【評価/感想】メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット【批評/レビュー】

スポンサーリンク

「戦争は変わった」 by オールド スネーク

METAL GEAR SOLID』から続くソリッド・スネーク サーガの最終章。

主にシリーズファン向けの内容になっており、”極端に言えば”新規プレイヤーが入る余地が無いほどの作品と言える。

PMC(民間軍事請負企業)の台頭により、戦争がビジネスへと変貌し、経済活動の推進力となった近未来。

PMC大手5社を裏で束ねる男”リキッド・オセロット”は、戦火をさらに拡大し、”戦士が生の充足を得られる世界”を実現するため、蹶起を目論む。

その理想とはまさに、かつてあのBIGBOSSが目指した世界だった―。

“SENSE”をテーマに、BIGBOSSと同じ遺伝子を持つ男”ソリッド・スネーク”の最後の戦いが繰り広げられる。

公式サイト

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ステルスとアクションの融合

常に革新を求めるシリーズらしく、今作でも大きな変更が加えられている。

これまで以上に戦闘が身近に感じられる作風になり、レベルデザインの面でも”No Place to Hide(隠れる場所はない)”というテーマが徹底されており、今作ではステルスとアクションが融合している。

これに合わせて操作方法や、主人公のアニメーションは一新され、今作のスネークはシリーズで最もプレイヤーの思い通りに動くキャラクターになり、ステルスからアクション、アクションからステルスへの移行はとても柔軟に行えるようになっている。

とくにシューティング面はその根底から再構築され、一般的なTPSに準拠した内容に一新されており、そこへノウハウを投入して非常に滑らかな銃撃戦を実現している。

ステルス面においても同様で、前作では手動で行っていたカモフラージュの変更は自動化され、新たな態勢やカバーシステムなどが導入されたことで、プレイアビリティは向上している。

ゲームプレイ面は「常に革新性を求める姿勢」と「伝統も尊重する意思」が垣間見える。

今作には多くの追加要素と改善が盛り込まれているが、首尾一貫してMGSの枠から外れることはなく、そのバランス感覚はとても優れており、ド安定のゲーム体験を提供してくれる。

スポンサーリンク

長時間のカットシーン

賛否両論、約8時間分のカットシーン(前作は約5時間、前前作は約6時間)。

今作はサーガの最終章ということで、カットシーンではこれまでの伏線が総回収され、点と点が線で繋がってゆき”壮大な物語”の全容が見えてくるという流れになっている。

まさにシリーズファンのカットシーンになっており、”今作が初MGS”だった人は、少し遊んでは難解なカットシーンを10分近く見ることの繰り返しになり、否定的な意見を持つ人がいるのは理解できる。

一方でシリーズファン的には納得のいく内容になっているのではと思う。

怒涛の勢いで伏線が回収され、おまけにシリーズファン向けのネタも豊富に仕込まれており、少なくとも私はとても満足できた。

スポンサーリンク

総評

シリーズ屈指の名作。

非常に洗練されたゲームプレイ、濃厚すぎるストーリーや演出など、サーガの集大成に相応しい大作に仕上がっている。