【どれが一番面白い?】ファークライシリーズのオススメを紹介【PC,PS,Xbox】

オススメ紹介
スポンサーリンク

ファークライ シリーズのオススメを紹介する。
この記事では、“実際にプレイした”作品に絞って紹介しており、合わせて各作品の簡易評価も記載しているので、購入する際は参考にして欲しい。

なお、Crytek開発のシリーズ1作目『FarCry』は除外している。
というのも、Crytek版FarCryは後に”Crysis”としてシリーズ展開されており、現在のFar Cryとは内容が異なるので。

関連記事>>>Crysis レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オススメのファークライ

【1位】ファークライ 3

ストーリー

舞台は南国の島「ルークアイランド」。
未開の大自然が広がり、多種多様な野生動物が生息する島だが、実はバースなる人物が率いる海賊が支配していた。

アメリカ人のリア充である主人公ジェイソン一行は、そうとは知らずに「ルークアイランド」にやって来るのだが、まんまとバース一味に囚われてしまう。

狂気の始まり。
果たしてジェイソンは仲間を奪還し、島から脱出できるのだろうか…?

評価

  • 危険でいっぱいの南国の島が舞台。
    • 獰猛な野生動物、危険な海賊の根城。
      • 彼らが複雑に絡み合う独自の生態系。
  • コンテンツが山盛り。
    • 人気の高い拠点制圧や、アトラクション的な電波塔の解放など。

徹底したカジュアル化で、広い層が楽しめるようになったFar Cry。
これまでのFar Cryは、どちらかと言えばコアなシューティングファン向けだったが、今作の場合はオープンワールド系FPSの「入門編」に最適な一作になっており、気になる人は遊んで損はないはずだ。

関連記事>>>ファークライ 3 レビュー

※PS4/Xbox One向けには、リマスター版であるClassic Editionが存在する

【2位】ファークライ 5

ストーリー

謎のカルト教団「エデンズ・ゲート」に支配された土地「ホープ・カントリー」。
教祖のジョセフ・シードを始め、幹部のジェイコブ、ジョン、フェイスは地元民の土地を奪い、拉致を繰り返すことで教団を肥大化させていった。

業を煮やしたアメリカ政府は教祖の身柄を確保すべく、捜査チームを派遣する。
しかし、その作戦は失敗に終わり、主人公を含む捜査チームは教団が支配する土地に取り残されてしまう。

主人公は地元民と協力しながら教団と戦うことに。
囚われた仲間を解放し、土地や住民を奪い返す死闘の幕が上がる。

評価

  • 陸海空を舞台にした自由度の高い戦闘。
    • チュートリアル以外はCo-opで遊べる。
      • 遊び方は無限に広がる。
  • 美しい大自然が広がる「ホープ カントリー」
    • 山ほどのコンテンツ/アクティビティが用意されている。
      • 「釣り」がオススメ。

他のゲームの言葉を借りれば、これまでの”アタリマエを見直した”ファークライ。

マンネリ化が目立ち、行き詰まりつつあったシリーズを見事に刷新しており、マップ デザイン、仲間との共闘や陸海空を舞台にした戦闘が、シリーズに新たな息吹を吹き込んでいる。

関連記事>>>ファークライ 5 レビュー

【3位】ファークライ 2

概要

内戦に揺れるアフリカ亡国。
主人公は一人の傭兵として、この内戦を影で操る「ジャッカル」という名の武器商人を追うのだが、その過程で血みどろの内戦に身を投じることになる。

「正義」も「悪」も存在しない混沌とした世界。
他のファークライとは一線を画するダークな世界観だが、それが唯一無二の魅力なのだ。

評価

  • 「後は好きに遊べ」のゲームデザイン。
    • ゲーム側の介入は最低限。
      • プレイヤー自らが作戦を立案・実行していく。
    • 目で見て、耳で聞く泥臭いプレイが魅力。
      • プレイをサポートする要素は一切なし。
  • 常在戦場。
    • 一部を除いて周囲は敵の縄張り。
      • 常に命を狙われる緊張感。
      • 狩る者であり、狩られる者でもあるコアなプレイ。

攻略記事>>>『Far Cry 2』が楽しくなるTipsを紹介する。

私利私欲に塗れた正義の内情を描く社会派なストーリーや、どこまで行っても後味の悪さが残る結末など、シリーズの中でも異質な一作ではあるが、それらとリアル志向のゲームプレイが『ファークライ 2』を「唯一無二の大傑作」へと昇華させており、私のオールタイムベストの仲間入りだ。

関連記事>>>ファークライ 2 レビュー

【4位】ファークライ 4

概要

南アジアの秘境「キラット」。
主人公は母の遺言を実行すべく、この小国に足を踏み入れるのだが、そこは強権的な指導者パガン・ミンと、それに反発するグループ「ゴールデン・パス」が激しく対立する危険な土地だった。

主人公エイジェイは「ゴールデン・パス」の一員として内戦に参加する。
自らのルーツでもある「キラット」を守り、そして母の遺言を実行すべく死闘を繰り広げるのだが、その過程で多くの決断に迫られるのだった。

評価

  • 舞台はヒマラヤ山脈の秘境。
    • 澄み渡る青空と雪景色が印象的。
    • ゾウやサイなどの野生動物が新たに登場。
      • ゾウには乗って戦える。
  • ファークライ 3の発展版。
    • 移動時間を短縮する小型ヘリ/グラップリングが登場。
      • マップは高低差があるのでウイングスーツも大活躍。
    • もう一度3を”再体験”できる。

良くも悪くも”『Far Cry 3』のまま”であり、それを現状維持と受け取るか、停滞と受け取るかでこの作品の印象は大きく変わるだろう。

少なくとも、”もう一度3をプレイしたい”と感じるプレイヤーにとっては、それ以上ない理想的な一作に仕上がっている。

関連記事>>>ファークライ 4 レビュー

スポンサーリンク

まとめ

▼要点▼

もっとも無難な選択は『ファークライ 3』。
Ubisoft開発のファークライを確立した一作であり、『ファークライ 4』や『ファークライ プライマル』は3の発展版と言える内容になっている。

また、『ファークライ 2』はクセが強いので注意。
個人的には「傑作」だと思っているが、色々と荒削りな内容になっている。

オススメは『ファークライ 3』。

関連記事>>>オススメのアサシンクリードを紹介する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オススメ紹介
Kakihey.com