スポンサーリンク

【評価/感想】ウォッチドッグス2【批評/レビュー】

ゲームレビュー
原題Watch Dogs 2
対応機種PC,PS4,Xbox One
発売日2016年11月15日
開発元Ubisoft
備考公式サイト

色々な意味で話題を集めた*1『ウォッチドッグス』の続編。
太陽がさんさんと降り注ぐサンフランシスコの明るい雰囲気に身を任せ、プレイヤーの思うままに遊べる作風が大きな特徴となる。

▼ストーリー▼

技術革新発祥の地、サンフランシスコ・ベイエリアに暮らす頭脳明晰な若きハッカー、マーカス・ホロウェイは、有名ハッカーグループ、デッドセックの仲間と共に、腐敗した企業の手によって、不正に大規模な市民の監視と操作を行うctOS 2.0 の隠された危険を暴いていく。

市民の手に自由を取り戻す戦いが、今始まる。

公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前作よりも多彩

ハッキングのみで攻略可能に

“ハッキングのみ”で大半のミッションを攻略できる。
これは、前作『ウォッチ ドッグス』と比べた際に感じる大きな違いだ。

まず、前作にもハッキング自体は登場した。
ただし、それはあくまでも攻略をサポートする形で存在しており、「ロックされたドアを開ける」「機械を停止させる」ことは出来ても、それのみでミッションを完遂することは不可能だった。

それが、今作ではハッキングだけでミッションを完遂できる。
言い換えれば、“プレイヤーが直接手を下さずに済む”方法が一つ増えたということであり、プレイの幅が格段に広がっている。

間接的な手段が増加

今作にはドローンやラジコンが存在し、これらはプレイの自由度を向上させる
例えば、今作では警戒区域外からドローンを飛ばして敵を一人ずつ片付けたり、ラジコンを操作してコソコソとミッションタスクを消化していくことができ、さらには敵にニセ情報をアップロードして容疑者に仕立て上げて警官に対処させる、もしくは裏切り者に仕立ててギャングに始末させることさえできる。

これらドローンやラジコンの登場によって、間接的な手段が生まれている。
すでに述べた通り、今作ではプレイヤー自らが敵陣に乗り込む必要はなく、ハッキングを駆使することで、血を一滴も流さないスマートな方法でも遊べるのだ。

当然、他のプレイスタイルでも

前作のようにステルスプレイやアクションプレイでも遊べる。

結果的に攻略方法は多彩に

▼プレイスタイル▼

  • ランボープレイ
  • ステルスプレイ
  • ハッキングプレイ

ハッキングプレイが登場したことで、より各々のプレイスタイルに合わせて遊べる。
スマートにプレイしたい人はハッキングプレイで、敵と戯れたい人はステルスプレイやランボープレイで遊べばよく、まさにプレイヤーの思うままに遊べる。

そして、マップ自体も自由度の高さを反映している。
まるで”街全体が遊び場”に感じられるようにデザインされており、時にはパズルを解く感覚でクレーンや自動車を動かして攻略方法を生み出せる。

今作には“街の全てが手中に収まっている”感覚がある。
前作ではストーリーのみで描かれていた点だが、今作では上手くプレイ面にも落とし込めており、「ウォッチドッグスらしさ」を感じるプレイを楽しめる。

スポンサーリンク

注目すべき2点

量より質を重視

『アサシンクリード ユニティ』より。

Ubisoftゲームと言えば、質より量を優先したコンテンツ。
反復的なサイドミッションや、制圧系チャレンジが目立ち、間違いなくボリューム満点だが、単調な印象は拭えなかった。

今作では、この点にメスが入っている。
量ばかり強調したコンテンツは一掃され、どのサイドミッションも独自のストーリーを持った内容になっており、散々プレイした制圧系チャンジも存在しない。

Scout X

サンフランシスコの観光スポットを撮影して周るサイドミッション。
撮影した画像をゲーム内SNSにアップすることでフォロワーが増えていき、ついでに観光スポットを全て巡ることができるので、一石二鳥なサイドミッション。

Driver SF

レース系チャレンジに小話を付けたサイドミッション。
配車サービス「Uber」を強烈に皮肉ったお話に代表される、ユニークな小話が用意されており、同じことの繰り返しだと思わせない工夫が見られる。

上記のようなサイドミッションが数多く用意されている。
これまでのUbisoftゲームは、コピペのサイドミッションが多く非常に味気なかったが、今作はプレイヤーを退屈させない工夫が随所で見られるので、「遊ばないのは勿体無い」という気持ちにさせてくれる。

サンフランシスコの作り込み

現実ではインドア派の私でも、このゲームの中だけはアウトドア派になる。
それほど、今作の舞台であるサンフランシスコの作り込みが半端ではなく、最初の10時間は観光ばかりにしていたほどだ。

忠実に再現されたサンフランシスコは、現実とフィクションが入り混じったユニークさが特徴であり、存在感抜群のゴールデンゲートブリッジから、路地裏の落書きに至るまで一切の妥協を感じさせない。

また、IT企業の如何にもな施設や突如として登場する日本町など、現実世界のものを面白可笑しくパロディしたエリアも多数用意されており、時間が掛かっても自分の足で探索したいと思わせる要素が満載だ。

NPCの行動パターンも多彩

個人的には『グランド・セフト・オート 4』以来の衝撃。
今作ではNPCの行動パターンが増加し、お互いに干渉し合うので、NPCは単なるモブではなく、その世界に住む住民に感じられるほど説得力がある。

目の前に居た男女が口論を始め最後には女の方が男に手を出し、その様子を見ていた市民が警察に通報して、駆けつけた警官に女が連行されていく一連の流れを目撃した時は、思わず唸ってしまった。
それ以外にも、車に追突されて激怒する運転手や、久しぶりの再会を喜ぶ者たちなど、現実世界同様に見えない所でも、誰かの生活が営まれていることを強く感じさせる瞬間は多い。

今作は単に彼らを”ウォッチ”しているだけでも楽しく、「車で走り抜けるなんてもったいない」とさえ感じるほどだ。

グランド・セフト・オート4 レビュー
※こちらも大都市の作り込みがスゴイ
スポンサーリンク

総評

前作『ウォッチドッグス』の欠点を徹底的に潰して来たお手本のような続編。
一部の難易度の偏りや、おバカなAIに困らされたのは事実だが、それらは些細な欠点に過ぎず、今作は最高点に近い点数を与えられる一作だ。

*1 Was Watch Dogs Graphically Downgraded? E3 2012 vs PC Ultra Comparison