【評価・感想】『Halo Infinite(キャンペーン)』レビュー

4.0
ゲームレビュー
ゲームレビュー
この記事は約5分で読めます。
原題Halo Infinite
対応機種PC,Xbox
プレイ時間15時間~
ストーリーマスターチーフの前に、「ゼータ ヘイロー」を支配しようとするブルートの武装組織「バニッシュト」が立ちふさがる。チーフは新たな仲間を率いて、「バニッシュト」とその背後に見え隠れする者たちと対決する。

今作は『Halo 5: Guardians』の直接的な続編にして、『Halo 4』から始まった一連のストーリーを締めくくる完結編。

マスターチーフが単独の操作キャラクター(主役)として復帰し、その上でシリーズで初めて本格的なオープンワールドが導入されるなど、新旧の「Halo」をミックスさせたような作品になっている。

スポンサーリンク
著者情報
Kakihey

2014年末より当サイト「Kakihey.com」を運営中しています。現在までに260本以上のゲームレビューを公開しています。基本的にPCでゲームを遊んでいます。

SNSをフォローして更新情報を得る

評価

Haloとオープンワールド

今回は”ゼータ ヘイロー”と呼ばれるオープンワールドが舞台。

ただし、一般的なオープンワールドゲームとは異なり、ゼータ ヘイローは”ほぼ敵の基地や施設しかない”戦闘に特化した空間になっており、敵と戦う以外に出来ることはほとんどない。

オープンワールドでできることは─

  • 敵の基地を制圧してファストトラベル地点を開放する
  • 敵の施設などを破壊して、主人公の強化に使えるアイテムを集める

くらいで、ゲーム世界を掘り下げるサイドミッションや息抜きに遊べるミニゲームなどはない。

最後まで遊んでの印象としては、ストーリーやゲーム世界を物語るのは、”これまでのHaloと同じく”キャンペーンの役割で、オープンワールドの方は、主人公を強化することが目的の空間となり、かなり割り切った設計だと感じた。

今作のオープンワールドは、どことなく『RAGE 2』を思い起こさせるものがある。

次に“Haloとオープンワールドの組み合わせ”は、私はもっとこの二つを絡めて欲しかったと思う。

オープンワールドの方でアンロックした乗り物や仲間を、キャンペーンの方でももっと活用できたり、戦闘中に航空支援や乗り物の投下を指示したりできれば良かった。正直、オープンワールド化されても、やっていることはこれまでの・・・・・「Halo」と大きく変わらない。

全体的にオープンワールドを持て余しているような感じがあり、これなら、オープンワールドではなく、今までのように、”一つのステージとして”オープンなエリアを登場させた方が良かったのではと思う。

Halo Infiniteのマップの大きさ

ちなみに、オープンワールドの大きさはコンパクトな方ではあるが、コンテンツ量に合ったマップサイズになっており、このゲームにとっては丁度いいサイズ感だと思う。

キャンペーンはいつものHalo

キャンペーンの大半は、これまでと同じように、専用エリアでの一本道的なミッションで構成されており、オープンワールドが導入されても、キャンペーンは”いつものHalo”。

Halo 4』や『Halo 5: Guardians』と比べると、映画的な演出は控えめだが、チーフが人工的な閉鎖空間で、大勢のエイリアン相手に孤軍奮闘する様子は、一作目『Halo: Combat Evolved』を想起させる”Haloらしさ”がある。

加えて、今作では無口なチーフとやけに人間くさい人工知能(ネタバレ防止のためにあえてそう書く)との掛け合いも復活し、「そうそう、これがHaloだったんだ」と、このシリーズの良さを再確認できた。

ストーリーも、初期シリーズの特徴と「4」以降の展開を上手く取り入れており、今作のキャンペーンは、シリーズの中では特に面白い方だと思う。

シリーズ未経験でもHalo Infiniteのストーリーは楽しめるか?

少なくとも、『Halo 4』や『Halo 5: Guardians』よりは理解しやすいが、やはり、『Halo: The Master Chief Collection』から遊ぶことをお勧めする。正直、ゲームのコアの部分は「Infinite」も過去作も大きく変わらないので、無理やり「Infinite」から遊ぶ必要はないと思う。

スポンサーリンク

総評

ウリのオープンワールドは物足りなく感じたが、キャンペーンに関しては、良い意味で”いつものHalo”であり、ここは大きな不満なく、最後まで楽しく遊べた。

FPSとしても、今回は要所要所で様々なボスが登場するので、戦闘面にメリハリが生まれているし、ストイックに、大勢のエイリアンを倒していく戦闘も手に汗握るものがあり、これも最後まで楽しく遊べた。

“オープンワールド”に過度に期待しなければ、今作も面白い「Halo」に仕上がっている。

▼Haloシリーズのレビュー

タイトルとURLをコピーしました