【評価・感想】『グランド・セフト・オート3/GTA3』レビュー

3.5
オープンワールドゲーム
オープンワールドゲーム
この記事は約6分で読めます。
原題Grand Theft Auto III
対応機種PC,PS2 etc
プレイ時間15時間~
ストーリー銀行強盗に成功するも仲間に裏切られ、一人逮捕された主人公。幸運にも、主人公が乗っていた護送車が何者かに襲撃され、脱獄に成功する。主人公はリバティーシティの裏社会に潜り込み、自身を裏切った者たちを追跡する。

今作は、前作『グランド・セフト・オート2』の約2年後に発売された続編で、”3Dグラフィックに完全移行した最初のグランド・セフト・オート”になる。

今作からシリーズは”3D Universe”と呼ばれる第2世代へと進み、『グランド・セフト・オート バイスシティ・ストーリーズ』までは同じ世界を共有している、という設定になっている。なので、別のシリーズ作品のキャラクターがカメオ出演したり、出来事に言及されたりする。

関連記事>>>【三部作を総復習】『グランド・セフト・オート トリロジー 決定版』までにIII、バイスシティ、サンアンドレアスを振り返る

スポンサーリンク

評価

GTA型オープンワールドゲームの誕生

今作は、見下ろし視点から三人称視点へと代わり、グラフィックも、3Dグラフィックへと完全移行した”新生グランド・セフト・オート”の一作目になる。

現在では、今作の影響を受けた作品がたくさん存在するので、このゲームを今遊んでも、数多くある内の一つのように感じるが、この頃の「グランド・セフト・オート」を、幸運にもほぼリアルタイムで遊べた私は、初めて遊んだ時の衝撃が今でも忘れられない。

“人や車で溢れかえる本物そっくりの都市があり、その中で自由に遊べる”というコンセプトを実際に体験した瞬間に、それまでのゲームに対する固定観念が粉々に砕かれ、新しい価値観が形成されていった。あまりに衝撃的な体験だったので、誇張ではなく、本当に遊びながら震え上がってしまった。

「え、車に乗れるの?」「ええ、銃も撃てるの?」「犯罪も犯せるの?」と驚きの連発で、遊び始めてすぐは「一体何が始まったんだ…」と状況が全く飲み込めなかった。

話を元に戻す。

オープンワールドゲームとしては、2Dグラフィックだったグランド・セフト・オート』『グランド・セフト・オート2』を3Dグラフィック化したもので、やっていることは本当に何も変わらない。

“大都市を自由に散策でき、ミッションを受けるも、受けないも自由”は今作でも同じだし、それぞれの雇い主に命令されるままに、簡単すぎるお使いから派手で危険な大仕事までやらされるというのも同じ。

ただ、やっていることは同じでも、ドライビングにしてもシューティングにしても、2Dゲームと3Dゲームでは求められるプレイスキルは全く異なるので、ゲーム体験としては別物に近く、2D世代と3D世代はきちんと棲み分けられている。

“完全3Dグラフィック化された最初のグランド・セフト・オート”ということで、ドライビングやシューティングは少し難があるけれど、どれも最低限遊べるレベルではあり、コンテンツも過不足なく詰め込まれているので、オープンワールドゲームの元祖にして、スタンダードなゲーム内容になっている。

“III”の優れているところ

敵が出てくるシャッターを塞ぐ

ミッションにおける自由度の高さは、今作の魅力。

現在の「グランド・セフト・オート」は、ミッション進行はガチガチに固定化されているけれど、今作の時点ではそれがまだ緩くて、プレイヤーが”遊べる”余地が残されている。

例えば、敵の逃走用車両を事前に破壊したり、進行ルートをトラックで塞いだりできる。当然、逃走用車両が無くなれば、敵は徒歩で逃げるしかなくなり、進行ルートを塞いでしまえば、敵は逃げ道がなくなり、あとはプレイヤーに倒されるだけとなる。

「これはズルじゃない?」と思うようなことでも、ゲーム側は「あり」としてくれるので、多くのミッションでは、敵陣に特攻する前の攻略法を考える段階から面白い。

“自分で攻略法を考える”という面白さは、シリーズを重ねる度に失われていくので、この点に関しては、今遊んでも面白く、ユニークに感じるところになっている。

信頼度なきゆえの”カオス”

敵対するマフィアに集中砲火を浴び、炎上

今作には、前作『グランド・セフト・オート2』の「信頼度」とよく似た要素が存在し、今回は、メインミッションを進めていくと、一部の犯罪組織と敵対関係になる。

ただ、前作の「信頼度」とは違い、今回はプレイヤー側で”調整”できないので、一度失った信頼はそのままとなり、そのせいで相手の縄張りに入る度に集中砲火を浴びる。ミッションによっては、これのせいで余計に難しくなっているものもある。

私は敵に襲われる心配なく、オープンワールドを探索したり、サイドミッションを遊んだりしたい。

遊びにくく感じるところ

まず、ミッション途中でのセーブがない。

今作も、時間制限付きミッションや護衛ミッションなどは、覚えゲー的なところがあるので、”失敗する度にムービーを観るところからやり直し”は、なかなか厳しいものがある。

あと、右スティック(マウス)でのカメラ操作に非対応なので、カーチェイスや銃撃戦の際は、周囲の状況を把握することが難しく、直感的に操作できないことのストレスがあった。

スポンサーリンク

総評

今作は、現在まで続く「グランド・セフト・オート」やオープンワールドゲームの元祖であり、言うまでもなく、ゲーム史に残る偉大な作品の一つ。

発売から20年近く経過したことで、時代を感じさせる部分はちらほらとあるが、当時は、ゲームの新しい形を見せてくれる、体験できる革新的なゲームで、(知る限り)唯一無二の存在だった。

現在では、今作をベースにした最新の「グランド・セフト・オート」やオープンワールドゲームが存在するので、今から今作を遊ぶ理由はそう多くないかも知れないが、ある意味、”すべての始まり”ではあるので、このシリーズやジャンルのファンであれば、一度は手に取ってみて欲しい。

▼関連記事▼

初版:2016年1月15日 9:37 PM

タイトルとURLをコピーしました