【評価・感想】『フォールアウト(1)』レビュー

4
RPG
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Fallout: A Post Nuclear Role Playing Game
対応機種PC
プレイ/クリア時間15時間~
備考日本語化Modあり

👍Good

  • 個々の選択が重い
  • シンプルで奥深い戦闘

👎Bad

  • 視認性に欠ける見下ろし視点
  • 使いにくいインベントリ
スポンサーリンク

紹介

どんなゲーム?

核戦争後のアメリカを舞台にしたRPG。

  • 見下ろし視点
  • レトロフューチャー的な世界観
  • 「選択」によって分岐するストーリー

などが特徴として挙げられる。

Fallout(1)のストーリー

主人公の生まれ故郷である【Vault 13】の浄化設備が故障。

主人公(Vault Dweller)は【ウォーター・チップ】を求めて、危険な【ウェイストランド】に足を踏み入れる。

スポンサーリンク

評価

【Pros】個々の選択が重い

文明は崩壊し、秩序も失われた世界。

“何が正しくて、何が正しくないのか”さえ教えてくれる者がいない中で、プレイヤーは”ウォーター・チップを発見する”という使命を胸にこの世界に足を踏み入れる。

気休め程度のピストルと、申し訳程度に配布された【スティムパック】を手に、あてもなく荒野を彷徨い、見つけた町や集落で地道に情報収集していく。

  • ウェイストランドを放浪し、各地でミッションを攻略していく

その過程でプレイヤーは数々の決断を下していくことになる。

“後のゲームプレイを大きく左右する”【S.P.E.C.I.A.L.】を始め、主人公を強化する【スキル】やストーリーを進めるための【ダイアログ(会話)】など、山ほど「選択」が用意されている。

そして、個々の「選択」は非常に重い。

キャラ作成時に決定する【S.P.E.C.I.A.L.】は基本的には取り返しが付かない要素だし、スキルの伸ばし方もゲームの難易度を大きく左右する。

(私の場合、一周目は重火器がマトモに扱えずに相当苦労した)

また、【ダイアログ(会話)】では「選択」によってキャラクターの生死が決まったり、ミッション進行が様変わりしたりする。

「選択」次第では血を流すことなく問題を解決できるし、無駄な手間を省いてスマートにミッションを攻略することもできる。

例えば、”レイダー(盗賊)のアジトから人質を救出するミッション”では、ボスを出し抜いて無傷で人質を解放することも、逆にレイダー一味を殲滅した上で救出することもできる。

  • プレイを通して数々の決断を下していく
  • 「選択」によってゲームプレイやキャラクターとの関係性が変化する

時には善人として褒め称えられ、時には悪人として蔑まされるも「生き残れたのだから、正しい選択だったんだ」と自分に言い聞かせてプレイするシビアさがたまらない。

進め方によっては「お前の努力もここまでだ」と非情にレッドカードを突き付けられる(詰む)けれど、”その過酷さも含めてフォールアウト”なのだと感じさせる。

一応、自由にセーブ/ロードが可能

何周も遊べる

一つのミッションに複数のルートが用意されていることが大半。

また、条件は不明だが、他のキャラクターの接し方が一周目と変わることもある(なぜか、2周目では死んだはずの父親と勘違いされた)。

当然、【S.P.E.C.I.A.L.】によってゲームプレイも変化する。

なので、二周目以降も新鮮な気持ちで遊べる。

【Pros】理解できれば面白い戦闘

戦闘時はターン制アクションゲームに。

そして、戦闘時は─

  • 敵を攻撃する
  • マスを移動する
  • インベントリを開く など

動作の一つ一つが【AP】を消費するので、それを計算した上でプレイする。

基本的に、【AP】はカツカツなので上手くやり繰りする必要があり、主人公の一挙手一投足をしっかりコントロールした上でプレイする頭脳派な一面を持っている。

(ルールを理解すれば)非常にシンプルな戦闘システムながらも、【AP】があることでしっかり頭を使ってプレイする必要があり、非常に奥深い。

【AP】があるからこそ、「攻撃に出るか、インベントリを開くか」が悩ましいし、残りの【AP】を全て使って起死回生の一手を打つギャンブルも楽しい。

【Cons(欠点)】タイムリミットの”150日”

開始時点で「150日」というタイムリミットが存在する。

一応、タイムリミット自体は余裕を持って設定されているし、【ウォーター・チップ】を届けた時点で解除されるが、一周目はこれらが分からずに駆け足でプレイしがち。

個人的には、タイムリミットを意識することなく自由に冒険したい。

スポンサーリンク

総評

今なお色褪せない一作。

フォールアウト3』以降と比べれば”非常に純度の高いフォールアウト”になっており、【ウェイストランド】の過酷さと、「選択」の重みが見事に世界観と調和している。

若干、取っつきにくい部分はあるけれど、発売20年という時の経過を感じさせない名作RPGである。

▼関連記事▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RPG
カキコム or 管理人をフォローする
カキコム(Kakihey.com)│ゲームレビュー、洋ゲーやPCゲームの話題を発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました