【評価/感想】GTA 5/グランド・セフト・オート 5【批評/レビュー】

スポンサーリンク

gtav-review-16050701

原題Grand Theft Auto V
対応機種PC,PS4,Xbox One etc…
発売日2013年9月17日
開発元Rockstar Games
備考公式サイト

いくつもの新要素を盛り込んだ野心的な一作。
プレイヤーは3人の主人公を操作して、彼らのサクセス ストーリーを見届ける。

▼ストーリー▼

個性の全く異なる3人の犯罪者が生き残りと成功を画策する。
ストリートの非合法な仕事を生業とするフランクリンは、本物のチャンスと大金を掴みたがっている。
プロの犯罪者から足を洗った前科者のマイケルは、望んでいたバラ色の引退生活を送れずにいる。
凶暴なトレバーは、チープなブツと次の大規模な強盗計画に突き動かされている。打つ手が尽きた彼らは身を立てるため、全てを賭けて大胆かつ危険な一連の強盗に挑む。

公式サイト

▼関連記事▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

注目すべき2点

3人の主人公

このインタビューにもあるように、今作は3つのGTAを一つのパッケージに収録した作品であり、プレイヤーはマイケル、フランクリン、トレバーの3人を自在に切り替えてプレイする。

Dan Houser(共同ライター)氏:
GTA IVでは2つのDLCに注力しており、ストーリーのクロスオーバーがクールなアイデアだと思いました。
なぜ、僕たちは一つのゲーム内でこれを実現しないんだ? よし、複数の主人公を用意してみよう。

the Guardian

キャラクターチェンジで”繋がる”

マイケル、フランクリン、トレバーは【キャラクターチェンジ】で繋がる。

プレイヤーは、”ミッション時以外であれば”3人を自由に切り替えることができ、彼らだけのミッションをプレイしたり、1人を操作して残る2人と一緒に遊んだりできる。

そのメリット

gtav-review-16050702

【キャラクターチェンジ】のメリットは2つ。

1つはプレイ面。
例えば、今作ではマイケルがミッション内で移動する際は、別の場所で待機するフランクリンへプレイアブルキャラが切り替わり、そのままミッションが続行されるので、移動時間をスキップして次の展開に繋がる。
これまではミッション中の移動が、中弛みを生んでテンポを悪くしていた。

また、別々の場所に待機する3人を交互に切り替えてプレイする場面や、3人が協力して一つのミッションを攻略する場面も用意されており、毎回味を変えてのプレイが楽しめるので、飽きとは無縁。

もう一つは演出面。
というのも、ミッション時以外でキャラクターを切り替えると、主人公らの私生活を垣間見れる演出が用意されており、より深くそのキャラクターを理解できるからだ。

マイケルは家族に逃げられたショックで悪夢にうなされ、トレバーは街の片隅で奇行に走り、フランクリンは友人とツルんでいる、というように。

【キャラクターチェンジ】は、単なる目新しいだけのツールではない。
時にはゲームプレイを、時にはストーリーを深く掘り下げるツールになっており、前者ではユニークなゲーム体験、後者ではキャラクターをより理解して感情移入する手助けをしてくれる。

余談:3人の主人公の特徴

前作の主人公。彼は一人で何でも出来る超人。

3人の主人公は被ることなく、キャラ付けされている。
下のインタビューにも通り、マイケルは”引退したGTAの主人公”をモチーフにしており、トレバーはGTAの主人公が持つイカれた部分を抽出したような人物、フランクリンは成功を夢見るアウトローとして描かれている。

Dan Houser(共同ライター)氏:
マイケルは最初に考案されたキャラクターであり、彼は中年の引退したGTAの主人公です。
彼は資産を持ち、妻もいるが、その生活に飽き飽きしています。

フランクリンは希望を持った若者です。
私が思うにマイケルとの良い対比になると考えています。

トレバーは究極です。
彼はとても頭の切れる男ですが、人間性に難を抱えており、マイケルと比べてエキサイティングです。

Polygon

強盗ミッション

gta5-16042901

今作の目玉は何と言っても強盗ミッション。
『GTA :SA』の強盗ミッションを複雑化させた内容になっており、今作では同行する仲間や潜入手段を選ぶことができ、経験を積むことで仲間がレベルアップしていく。

