【評価・感想】『アサシンクリード2』レビュー

4.0
「アサシンクリード」シリーズ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Assassin’s Creed II
対応機種PC,PS4,Xbox One
プレイ/クリア時間20時間~
ストーリー

家族が陰謀の犠牲となったエツィオ・アウディトーレは、父の跡を継いで「アサシン」となる。

そして、エツィオは”アサシンとして”この陰謀に加担した者たちに復讐していく。

👍Good

  • 前作から大きく改善
  • エツィオ・アウディトーレのストーリー

👎Bad

  • 稀に暴発するパルクール
スポンサーリンク

紹介

【評価・感想】『アサシンクリード2』レビュー

パルクール系オープンワールドゲーム。

剣術と【パルクール(人間の身体能力を活用するスポーツ)】を取り組んだ作品になっており、プレイヤーは建物を登り、飛び回り、そして敵と戦っていく。

なお、シリーズとしてはメインシリーズの二作目。

上記事ではこのシリーズのストーリーを詳しく解説している。

スポンサーリンク

評価

前作を大きく改善

前作『アサシンクリード(1)』を大きく改善した続編。

“あまりに単調だった”メインミッションの数々は、フィレンツェやベネチアを舞台にした劇的なものに置き換えられており、レオナルド・ダ・ヴィンチの奇抜な発明品だったり、華麗なフェスティバルだったりが新たに登場。

また、「暗殺」の自由度も高くなっており、今回は「自警団」や「窃盗団」を”雇う”ことで、より多彩な暗殺、攻略が可能になっており、創意工夫の余地が残されている。

さらに、サイドミッションも充実しており、『Tomb Raider(1)』的なパズルだったり、経営シム的な街づくりだったりが用意されており、前作のような”コピペミッション”はほとんどない。

あと、現代編が強化されており、”ベッドとアニムスを行き来するだけだった”前作とは違い、今回は脱出劇やパズルなど、ゲーム的な肉付けがされている。

前作を思えば、今作は驚くほど進化している。

中盤以降はネタ切れ気味

「フォルリの戦い」より。

今作にはシリーズの象徴的なミッションが数多く用意されており、エツィオをアサシンの道へと進ませた出来事、レオナルド・ダ・ヴィンチとの交流や「エデンのかけら」を巡る死闘などは、今作の見所。

ただし、中盤以降はネタ切れ気味。

中盤以降は「x個のエリアを制圧しろ」や「x箇所から仲間を救い出せ」系のミッションが増えて来てしまい、この程度なら無い方がマシとさえ感じる。

特に「Deluxe Edition」「リマスター版」では、クライマックス前に有料DLCだったエピソードが追加され、それらのクォリティが低いので、ネタ切れ感に拍車をかける。

スポンサーリンク

総評

前作から大きく改善された一作。

多くの点において前作『アサシンクリード』を上回っており、改善されたミッションや、より洗練されたゲームプレイが、このシリーズを次のステージへと押し上げている。

唯一残念なことは、今作を超える革新的なアサクリが未だに登場していないこと。

関連記事>>>【2020年版】オススメの「アサシンクリード」を全て紹介/未プレイでも遊べる?プレイする順番は?なども

▼アサクリの関連記事▼

タイトルとURLをコピーしました