【評価/レビュー】サイコブレイク「ザ・コンセクエンス」【批評/感想】

4.0
サバイバル/ホラーゲーム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
開発元Tango Gameworks
機種PC,PS4,Xbox One etc.
プレイ/クリア時間5時間~
スポンサーリンク

紹介

どんなゲーム

サイコブレイク』向けのDLC第二弾。

本編にも登場したキッドマンを主人公に迎え、”本編では語られなかった”ストーリーの一面を描くシングルプレイDLCになっている。

今回も、ゲームとしてはステルスプレイに力が入っている。
本編の「アクション」部分は丸々カットされており、クリーチャーに追われる立場としてプレイする作風である。

一つ目のDLC>>>ザ・アサインメント レビュー

ザ・コンセクエンスのストーリー

サイコブレイク追加コンテンツ第二弾『ザ・コンセクエンス』ゲームプレイ トレーラー
スポンサーリンク

評価

【Pros】静と動のゲームプレイ

目でいっぱいの暗室。

今回は前後半でゲーム内容が大きく異なる。

まず、前半は一つ前のDLC「ザ・アサインメント」のまま。
前DLCと同じくパズル色が強く、エリアのギミックを活用して知的に攻略するゲームプレイになっており、この部分は今回も面白い。

一転、後半はアクション推し。
アクションパートでは、ショット・ガンと余りある銃弾を手に、次々と敵の脳天を撃ち抜いていくのだが、そのパートはこれまでの鬱憤うっぷんを晴らすかのような爽快なものになっている。

  • 前半はステルス、後半はアクション

要するに、今回は「静」と「動」で全体的にメリハリが付いている。

【Cons(欠点)】有料DLCでストーリーを補完する

ザ・コンセクエンスでも精神世界が重要な役割を担う。

個人的に『サイコブレイク』のストーリーは、”意味ありげだが意味不明”だった。

ただ、この一連のDLCで伏線が回収されたことを思えば、「有料DLC込みでストーリーが完結する」とも受け取れるので、”有料DLCの購入を前提とした本編の在り方”は疑問に思う。

スポンサーリンク

総評

警察署内を探索。「御用」と書かれた提灯...。

やはり、今回も独自の色が出ているDLC。

静と動のゲームプレイだったり、本編を補足するストーリーだったりは魅力的で、かつゲームとしても少しずつ本編のクセが取り除かれている感があるので、続編への期待感をもたせるDLCになっている。

関連記事>>>サイコブレイク2 レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サバイバル/ホラーゲーム
カキコム or 管理人をフォローする
カキコム(Kakihey.com)│ゲームレビュー、洋ゲーやPCゲームの話題を発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました