【評価/感想】スプリンターセル【批評/レビュー】

スポンサーリンク

splinter-cell-15032101

ステルスゲーム界の大御所であり、Ubisoftの看板タイトルの一つである本作。

プレイヤーはアメリカのスパイ組織Third Echelonに所属するSam Fisherを操作し、世界を恐怖に陥れるテロと戦う。なお、Sam Fisherの声(英語版)を演じるのはカナダの名優Michael Ironsideである。

▼Splinter Cell レビュー▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

“超人ではない”がもたらすもの

splinter-cell-15032102

主人公Samの動作は感心するほど人間くさい。

スパイ作品の主人公と言えば、常人離れした身体能力を持ち、数々の困難を涼しい顔で乗り切るものだが、さすが一部で”サムおじさん”と呼ばれるだけであり、実におじさんっぽい。

例えば、フェンスをよじ登る際は両手で網を掴み、次に足を引っ掛けて登っていくし、パイプを伝って移動する際も、左右の手足でしっかりとホールドして、現実的な速度で進んでいく。

射撃の腕や耐久性も並で、一対多数のガンファイトでは当たり前のように瞬殺される。

しかし、これらが不満か?と問われれば否だ。

Samの人間っぽさは=ステルスプレイを意識せざるを得ない状況を生み出しており、トリガーハッピーなプレイヤーでも、必然的に開発者が意図した通りに遊んでしまうストッパーの役割を担っているからだ。

ただ、Samが人間らしい故に”発見されると取り返しがつかない”点は、調整不足だと指摘しておきたい。確かに、Samが複数の敵と撃ち合えるほど強ければ、ステルスプレイの存在意義が薄れてしまうが、現状では発見=リスタートになっているので、プレイアビリティは高いとは言えない。

スポンサーリンク

パズルと迷路

splinter-cell-15032103

一部例外はあるがリニアな(一本道な)作品。

各エリアが縦に繋がっているイメージで、下から上へ一個ずつエリアを突破していくのが基本的な流れになる。

各エリア内には、複数の敵が配置されていたり、監視カメラやタレットなどが設置されており、それらに感知されずにそのエリアを突破することが本作の醍醐味と言える。

あるときは安全地帯である暗闇をヒソヒソと進み、またあるときはパイプを伝って敵の頭上を進むのだが、敵たちはSamの存在に一切気づいていない。そんなプレイが理想的であり、それが出来た瞬間が本作のハイライトと言える。

また、各エリアの構造はまるでパズルゲームを遊ぶようで面白い。手持ちのガジェットやエリア環境を組み合わせて攻略するのだが、攻略に役立つものやヒントを探し出して進めていくのは地味ながらも楽しいプレイになっている。

だが、ゴールやヒントまでの導線が自然とは言えず、無駄足を踏まされることがあったのは欠点。リニアな作品にも関わらず、よく迷子になることがあり、次回作以降ではこの辺りの改善に期待したい。

スポンサーリンク

総評

決して易しい作品ではないが、その挑戦的なレベルデザインは”昨今のステルスゲームに物足りなさを感じる者”の期待に答えてくれるはずだ。

次の記事>>Splinter Cell: Pandora Tomorrow レビュー