【評価・感想】『ウォッチドッグス(1)』レビュー

4.0
オープンワールドゲーム
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Watch_Dogs
機種PC,PS4,Xbox One etc
プレイ/クリア時間20時間~
ストーリー

巨大IT企業「ブルーム」の都市管理システム”ctOS”が採用された近未来のシカゴ。

凄腕のハッカー、エイデン・ピアースは、ビジランテとして「ブルーム」の企みを暴くために暗躍する。

👍Good

  • ハッキング主体のゲームプレイ
  • 作り込まれたオープンワールド

👎Bad

  • やや粗削り
スポンサーリンク
この記事の著者
おなまえ

ゲーマー

カキヘイ(@kakihey_jp)

Kakihey

プロフィール

2014年より当ゲームサイトを運営中。
これまでに250本近くのゲームレビューを投稿
最近はYoutubeの方でも動画レビューを公開中…。
プロフィール詳細

紹介

【評価・感想】『ウォッチドッグス(1)』レビュー

ハッキング要素を取り入れたテック系オープンワールドゲーム

プレイヤーは”ctOS”と呼ばれる都市のインフラを管理するシステムをハッキングし、文字通り、シカゴをその手に収めて数々のミッションを攻略していく。

スポンサーリンク

評価

革新的な”ハッキング”

オープンワールドゲームの王者である「グランド・セフト・オート」と比べると、本作はよりプレイヤーの意思を重視する作りになっており、その自由度の高さが違いであり、特徴と言える。

具体的には、”大半のミッションが目的のみ指定されたもの”になっており、開始早々に銃を乱射しようが、最後まで隠密行動を貫こうが、それはプレイヤーの自由であり、目的さえ達成できればクリアとなる。

要するに、プレイヤーは「ファークライ」の主人公にもなれるし、サム・フィッシャーにもなれるということであり、多くの場面で、各々のプレイスタイルに合わせて遊べるのだ。

しかし、”各々のプレイスタイルに合わせて遊べる”オープンワールドゲームは何も珍しくなく、同じくUbisoftの「アサシンクリード」「ファークライ」では当たり前に登場する。

では、「ウォッチドッグスの強みは何か」と言えば、それはハッキングの存在。

プレイヤーは主人公のスマホを介してシカゴ全体のネットワークにアクセスでき、目の前の自販機をハックすることから、街全体を停電させることまで簡単にできる。

まさに”シカゴがプレイヤーの思うまま”となる。

各々のプレイスタイルにこのハッキングを加えれば、シカゴそのものを味方に付けて遊ぶことができ、吊橋や信号機、電車などを自由自在に操作して逃げ道を作り、敵の行く手を阻める。

こうした”街全体をパズルのように組み合わせて遊べる”点は、本作ならではのゲーム体験になっており、他のオープンワールドゲームと比べた際に際立つ、本作の長所になっている。

独自のオンライン(マルチ)プレイ

ウォッチドッグス公式サイトより(URL)。

本作はオフラインとオンラインがシームレスに繋がっている。

私は「オンライン ハッキング」を中心にプレイしたが、これは命懸けの”隠れんぼ”、もしくは”鬼ごっこ”になっており、上手くハッキング要素をオンラインプレイに落し込んでいる。

完全オフラインでプレイ可能

ゲーム内オプションで設定すれば完全オフラインでプレイ可能。

この設定だとプレイ中は誰も入って来ないので、文字通り一人で遊べる。

一部の要素は好き嫌いが分かれる

基本的に各々のプレイスタイルで遊べる作風にもかかわらず、戦闘やステルスプレイを強制するミッションが紛れており、せっかくの良さが失われている。

また、「ドライバー」シリーズの名残を感じさせるレースゲーム風のカーチェイスも、オープンワールドゲームとしては敵の追跡が執拗に感じられ、さっさと切り抜けられないストレスがある。

私の場合、カーチェイスが延々と続くのは面倒くさいので、カーチェイスになったらすぐにボートに乗り込み、敵が追跡して来られない海の方に逃げていた。

結構、好き嫌いが分かれる要素が混ざっている。

ちなみに、上の記事では指摘した問題点に対処する方法を紹介している。

スポンサーリンク

総評

時に粗粗しくも、終わってみれば良作のオープンワールドゲームだった。

「スプリンターセル」や「アサシンクリード」、「ファークライ」などのノウハウが投入されたゲームプレイは非常に手堅く、野心的なハッキング要素も、本作ならではのゲーム体験を生む。

多少の忍耐力は必要になるけれど、オープンワールドゲームやSFゲームのファンなら遊んで後悔することはないはず。

▼ウォッチドッグスの関連記事▼

初版:2015年1月4日 00:00

オープンワールドゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カキコムをフォローして更新情報を得る
カキコム│主に洋ゲーのレビュー
タイトルとURLをコピーしました