【評価・感想】『ヒットマン3』レビュー

4.0
ゲームレビュー
ゲームレビュー
この記事は約5分で読めます。
原題Hitman 3
対応機種PC,PS5,Xbox Series S/X etc
プレイ時間10時間~

『ヒットマン3』は、暗殺をテーマにしたステルスゲームになっており、プレイヤーは熟練の暗殺者(Agent 47)として、広い箱庭型マップを舞台に、あの手この手でターゲットを暗殺していく。

なお、今作は『ヒットマン(2016)』『ヒットマン2』と来た「ワールド・オブ・アサシネーション」と呼ばれる一連のストーリーに決着が着く完結編になっている。

ちなみに、記事公開時点(21/3/4)で日本語版の発売は予定されていない。

関連記事>>>ヒットマンシリーズのオススメは?ストーリーは?/『ヒットマン2』までに総復習

【評価・感想】『ヒットマン3』レビュー【ゲーム紹介】
スポンサーリンク

評価

今作も完成度の高いヒットマン

ヒットマン3より。窓際の敵をテイクダウンしている。

デウスエクス』『トゥームレイダー』『シーフ』のリブート版が次々と発売される中、2016年に有料体験版とも言える『HITMAN Intro Pack』を引っさげて登場し、始まったこのリブート版ヒットマン。

後に『ヒットマン』としてリリースされたリブート一作目は、『ヒットマン アブソリューション』のモダンなゲームプレイと、『ヒットマン ブラッドマネー』までに培ったノウハウが見事に融合した一作になっており、シリーズを再定義する名作ヒットマンだった。

その後、2018年には拡張版的な続編である『ヒットマン2』が発売され、リブート一作目よりも広く、密度の高いヒットマン体験を作り上げることで、前作の高いハードルを難なく超えてみせた。

そして2021年、リブート一作目から始まった”ワールド・オブ・アサシネーション(※いつの間にかそんな名称が付いていた)“を締めくくる完結編として、今作『ヒットマン3』が発売された。

ヒットマン3の中国マップ
看板の漢字とネオンのギラギラした光がアジアっぽさを演出している

さて、「ヒットマン」としては今作も見事な仕上がり。

もはや”ミッション・パック”と言っても差し支えないくらい新要素には乏しいが、今作でも複数のルートが用意され、様々なギミックが隠された箱庭型マップは流石の作り込みであり、プレイヤーの知的好奇心を全方向から刺激してくる。

「ヒットマン」の場合、新しいミッションが遊べるだけでも買う価値がある。

「1」「2」で散々遊んでいても、まずはエリアを歩き回って暗殺や侵入に使えそうなものを頭にメモし、次はそれらを基にターゲットを暗殺する方法を練り、そして実行していくという流れは安定して面白い。

“人々の日常に紛れてターゲットのみを暗殺し、証拠を一つも残さず颯爽と現場を後にする…”

これが出来た時は非常に達成感があるし、自分自身のプレイスキルに惚れ惚れする。

ヒットマン3にて、手すりからターゲットを落下させるAgent 47
Agent 47は平然と怖いことをする

なお、今作もリプレイ前提のゲームになっている。

メインミッションのみを一回遊ぶのであれば8時間程度でクリアできるが、今作もターゲットを暗殺する方法や侵入ルート、チャレンジなどが山ほど用意されているので、二周目からが本番と言える。

「ヒットマン」を一周だけ遊んで終わるのは、スルメを一回噛んで飲み込むようなものなので、ぜひ遊ぶ際は同じミッションを何度も遊んで、出てくる味を噛み締めて欲しい。

ヒットマン3の新要素、ショートカット
ショートカットに指定されたドアをアンロックすると、次のプレイでもアンロックされたままとなる

最後に数少ない追加要素について書いておくと、「ショートカット」がなかなか便利。

各マップにあるロックされたドアの一部は、一度アンロックすると次に再プレイで訪れた際もアンロックされたままとなり、再プレイの度にいちいちドアをアンロックする手間が省ける。

これまでは、同じミッションを再プレイする度に侵入ルートを確保する”作業”をしていたので、この部分が解消されることは、”リプレイのゲームとして”大きな改善点と言える。

ヒットマン3に追加された小型カメラ
ハッキングもできるし、自撮りもできるすぐれもの(?)

あと、カメラに関してはそれを使って電子機器をハッキングするよりも、フォトモード的な意味合いが強いのかなと感じた。

created by Rinker
Solutions 2 GO
¥7,825 (2021/07/29 19:05:26時点 Amazon調べ-詳細)

一部のミッションがヒットマンっぽくない

ヒットマン3にて登場するガソリンスタンド どことなくアランウェイクに似ている?

正直、これと言った不満は特にない。

ただ、強いて言えば─

  • 実質的にミッション・パック
  • 最後のミッションが直線的すぎる
  • やや演出重視に感じる

この三点が挙げられる。

下二つに関しては、今回は─

  • 演出のために敵に存在を察知された状況を勝手に作り出す
  • 箱庭型マップではなく、直線的なステージをただ進んでいくミッションが存在する

など、これまでのような“箱庭型マップで自由に遊ばせる”という作風からかけ離れたものがあり、少なくとも私はこれらは不要だったと思う。

created by Rinker
Solutions 2 GO
¥7,825 (2021/07/29 19:05:26時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

日本語版は(まだ)ない

「ヒットマン」は、プレイヤーをきちんと誘導してくれるゲームなので、英語が分からなくてもクリアまでは辿り着けるはず。

ただ、「ヒットマン」は、ターゲットの詳細なプロフィールやNPC同士の会話の中に攻略のヒントやストーリーの補足などが紛れているので、英語力に自信がないとその面でキツイと思う。

よって、日本語版をもう少し待ってみても良いと思う。

created by Rinker
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥4,950 (2021/07/29 18:45:53時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

総評

今作は、ステルスゲームとしても、リブート版ヒットマンを締めくくる完結編としても完成度の高い一作になっており、安心して遊べるステルスゲームであり、ヒットマンだった。

“プレイヤーの知的好奇心を刺激する”各マップの作り込みはもはや職人技であり、そうしたマップを何度も行き来し、ターゲットをあの手この手で暗殺していくのは、何回リプレイしても飽きない。

現在は007のゲーム版(“Project 007″と呼ばれている)を開発しているということで、もしかすると『ヒットマン4』は当分ないかも知れないが、それまでは「ワールド・オブ・アサシネーション」を遊んで、発売を待ちたいと思う。

総じて、今作も遊んでも後悔しないヒットマンだった。

created by Rinker
Solutions 2 GO
¥7,825 (2021/07/29 19:05:26時点 Amazon調べ-詳細)

▼ヒットマンの関連性▼

タイトルとURLをコピーしました