【評価・感想】『スナイパーエリート3』レビュー

4
シューティングゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Sniper Elite 3
対応機種PC,PS4,Xbox One,Switch etc
プレイ/クリア時間10時間~

👍Good

  • 自由度の高いゲームプレイ
  • 親切設計

👎Bad

  • 代わり映えしないゲームプレイ
  • 依然としておバカな敵
スポンサーリンク

紹介

どんなゲーム?

スナイパーに特化したTPS。

  • 第二次世界大戦が舞台
    =>単独潜入
  • 凄腕のスナイパーとして極秘任務にあたる
  • 主にスナイパーライフルで敵と戦う

などが特徴として挙げられる。

シリーズとしては『スナイパーエリートV2』の続編。

ただ、ストーリー的な繋がりは薄いので”今作から”でも問題ない。

なお、今作はCo-opにも対応しているが、この記事ではソロプレイについて書いている。

505 Games(World)
¥3,480(2019/10/21 06:43:28時点 Amazon調べ-詳細)
Game Source Entertainment
¥3,976(2019/10/21 06:43:29時点 Amazon調べ-詳細)

スナイパーエリート3のストーリー

米軍の凄腕スナイパーであるカール・フェアバーンは、ナチスが極秘で開発を進める兵器を破壊すべく、戦火のアフリカに単独潜入する。
505 Games(World)
¥3,480(2019/10/21 06:43:28時点 Amazon調べ-詳細)
Game Source Entertainment
¥3,976(2019/10/21 06:43:29時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

評価/前作(V2)との違い

【Pros】前作よりも遊びやすく

マークした敵は透視できる。

ざっくり言えば、今作は『ファークライ3』に「スナイパーエリート」を乗っけたもの。

ゲームシステム面では─

  • ミニマップ
    =>敵の位置や地形情報が表示されている
  • 壁の向こう側の敵を透視する能力
  • カバーとしての草むら

などが追加されており、『ファークライ3』辺りで確立されたお決まりを取り入れている。

他方では、前作『スナイパーエリート V2』の欠点が見直されており─

  • 操作面の刷新
  • 幅広いプレイスタイルの採用

などの見直しが行われている。

結果的に今作は、前作と比べると”格段に洗練された”続編になっており、お手本に忠実な作りだからこそ、より幅広い層にアプローチできる作品に化けている。

常に”場を支配した”状態で遊べる

  • 敵の位置はミニマップに表示される
  • タグ付けした敵は透視できる
  • 敵の警戒度が視覚化されている
  • クイックセーブ/ロードに対応している

という親切設計なので、エリア内で起きていることは全て把握した上で遊べる。

ゆえにランダム性は無くなってしまったが、自分のペースで確実に進められる分だけ、過去作よりもプレイのハードルがグッと下がっている。

505 Games(World)
¥3,480(2019/10/21 06:43:28時点 Amazon調べ-詳細)
Game Source Entertainment
¥3,976(2019/10/21 06:43:29時点 Amazon調べ-詳細)

【Pros】サンドボックス型のミッション

双眼鏡で索敵し、作戦を練る。

前作『スナイパーエリート V2』は、レールの上を真っ直ぐ進んでいくタイプの作品だったが、今作は”広めに取られた”エリア内を自由に攻略していくタイプの作品。

よって、今回は”目的(タスク)だけ指定されている”ミッションが大半であり、プレイヤーは進行ルートや狙撃地点などをある程度自由に決めて遊んでいくことになる。

ステルスゲーム化

そして、今作は基本的にはステルスゲーム。

今作にも、消音器付きのスナイパーライフルは無いので安易に撃つことはできず、狙撃する際はエリア内に点在する”大きな音を発する(サウンドマスクになる)”場所、もしくは敵の攻撃がかわせる塔まで移動した方が賢明。

もちろん、気にせずに狙撃して回ることは可能。

ただし、前作は一本道ゆえに正面の敵と撃ち合えば良かったが、今作では四方八方から敵に攻撃されるので、発見された際の対処がより難しくなっている。

また、前作同様に敵の命中率は高く、こちらが所持できる銃弾も少ない。

  • 消音器付きのスナイパーライフルはないので特定の場所以外では安易に狙撃できない
  • 発見された場合、四方八方から攻撃される

よって、必然的にサプレッサー銃やステルス・キルで静かに敵を倒していくことが多くなっており、ほぼアクション一辺倒だった前作よりもプレイの幅が広がっている。

505 Games(World)
¥3,480(2019/10/21 06:43:28時点 Amazon調べ-詳細)
Game Source Entertainment
¥3,976(2019/10/21 06:43:29時点 Amazon調べ-詳細)

【Cons(欠点)】反復性が強い

中ボスとして戦車が何度も登場する。

【索敵(タグ付け)】=【ステルスで移動】=>【狙撃する】の繰り返し。

“狙撃に特化したゲーム”ゆえに出来ることはそう多くないので、いくら自由度が高くなってもすぐに底が見える。

幸い、ゲーム自体のクォリティが高いので”遊べる”のだが、中盤以降は食傷気味。

505 Games(World)
¥3,480(2019/10/21 06:43:28時点 Amazon調べ-詳細)
Game Source Entertainment
¥3,976(2019/10/21 06:43:29時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

総評

垢抜けた続編。

前作『スナイパーエリート V2』と比べると多くの面で改善されており、「ファークライ」的なゲームプレイも過去作と差別化するのに一役買っている。

驚きはないけれども、失望させられることもないはずだ。

505 Games(World)
¥3,480(2019/10/21 06:43:28時点 Amazon調べ-詳細)
Game Source Entertainment
¥3,976(2019/10/21 06:43:29時点 Amazon調べ-詳細)

▼過去作▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シューティングゲーム
カキコム or 管理人をフォローする
Kakihey.com(カキコム)│ゲームレビュー、ニュースやMod情報などを発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました