【評価/感想】フォールアウト ニューベガス【批評/レビュー】

スポンサーリンク

前の記事>>>『Fallout: New Vegas』インプレッション

falloutnv-16031301

原題Fallout: New Vegas
開発元Obsidian Entertainment
発売日2010年10月19日

Fallout 3』の約2年後に発売された外伝作。

基本的に『Fallout 3』のフルカスタマイズ版となっており、プレイ面に大きな変化はない。ただ、今回開発を担当したスタジオには、”初期のFallout”を手掛けた開発者が多数在籍しており、ある意味では【本流のFallout】になっている点は大きな違い。

このレビューでは、3との比較に重点を置いて書いていく。

次の記事>>>Fallout 4 レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Fallout 3との比較

3よりもキャラメイクは自由

falloutnv-16031302

少なくとも、キャラクター育成やストーリーの面では『Fallout 3』よりも自由だ。
というのも、『Fallout 3』では【主人公の生い立ち】や【年齢】があらかじめ設定されており、その制限の中で遊ばないといけない窮屈さがあったのだが、今作の場合は”ただの運び屋”であり、一切の経歴が不明。

だからこそ、今作では”プレイヤーが思い通りの主人公を作成し、ロールプレイ”できる。【誰かの物語】ではなく【自分の物語】を歩む感覚が非常に強い点は、『Fallout 3』と比べた際に感じる大きな違いだ。

▼2つのFalloutの違い▼

  • 強いキャラクター性を持った主人公に扮するBethesda版
  • 自作したキャラクターになり切るObsidian版

ただし、ルートは決まっている

標識。まだレベルが低い運び屋にLas Vegasは早すぎる...?

『Fallout 3』との違いは序盤の自由度。
というのも、Fo3では一旦Vaultを出れば後はMegaton(メガトン)で核爆弾を解除しようが、Tenpenny Tower(テンペニータワー)でグールに親切にしようがプレイヤーの自由だったのだが、今作の序盤に関しては次へ行く場所が(ほぼ)決まっている。

(3と比べて簡潔な)チュートリアルを終えても、すぐさまVegasには行けない。
Vegasへと続く道には、最恐ミュータントであるDeathclaw(デスクロー)の群れがおり、プレイヤーの行く手を阻む。そして迂回することも出来ない。

結局、プレイヤーはゲーム側の指示通りに移動することに…。
少なくとも序盤に関しては、Fo3のように荒野を自由に歩きまわり、各地に散らばったクエストを遊んでいくという遊び方は出来ない。やや窮屈な印象を受ける。

Fo3と比較してこの点を指摘する人がいるのも理解できる。
ただし、私自身はそこまで大きな欠点だとは思わない。

より奥深くなった”評判”

falloutnv-16031303

『Fallout 3』でも、”評判”によって【タロン社の傭兵】や【賞金稼ぎ】に追われるランダムイベントが用意されていたが、今作の場合は連中の向こう側にいる“組織全体”との関係が変化する。

今作の”評判”が面白いと感じるワケは、まさに組織との関係を意識させられる点。
当然、ケチなギャング団よりも、頭のネジが外れた”やべーやつら”を敵にまわす方がリスクが高く、ゆえに「どっちを味方にした方が得か」と天秤に掛ける必要性が生まれており、『Fallout 3』よりも奥深いゲームシステムになっている。

さすがに、(メインミッション以外での)プレイヤーの決断が勢力図を大きく塗り替えることはないが、小さな範囲であっても変化が生まれており、これまで以上に”選択する”ことが活きている。

だから、Speechスキルはより活きる

『Fallout 3』以上にSpeechスキルは上げる価値がある。
敵にこちらの悪巧みがバレてしまっても、Speechスキルが高ければ上手く言い逃れられたり、ときには敵の一人をこちら側に抱き込むことで、実力行使ではないスマートな方法で攻略できることもある。

また、上記の”評判”にも大きく関与するスキルにもなっており、『Fallout 3』よりも【Speechスキル】が活きている。

ただ、評判のリセットは「暴挙」

せっかくの”評判”が中盤にてリセットされるのは大きな欠点。
ここに至る何十時間の積み重ねを、”進行上の都合”という一方的な理由で、いとも簡単にリセットするのは暴挙に近い。

本来ならば、それまでの”評判”も踏まえてクエストを進行させるべきだが、なぜかこのゲームはリセットすることを選んでしまった。

スポンサーリンク

総評

falloutnv-16031305

ベースこそ『Fallout 3』のフルカスタマイズ版ではあるが、今作ならではの【色】は感じられ、ただの焼き直しになっていない。
確かに、この記事で挙げた以外にも欠点は存在するのだが、”複雑に分岐するストーリー”、膨大なコンテンツや追加要素を前にすれば、それらは些細な欠点に過ぎない。

『Fallout 3』ほどの革新性はないが、その一方で非常に野心的なFalloutだ。

▼DLC▼

  1. Dead Money
  2. Honest Hearts
  3. Old World Blues
  4. Lonesome Road