【評価/感想】アサシンクリード ローグ 【批評/レビュー】

スポンサーリンク

『Assassin’s Creed III』から続く三部作の最終章。

時系列的にはIIIより前、『Assassin’s Creed IV Black Flag』よりも後となり、過去2作に登場したキャラクターも多数登場する。(余談だが、アル・ム”ア”リムをアル・ム”リ”アムと誤訳してしまっている)

それゆえに、同時期に発売された『Assassin’s Creed Unity』の方が、新規層向きの内容と言えるだろう。

▼過去作のレビュー▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「IV」の焼き直し

例に漏れず、今作も過去作の焼き直しに近い内容。

『Assassin’s Creed III』を発展させた『Assassin’s Creed IV Black Flag』をベースにしており、基本的な部分はそれと大差ない。

違いと言えば、ストーリー、キャラクターやエリア程度であり、Ubisoftゲームでお馴染みの「oo開放」系のサイドミッションも再登場している。

ただ、同じであるがゆえに前作同様にアクションゲームとして質が高い。

無双系とも言える戦闘は相変わらず爽快感があり、大海原で繰り広げられる激しい海戦も、前作で散々遊んだにも関わらず10時間続けて遊んでしまったほど面白い。

また、敵船を撃破する→パーツを回収する→自船をアップデートするというサイクルも当たり前のように面白く、そして中毒性が高い。

本音を言えば「マンネリ化が過ぎる」のだが、このド安定なアクションや海戦を前にすれば痛烈に批判する必要もないと感じる。

スポンサーリンク

もはや存在意義がない現代編

現代編は方向性と着地点を見失い、もはや必要性も感じられない。

やはり今回も、現代編は一人称視点のアドベンチャーゲームで、主にデータ収集や文章漁りをするのだが、自発的に行動する場面が少なく非常に退屈なパートになっている。

ただ、このシリーズの責任者は「メインは過去編」と述べているので、この程度の扱いでも仕方ないのかも知れないが、これなら無くても構わない。

過去編も…

過去編は過去編で「駆け足気味」という印象が強く、これまでよりも人間模様が薄い。

今回は元仲間たちと対決するお話なのだが、主人公の心境があまり描写されておらず、せっかくの結末も今ひとつ盛り上がりに欠けるという印象を受けた。

『Assassin’s Creed III』や『Assassin’s Creed IV Black Flag』でお馴染みの登場人物が顔を出し、過去作への言及もあるので、シリーズファン的には興味を惹かれるが、肝心の”今作のストーリー”はイマイチ。

スポンサーリンク

総評

 

既視感は強いが今作もド安定のアクションゲーム、もしくは”いつものアサクリ”になっている。

『Assassin’s Creed III』や『Assassin’s Creed IV Black Flag』の後に続けて遊ぶと、人によっては胃もたれを覚えるだろうが、忘れた頃に遊ぶと熱中できるはずだ。

次の記事>>>過去編・現代編のストーリーを総復習。