けゆえに、”今作が初”だと置いてけぼり感を覚えるはず。

スポンサーリンク

総評

「メタルギアソリッド」シリーズの集大成として納得の行く一作。

今作の”シリーズのルーツは守りながらも捨てるべきものはバッサリと捨てる”姿勢は、長い歴史を持つ「メタルギアソリッド」に新たな生命を吹き込む。

また、ストーリーや演出は集大成に相応しい名場面の連続だ。

▼関連記事▼

ステルスゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カキコムをフォローして更新情報を得る
カキコム│ほぼPCゲーム・洋ゲー専門サイト
タイトルとURLをコピーしました