スポンサーリンク

ディスオナード【感想 評価 批評 レビュー】

近年めきめきと頭角を現してきた『Arkane Studios』。彼らの代表作は、何と言ってもディスオナードシリーズであり、本レビューではその一作目『ディスオナード(Dishonored)』を取り上げる。

スポンサーリンク

古典的であり、現代的

私はステルスゲームが大好物だ。スプリンターセルシリーズや、ヒットマンシリーズは1から順番に遊んだし、メタルギアソリッドシリーズも2以外は全て遊んでいる。さらに、ステルスプレイ可のゲームでは、徹底してステルスプレイで進めるなど、ステルスプレイ(やステルスゲーム)を特に好んでいる。

さて、そんな私だが、何故かディスオナードシリーズだけは遊ばずに来てしまっていた。巷での評判は知っていたのだが、なかなかその気になれず放置し続けた結果、気が付けば『ディスオナード2』が発売され、それのスピンオフの発売が数ヶ月後に迫っていた。

そんな中で、ようやく遊ぶことになったわけだが、はっきり言って「もっと早く遊んでおくべきだった」と後悔した。古典的かつ現代的なステルスプレイと、優れたレベルデザインが融合したゲームプレイを目の前にし、私は「エライものを引いてしまった」と感じたのだ。

恐らく本作は、『Thief』辺りのステルスゲームに強くインスパイアされているのだろう。私は未クリアなので勝手なことは言えないが、少なくとも昔気質なステルスプレイがベースであることは理解できた。

試行錯誤を繰り返して遊ぶスローペースな展開、リソース管理に重きを置いたそれは、昨今のカジュアル化の真逆を行く内容ではあるが、昔のステルスゲームにあって今のステルスゲームにはないものがあり、そのじっくり時間を掛けて攻略していくゲームプレイの復活には心が踊った。

その一方で、しっかりカジュアル層もフォローしている点も目に付いた。「透視」や「瞬間移動」等と言った特殊能力は、ステルスゲーム特有のスローペースを嫌うプレイヤーへの助け舟になっており、待ち時間やリスタートの回数を大きく減少させることに寄与し、ステルスゲーム特有の取っ付きにくさを抑えることに成功している。

さらに、この特殊能力は攻略幅さえも広げている。例えば、魚やネズミに変身すれば彼らだけが侵入できる通路から、目標の建物内へと入ることが可能で、変身せずに侵入を試みた時とは大きく異るゲーム体験を得ることが出来るのだ。

また、これに関連して各ミッションのレベルデザインにも言及しておくと、どのミッションにも進行ルートが複数用意されており、自分で考えて進めていくことが出来る。

上記のように動物に姿を変えてショートカットしても良いし、出会う敵全員を皆殺しにしても良い。さらには裏ルートから侵入して誰にも感知されずに攻略しても良いという、創意工夫の余地を残したレベルデザインは非常に優秀で、全方位からプレイヤーの知的好奇心を刺激してくる。

古典的な作品へのオマージュと、現代的なアプローチが印象的なゲームプレイ面は、ここ数年の間にプレイした非オープンワールド系ステルスゲームの中では、突出して完成度が高い。

「選ぶ」に意味をもたらす永続性

このゲームのもう一つの魅力は、永続性のある選択が多いことだろう。ざっくり言えば「あることをすれば、その結果がずっと続く」ということなのだが、これが存在することで一つ一つの選択に重みが生まれているし、二者択一の選択がグッと面白くなっている。

例えば、お目当ての品を手に入れるために、民間人に犠牲が出る選択肢を選べば、その結果として次のチャプターではエリア内に感染者が現れたりする。また、敵を殺して回っていれば、その死体が原因でこれまた感染者が増加したりするなど、多くの選択に結果が伴うのだ。

アイテムの取捨選択、スキルの選択に関しても同様で、これらも今遊んでいるチャプターだけではなく、次のチャプター、さらに次のチャプターへと引き継がれるので、やはり選択することが面白い。

総評

創意工夫の余地を残したレベルデザインは秀逸で、自分で考えて進めていくことが楽しい内容になっており、古典的な試行錯誤を繰り返して進めていく泥臭さと、一方で現代的なカジュアルさが感じられる秀作。

スポンサーリンク
関連記事


シェアする

コメント

  1. 名無し より:

    突然の質問すみません、ディスオナードの日本語化に関してなのですがDLCの日本語化は可能でしょうか?

  2. Kakihey より:

    「本編のみ」のようです。