【評価/レビュー】サイコブレイク「ザ・コンセクエンス」【批評/感想】

開発元 Tango Gameworks
機種 PC,PS4,Xbox One etc.
備考 公式サイト

The Evil Within』の第2弾DLC「The Consequences」。

前回のDLCに引き続き、今回もプレイヤーはJuli Kidmanを操作し、本編では語られなかった物語の舞台裏に迫る。

前の記事>>>「The Assignment」レビュー

一連のDLCの特徴は、本編の物語を綺麗に補完している点。

私は本編である『The Evil Within』のレビュー記事において、その物語や演出を”意味ありげだが意味不明”と指摘したが、こうした伏線を見事に回収できているのだ。

プレイ中は、欠けていたピースが本来あるべき場所に収まっていく感覚があり、このDLCを終えて、ようやく物語の全容を理解することが出来た。

ただ、この2つのDLCは有料。

見方によっては「有料DLCで物語が完結する」とも受け取れ、有料DLCの購入を前提とした本編の在り方はやや気になる。

肝心のゲームプレイ面は、一つ前のDLCを踏襲している。

プレイヤーは引き続きJuli Kidmanを操作し、主にスニークプレイで進めていくことになる。

特に前半は、前のDLC同様にパズル色が強く、エリアのギミックを活用して知的に攻略する必要があり、この部分は今回も面白い。

一転、後半はゲーム内容が大きく変化し、アクション推しになる。

これまでの鬱憤を晴らすかのようなアクションパートでは、ショット・ガンと余りある銃弾を武器に、次々と敵の脳天を撃ち抜いていく。

相変わらず不自由な操作感覚は玉に瑕だが、本編同様に破壊表現が優れており、非常にスカッとするパートになっている。

スニークパートに加え、今回はこうしたアクションパートも存在し、「静」と「動」で全体的にメリハリが付いている。

一連の物語は完結し、そのため本編ファン必見の内容。

また、2つのDLCを経て、少しずつ本編のクセが取り除かれており、続編に期待が持てる作品にもなっている。

次の記事>>>The Evil Within(サイコブレイク) レビュー