見事にシリーズを刷新した意欲作【評価/感想】ファークライ 5【批評/レビュー】

シューティングゲーム
スポンサーリンク

スポンサーリンク
原題Far Cry 5
対応機種PC,PS4,Xbox One
発売日2018年3月27日
開発元Ubisoft
備考公式サイト
【短評】
これまでの「アタリマエ」を見直したファークライ。
各要素の統廃合や新要素の追加によって、このシリーズに残されていた可能性を示した意欲作。

ファークライ4』以来のナンバリングタイトル。
また、それに相応しい意欲的なゲームプレイが特徴の一作。

続編『ファークライ ニュードーン』へと続く。

オススメのファークライを全て紹介
各作品の評価やプレイする順番など

▼ストーリー▼

ようこそ、アメリカ モンタナ州「ホープカウンティ」へ。
このノドカな地は、自由を愛する人々と、狂信的なカルト教団「エデンズ・ゲート」のホームタウンだ。

カリスマ的な予言者、ジョセフ・シードと彼の兄弟たちが支配する「エデンズ・ゲート」は、静かに、だが着実にこの町の人々の生活に浸透してきている。

プレイヤーはカルト教団の脅威から町の人々を解放するのが使命だ。

公式サイト

▼関連記事▼

スポンサーリンク

「ホープ・カントリー」を探索する

大自然に囲まれたモンタナ州「ホープ・カントリー」。この土地を開放した後は散策するのも良いかも?

今作の舞台は、モンタナ州「ホープ・カントリー」。
これまでのファークライと言えば、内戦に揺れるアフリカだったり、海賊に支配された南国の島「ルーク・アイランド」だったり、独裁者が支配するアジアの小国「キラット」だったりが舞台として登場したが、それらに比べれば今回のマップはとても馴染み深い場所と言える。

目の前にはアメリカの大自然が広がり、多種多様な野生動物も見られる。また、森を抜ければ農作業に従事する地元民や、ハンティングに勤しむ狩人にも出会え、大自然を舞台にした様々なドラマが目の前で展開される。

▼過去作▼

電波塔は廃止され、足で稼ぐ。

チーターの生息地域であることを知らせる看板。

野生動物の生息地域は、自分で足を運んで確認する。

今作の特徴は”プレイヤー自身に探索させる”点。
今作はプレイヤーが能動的にエリアを探索して地元民と触れ合い、周囲の環境にインタラクトすることに重きが置かれており、何かと”足で稼ぐ”場面が多いのだ。

まず、今作では【電波塔】や【ミニマップ】が廃止された。
これまでのファークライは、【電波塔】を開放してマップ上にミッションやイベントを出現させ、マップ上の「点」としてそれらを順番に消化する作品だったので、自発的にエリアを探索する意味は薄かった。

今作のリードライターを努めたDrew Holmes氏は、次のように述べている。

塔の廃止は探索性の向上を手助けすると考えます。
FC3やFC4では、そのエリアで次にすべきことを知る手段は、塔に登ってボタンを押すだけでした。

馴染み深いモンタナのような設定の中にゲームを置いた際、「もし、私がこの状況下に居たら何をするだろうか?」と考えました。

地元の人たちに会って彼らの営みを確かめる、もしくは街へ行って周辺にあるものを見たいと私は思いました。

したがって達成すべき目標はゲーム内からタワーを取り除くことでした。住民とのインタラクトや周辺の環境に集中するために。

GamingBolt

【電波塔】が廃止されたことで”実際に赴いてエリアを確認する”場面は増えており、【ミニマップ】も存在しないので、単にアイコン間を移動するだけという感じもしない。

じっくり探索した分だけ報いてくれる

謎の装置の中に入り、火星へ旅立とうとしている男性。

今作は”歩いた分だけ報いてくれる”。
というのも、今作ではメインミッションの進行方法やマップの更新が次のように変更されており、“歩いた分だけ見返りも大きい”という作風になっているからだ。

具体例説明
全マップ情報の更新
※【カルトの拠点】や【プレッパーの宝】など
地元民と接触する。
メインミッションを進行させるランダムイベントをクリアする。
※レジスタンスポイントを貯める

なので、今作は歩いた分だけ、探索に時間を掛けた分だけ報いてくれる。
それに加えて地元民や周囲の環境へのインタラクト性が増したことで、よりゲーム世界を身近に感じられるようになっており、これまで以上に現実味を覚えるゲーム世界になっている。

