【評価・感想】『コール オブ ファレス(1)』レビュー

3.5
シューティングゲーム
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Call of Juarez(1)
対応機種PC,PS3,Xbox 360
プレイ/クリア時間5時間~
備考日本語化Modあり

👍Good

  • 泥臭いガンファイト
  • 交差する2人のストーリー

👎Bad

  • 全体的に粗削り
  • “掴み”として最悪な冒頭
スポンサーリンク

紹介

どんなゲーム?

「西部劇」をテーマにしたFPS。

  • ストーリー重視の一本道ゲーム
  • 西部劇のお約束を詰め込んだ各ミッション
  • 追う者、追われる者の視点から描かれるストーリー

などが特徴として挙げられる。

なお、本作は続編『コール・オブ・ファレス 血の絆』の後を描く作品になっている。

コール オブ ファレス(1)のストーリー

“家族殺しの汚名”を着せられた青年・ビリーは、追跡者・マッコールから逃げながら故郷のメキシコを目指す。
スポンサーリンク

評価

【Pros】西部劇×FPS

“なかなか決着が付かない”テンポの悪いガンファイトが新鮮。

本作は18世紀のアメリカを舞台にした西部劇なので、登場する銃は揃いも揃って性能が低く、リロードさえもテキパキできない。

銃弾を発射する際は毎回引き金を引き、リロードする際は弾薬を一つずつ込めていく。

  • 登場する銃はどれも年代的に性能が低く、リロードも完全に手動

もちろん、これは相手(敵)も同じ。

ゆえに本作の銃撃戦では、泥臭く、一進一退の攻防になることが多く、「西部劇」と聞いて連想するガンファイトが疑似体験できる。

  • 西部劇ならではの泥臭いガンファイトが疑似体験できる

なお、FPSとしてのバランスは良好。

(敵も含めて)使用頻度の高いリボルバーの威力は低いが、一方でショットガンやライフルの威力は高く、”一撃死できる/される”ことがプレイに緩急を付けてくれる。

決闘

同時に銃を抜き、相手を撃ち抜く。

派手な演出やギミックは用意されていないが、己のスキルと運が試せるシンプルなミニゲームになっており、西部劇の「決闘」の醍醐味がきちんと再現されている。

【Cons(欠点)】全体的に荒々しい

「クライミング」は落下死と初見殺しに注意

  • 一部の初見殺し的なスポット
  • 説明不足

一部のアクシデントや敵の湧き方は初見で対処することが難しく、一方的にダメージを受けたり、死亡したりすることが多々あった。

また、全体的に説明不足なところがあり、エリア内を右往左往させられることも。

本作にはマッコール編とビリー編の2つが用意されており、上記の欠点はビリー編で顕著だった。

スポンサーリンク

総評

“磨けば光る原石”な一作。

単純な勧善懲悪かんぜんちょうあく
モノではないストーリーや、西部劇ならではのゲームプレイは面白いが、それらを純粋に楽しませるほど土台は完成していない。

決して悪いゲームではないけれども、ある程度の忍耐力が必要だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シューティングゲーム
カキコム or 管理人をフォローする
カキコム(Kakihey.com)│ゲームレビュー、洋ゲーやPCゲームの話題を発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました