Assassin’s Creed Syndicate(アサシンクリード シンジケート)【感想 評価 批評 レビュー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18
スポンサーリンク

関連記事

Assassins- Creed- Syndicate-15121801
本作『Assassin’s Creed Syndicate』は、数多くのバグを残した状態でリリースされ大炎上した『Assassin’s Creed Unity』の続編になる。舞台を産業革命期のロンドンに移して、シリーズ初の主人公二人制を採用した一作になる。

無双ゲーに回帰

Assassins- Creed- Syndicate-15121802
前作では戦闘メカニックが一新され、過去作以上に難度の高い戦闘になっていたが、今作も基本的には同じ路線を継承している。一撃必殺技とも言うべきカウンターキルやキルストリークはなく、前作に引き続き受け流しを多様する戦闘になっている。これは敵の攻撃の際に表示されるアイコンに合わせてボタン入力し、その攻撃を受け流した際に敵が見せる隙を突くという戦闘になり、その根幹の部分は前作と同じだ。

だが、難易度自体は前作より低い。前作は「逃げる」のも戦法の一つになるほど戦闘が難しかったのだが、今作では敵が攻撃モーションに入る”前”に受け流しのタイミングを伝えるアイコンが表示される為、前作とは違い”受け流し”に失敗することは激減し、更に敵の銃弾もYボタン一度押しで必ず回避できる仕様に変更されているからだ。ある意味、前作の戦闘を無駄に難しくしていた箇所が修正されたようにも見えるが、少しやり過ぎという感じがする。

確かに、前作のライフル兵は”被弾ダメージが大きい割に避けるのがかなり難しい”という非常にウザい存在ではあったのだが、そのライフル兵を早く倒す為に目の前の敵を素早く始末することが多く、それがテンポの速い動く戦闘を支えていた側面がある。

今作ではそれが実質無力化され、プレイヤーを急かすものが無くなったので、”受け流し待ち”するという過去作で見られたカウンターキル待ちに似たテンポの悪い戦い方をやりがちな上に、中盤以降は無双ゲーと化すので爽快感はあってもアクションゲームとしては遊びごたえに欠ける。

そうした欠点はあれど、今作の戦闘自体は面白い。今作は時代背景的にこれまでのような剣と剣を突き合わせた戦いではなく、泥臭い殴り合い、杖等を使った攻撃が主な戦い方になる。そこに過去作のような敵を斬り刻む楽しさは無いが、軽快なアクションと小気味良いHit音が合わさった戦闘は面白い。フィニッシュムーブも豪快で見ていて気持ちが良い。

また、コンボがあることで、ただ殴るだけではなく敵の急な反撃に上手く対応して更にコンボを繋げていくという面白さも押さえてあり、この新しい戦闘スタイルは上手く機能している。

加えて、ステルスプレイについても「口笛」が復活したことでカバーキルで敵を静かに排除することが容易になり、隠密状態を維持したままエリアを制圧するのは簡単だ。いつもの大味なAssassin’s Creed流ステルスプレイが復活している。