スポンサーリンク

評価できる2点

ラスボスと接点がある幹部たち。彼らの大半を始末しないとラスボスは出現しない。

『ゴーストリコン ワイルドランズ』より。

まず、今作はこれまでのファークライとは少し勝手が違う。
具体的には『ゴーストリコン ワイルドランズ』に近いファークライになっており、次のような特徴を持つ。

▼ポイント▼

  • 一部を除いてCo-opでプレイ可能。
  • 最初から全マップが開放状態。
  • 各地区の中ボスを片付けてラスボスに挑む。

外部記事>>>『ファークライ5』Co-opモードのよくある質問(UBISOFT)

全体的なスリム化

今作のパーク画面。

いくつかの要素が統廃合され、過去作よりもスマートな内容に。
例えば、スキルやクラフトが【パーク】に統合されたことで、メニュー周りの煩雑さが解消され、主人公の能力を一括管理できる利点も生まれてる。

また、クラフトの廃止に伴って狩猟要素はほぼ不要に。
野生動物から採取できるアイテムは、肉食動物を誘き寄せる【エサ】と【売却アイテム】のみとなり、狩り自体はもはや形だけの存在になっているが、その一方でクラフト関連の手間からは解放される。

  • スキルとクラフトがパークに統合
  • 狩猟要素の簡素化

上記以外にも、前述した【電波塔】の廃止や敵拠点の減少など、全体的なスリム化が目立つ。
これまでの”質より量”を優先させた内容とは対照的であり、多くの要素が過不足なく配置されていることで、マップ上の山ほどのアイコンを見ただけでお腹いっぱいになることはない。

追加要素を含むゲームプレイ

今作も、シューターとしては上々の出来。
ファークライ3』から続くゲームプレイの改善版であり、銃の取り扱いや射撃した際の感覚はこれまで通り優れている。また、過去作と同じく今回も各々のプレイスタイルで遊べる自由度も確保されている。

  • ゲームプレイはド安定の仕上がり

また、今作では【コンパニオン】を連れ回せる。
【コンパニオン】は飛行機乗りだったり、「チーズバーガー」という名のグリズリーだったりするのだが、それぞれが固有の能力を持っており、プレイヤーをサポートしてくれる(『ファークライ プライマル』に存在した【ビースト・マスター】に近い)。

最大2名のコンパニオン

【リスト】と呼ばれるコンパニオンの管理画面。

プレイヤーは最大2人(or匹)まで仲間を連れ回せる。
彼らは“プレイヤーの技量不足”を補ってくれる存在なので、とても有り難い。

例えば、グレースという名のスナイパーは、戦闘機のパイロットや、敵車両の運転手を的確に撃ち抜くことができ、ニックは航空支援という形で戦況を一気に逆転させてくれる。また、「チーズバーガー」は強烈なフックを敵にお見舞いしてくれる。

釣り!

大自然の中でバス釣り。

今作の「釣り」には謎の中毒性がある。
今回は舞台が”リアルなアメリカ”ということで、マップのいたるところに良い感じの釣りスポットが点在しており、大自然の中で時間を忘れて「釣り」に没頭できる。

関連記事>>>『ファークライ5』で大物を楽に釣るコツ。

なお、「釣り」自体は程よくリアル志向。
レッド・デッド・リデンプション2』のそれと比べれば”ゲームらしくデフォルメ”されており、アナログスティックの故障を心配する必要はない。

スポンサーリンク

欠点、強制的に進行するメインミッション

フェイスと呼ばれるカルトの幹部。彼女は特殊な薬物を使って人々を洗脳する。

ファークライ プライマル』のようにメイン/サイド ミッションの境界線が曖昧。
これまでとは違い、メインミッションをアンロックするには”様々なサイドミッションをクリアして【レジスタンス ポイント】を貯める”必要がある。

  • メイン進行には一定のレジスタンスポイントが必要

今作最大の問題は、【レジスタンス ポイント】が一定まで貯まると”強制的”にメインミッションが進行する点であり、仮にフリープレイ中であっても無理やりメインミッションに引き込まれてしまう。

メイン進行に関してはプレイヤー側の都合は一切考慮されない。
“自分のペースで進められる”ことは、オープンワールドゲームの良さの一つだが、今作では無視されており、私は最後まで納得できなかった。

スポンサーリンク

総評

コンパニオンとして登場するワンちゃん、ブーマー。

他のゲームの言葉を借りれば、これまでの”アタリマエを見直した”ファークライ。

マンネリ化が目立ち、行き詰まりつつあったシリーズを見事に刷新しており、マップ デザイン、仲間との共闘や陸海空を舞台にした戦闘が、シリーズに新たな息吹をもたらしている。

続編>>>ファークライ ニュードーン レビュー

ユービーアイ ソフト
¥4,800(2019/04/22 13:03:57時点 Amazon調べ-詳細)

オススメのオープンワールドゲームを全て紹介

Q&A

Q.課金要素は?
A.クリア後に書いた記事>>>あくまでも時短目的/『Far Cry 5』は課金ゲームではない。