【評価・感想】『ノーコンプロマイズ』レビュー/ウォッチドッグス2向けシングルプレイDLC

4.0
オープンワールドゲーム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題No Compromise
対応機種PC,PS4,Xbox One
プレイ/クリア時間2時間~
スポンサーリンク
この記事の著者
おなまえ

ゲーマー

カキヘイ(@kakihey_jp)

Kakihey

プロフィール

2014年より当ゲームサイトを運営中。
これまでに250本近くのゲームレビューを投稿
最近はYoutubeの方でも動画レビューを公開中…。
プロフィール詳細

紹介

どんなゲーム?

ウォッチドッグス2』向けに配信されているDLC。

シングルプレイに関しては一つ前の「ヒューマン・コンディション」とは違い、追加されるエピソードは「モスクワギャンビット」のみ。

この記事では、「モスクワギャンビット」に限定して書いている。

ノーコンプロマイズのストーリー

【DedSec】は彼らの評判を貶めるビデオを制作するロシアンマフィアと対決する。
スポンサーリンク

評価

正直、書くことがなくて困ってしまった。

一つ前のDLC「ヒューマン・コンディション」は3エピソード、かつそれぞれに2~3個のミッションが用意されていたので、それなりに書くことはあった。

けれども、今回はエピソードは1つ、ミッションにして3個のみ。そして、どれもが『ウォッチドッグス2』のままなので、あえて書くべきことがない。

強いて言えば、「(自主規制)撮影所」が舞台のミッションはユニークだったし、「ヒューマン・コンディション」とは違ってプレイスタイルを縛るミッションも無かったのは良かった。

よって、このDLCに関しては特筆すべき点はなく、詳しくは『ウォッチドッグス2』のレビューを読んで欲しい。

スポンサーリンク

総評

シングルプレイに限れば物足りないDLC。

約2時間で一つのストーリーを描く都合上、ゲーム世界に没入する前に終わってしまうし、敵ボスに復讐しても今ひとつ盛り上がりに欠けてしまう。

“追加のサイドミッションを遊ぶ”くらいの感覚でプレイするのが正しい。

オープンワールドゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カキコムをフォローして更新情報を得る
カキコム│主に洋ゲーのレビュー
タイトルとURLをコピーしました