【評価・感想】『Halo 3(The Master Chief Collection)』レビュー

4.0
ゲームレビュー
ゲームレビュー
この記事は約4分で読めます。
  • 原題:Halo 3
  • 対応機種:PC,Xbox
  • プレイ時間:8時間~
  • ストーリー:コヴナントの指導者である”悔恨の預言者”による「大いなる旅立ち」が最終局面を迎える。指導者は「ヘイロー」を起動し、「大いなる旅立ち」を実現しようとするが、それは人類を含む知的生命体の絶滅を意味していた。マスターチーフたちは、預言者に反旗を翻した一部のコヴナントたちとも協力しながら、全てを終わらせる最終決戦に挑む。

今作は、『Halo 2 Anniversary』の直接的な続編。

今作にて、『Halo: Combat Evolved Anniversary』『Halo 2 Anniversary』を通して描かれてきた初期三部作が完結する。

現在では、『Halo: The Master Chief Collection(TMCC)』に収録されている。

スポンサーリンク

評価

※キャンペーン(ソロプレイ)について書いている

ストーリーや演出を楽しむFPSとして

Haloのストーリーや演出を楽しむ”FPSとしては、これまででもっともよく出来ている。

ことキャンペーンに限れば、ゲーム内容は『Halo: Combat Evolved Anniversary』や『Halo 2 Anniversary』とほとんど変わらないが、着実に遊びやすく、面白くなっている。

例えば、今作では、同行する味方の能力が強化されたので、敵に理不尽に倒されたり、難しくて詰まったりすることが減り、次のエリアへとサクサク進める。また、終盤の過度にコピペしてボリュームを水増しするアレもほぼなくなったことで、これまでほど中だるみしてもいない。

あと、一つのステージにおけるちまちま・・・・とした小規模な戦闘がいくつかの中規模な戦闘に整理されたことで、個々の戦闘の激しさが増しており、アクションの密度が高くなっている。

今作では、過去作において、ストーリーや演出を楽しむ邪魔をしていた欠点が修正されたことで、”キャンペーンを通してストーリーを体験する”部分が、これまでよりも洗練されたものになり、素直に「Halo」のストーリーや演出が楽しめるようになった。

正直、今作ならではの部分はなく、それがマンネリ感の原因ではあるのだが、今回、”最初から最後まで、ダレることなく一気に遊べた”というのは、ストーリー重視の一本道FPSとして、個人的には印象が良く、その点は今作の良さだと思う。

シリーズモノ特有のマンネリ感

今作は、ゲームとしては『Halo: Combat Evolved Anniversary』をベースとする『Halo 2 Anniversary』の改善版なので、それなりに強い既視感を覚える。

シリーズモノの宿命だとは思うが、キャンペーンの進行方法やミッションの種類、敵との戦闘など、どれも前作までに散々してきたもので、今作をクリアした時点では、もうお腹いっぱいだった。

スポンサーリンク

総評

今作は、ストーリーや演出を楽しむ上での障害が取り除かれたことで、ストーリー重視の一本道FPSとして”密度の高い”体験が素直に楽しめる一作だった。

全体的には、それなりに既視感の強い三作目だったが、依然としてシューティングの完成度は高く、一作目から積み重ねられてきたストーリーも、最後まで引っ張ってくれるくらいには興味を惹かれるものだった。

“手堅いシューティング✕壮大なSFストーリー”を一度に楽しめるのは”Halo”の良さで、今作でもその部分はブレずに楽しむことができ、「次のHaloでは何が待っているのか?」を楽しみに、また遊んでいきたいと思う。

▼Haloシリーズのレビュー

タイトルとURLをコピーしました