【評価/レビュー】バッド・ブラッド/ウォッチドッグス(1)の大型DLC【批評/感想】

ゲームレビュー

ウォッチドッグス』のシングルプレイDLC。
このDLCでは、本編にも登場したT-Bone(レイモンド・ケニー)を主人公に迎え、エイデンと同じくシカゴで繰り広げられる新たなキャンペーンが収録されている。なお、プレイ時間は8時間~10時間ほど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【評価】本編同様に自由度が高い

watch_dogs-bad-blood-review-16122002

ラジコンはバランスブレーカーだが面白い。

ウォッチドッグス』では、大半のメインミッションがステルスプレイで攻略できる。
多彩なガジェットやハッキングを使って敵を誘導し、人目に付かない場所でテイクダウンすれば一切感知されずにエリアを制圧できた。
また、ステルスプレイに加えてランボープレイも可能だった。
完全武装して真正面から戦いを挑み、アサルトライフルを乱射して全員を射殺することも出来るし、遠方から狙撃してエリアを制圧するなんてことも出来てしまう。

エリア圏は広めに確保されており、”その中で好きなように遊ばせる”という作風は『ウォッチドッグス』最大の特徴であり、それはこのDLCにも引き継がれている。

したがって、大半のメインミッションは様々な遊び方で攻略できる。
言い換えれば、「本編で出来たことの全てはこのDLCでも出来る」ということであり、本編そのままの安定した面白さが最後まで続く作品に仕上がっている。

スポンサーリンク

【欠点】良くも悪くも本編のまま

watch_dogs-bad-blood-review-16122003

同じことの繰り返しに終始する「ストリートスイープ」は、Ubisoftゲームではお馴染みの「水増しサイドミッション」になっており、これは全く歓迎できない。

  • ステルスプレイするには操作性に難がある
  • やや単純に感じられる敵AI

本編『ウォッチドッグス』でも感じた問題はそのまま残っている。
この辺りは更なる調整が必要だと感じる。

また、時折登場する半強制的な戦闘パートは面倒臭い。
こうしたパートは、”ステルスプレイで進めたプレイヤーの苦労を一瞬で無駄にする”ものであり、強制的な戦闘パートも不要に思えるのだ。

スポンサーリンク

【総評】本編の縮小版

watch_dogs-bad-blood-review-16122004

基本的には『ウォッチドッグス』の延長戦。
それでも新たな主人公やラジコンと言った新要素は魅力的であり、特に主人公レイモンド・ケニーのキャラクターは強烈だ。個人的には本編のエイデン・ピアースよりも好みな主人公だ。

ただ、”本編の着せ替え”なので本編を完走してもなお「もっと遊びたい」と感じた人向けのDLCではある。

ウォッチドッグス2 レビュー
サンフランシスコを舞台にしたシリーズ2作目