さて、今作の強盗ミッションは、大きく分けて「派手」か「隠密」かの2通りの方法で遊べる。
この際、どちらを選ぶかによって逃走用の車や装備を集める”準備ミッション”の内容も変化し、さらにその準備ミッションに関しても、派手/隠密を自由に選べるので非常に選択肢が多い上に、「(お目当ての物)は○○にある」と指定されるだけなので、攻略方法はプレイヤー次第となる。

こうした丹念な下準備の末に決行される強盗ミッションは、とても面白い。
信頼できる仲間らと一緒に危険な仕事を遂行するのはスリルがあり、彼らの腕に作戦の命運が左右されるランダム要素も面白く、2,3個とは言わずにもっとプレイしたいと感じるほど。

充実したコンテンツ

シリーズファンには馴染み深い【不動産】や【車の改造】が復活し、【株取引】やスポーツが新たなアクティビティとして登場しているので、前作GTA IVよりも出来ることは多い。

そして各種アクティビティは、“単なるオマケ”ではなく、”やり込む価値”を感じる出来。
例えば【株取引】では、”車をたくさん破壊すれば、保険会社の株価が上昇する”というように、株価がプレイ内容と連動しているので、お金稼ぎと称した株価操作に熱が入る。
それ以外にも、【ゴルフ】や【トライアスロン】と言ったスポーツ系アクティビティでは、スコアを競うことが楽しく、ついつい夢中になって遊んでしまう。

もちろん、今作にはアクティビティ以外にも60個を超えるメインミッションが存在する。
舞台となるロスサントスには、山ほどのコンテンツが所狭しと敷き詰められており、そのマップは面積以上に”巨大”だ。

スポンサーリンク

欠点

自由度は低い

gtav-review-16050705

メイン ミッションに限れば自由度は低い。
具体的には、”少しでも道から逸れると失敗”になることが大半であり、事前に引かれた線の上を進んでいる感覚が強く、指示通りに行動しないといけないのだ。
自由度という点では、過去のGTAの方が優れている。

また、【キャラクターチェンジ】も意外と制限が多い。
というのも、ことミッション時に限れば、キャラクターの変更はゲーム側から指示される形で行うことが多く、プレイの幅を広げるものというよりは、”脚本家の道具という印象が強い”のだ。

残念であり、はっきり言って期待外れ。

簡素化されたゲーム世界

端的に言えば前作GTA IVの方が作り込まれていた。
今作では、警官が容疑者を即射殺し、救急隊員も現場で書類を書く仕草をするだけとなり、わざわざ容疑者を連行し、ケガ人に処置をしていたよりも、細部の作り込みが甘いと感じる瞬間は多い。
また、人々の行動パターンも減少しており、雨が降っていても傘さえ差さず、ただただ歩道を行き来するだけの存在なので、生気が感じられない。

08年に発売された前作では、モニター越しからでも街の生活感やリアリティが伝わった。
一方、今作ではそれらが消失しており、目の前には作り込まれた血の通わないゲーム世界が存在し、エンタメとしての質は確実に向上しているが、それとのバーターで簡素化が目立つ。

スポンサーリンク

総評

言うまでもなく、非常に完成度の高い一作。
当然のように前作の欠点は解消され、そこへ多数の革新的な新要素を持ち込んだ内容になっており、Rockstar Gamesの名に恥じない作品に仕上がっている。

ただし、今作は”得たものは多いが失ったもの”も多い。
今作の血の通わないゲーム世界は欠点であり、マップが単に各コンテンツを繋ぎ止めるだけの大きなメニュー画面に感じられるは、非常に味気ない。

それでも、このジャンルを前進させる作品であることには変わりないが。

次の記事>>>【2018年版】オススメのGTAを一気に紹介、必ずプレイすべき一作は?