【評価・感想】『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』レビュー

4.0
アクションゲーム
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Rise of The Tomb Raider
対応機種PC,PS4,Xbox One
プレイ/クリア時間15時間~
ストーリー冒険家・ララ・クロフトは”神秘の源”にまつわる不死の伝説を調査すべく、シリア、ロシアを冒険する。

👍Good

  • 今作も、堅実なアクションゲーム
  • ボリュームアップ

👎Bad

  • 前作とあまり変わらない
created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥2,750(2020/10/27 06:43:52時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

紹介

【評価・感想】『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』レビュー

これまでの設定を全て白紙に戻したリブート版『トゥームレイダー(2013)』の続編。

前作を一作目として、今作、続編『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』で三部作になっている。

アクションゲームとしては─

  • ハリウッド発の冒険活劇のゲーム版
  • 古代遺跡を舞台にしたパズルの数々

などが特徴として挙げられる作品。

スポンサーリンク

評価

前作を発展させた続編

サイドミッションの一つ「トゥーム(パズル)」は前作よりも規模が大きく、頭の体操になる

冒頭の数秒を操作しただけで「あ、同じゲームだ」と感じるけれど、前作『トゥームレイダー(2013)』をベースに肉付けした中身は“拡張版として”満足度は高い方。

基本的に今作は”前作のボリュームアップ版”。

冒頭を除けば、前作をそのままなぞったようなゲーム内容になっており、キャラクターの操作性やシューティングの手触り、各種システムなどは前作を流用したものか、少し手を加えたものになっており、遊んでいて違いがあまり見えてこない。

ただし、ボリューム(コンテンツ量)だけは格段に増している。

前作同様のハブ型オープンワールドには、新たにサイドミッションが追加され、収集物を始めとした各種チャレンジも前作以上に用意されており、全てを消化しようとするとそれなりの時間を費やさないといけない。

嬉しいことに「トゥーム」も中身が充実。

数こそ前作とほぼ変わらないが、オブジェクトを乗せる、退ける程度だったものが大きく改善されており、メインミッションの薄いパズル要素をしっかり補完してくれる。

トゥーム:サイドミッションとしてプレイするパズル

今作のトゥームも、過去作と比べるとオマケのように感じるが、前作の”とりあえず用意しました”的なトゥームよりは、はるかにトゥームレイダーらしさを感じさせる。

今作ではステルスプレイが強化されており、それをサポートする機能が充実している

肝心のゲームプレイ面も、やはりベースを発展させる方向。

前作との大きな違いは、“オマケ扱い”だったステルスが選択肢として採り入れられた点であり、ずっと銃を撃ちまくっていた前作と比べればゲーム内容に変化が付いており、かつ戦略的に遊ぶ余地も生まれている。

なお、敵をハイライトする特殊能力や隠れる場所としての草むら、頭上への移動など、ステルスプレイをサポートする要素が充実しており、ステルスのハードルは高くない。

ステルスの本格的な導入以外では、グラップリングフックやロープアクション、水中移動が旧シリーズから復活しており、前作よりも多彩なアクションが楽しめるようにもなっている。

あとは、無いよりはあった方が良い程度だけれど、回復アイテムや弓矢などをクラフトできるようになったことで、今作ではリソース管理を”若干”意識させられる。

  • 銃撃戦一辺倒
  • 「トゥーム」のショボさ
  • 特にやることがないオープンワールド

前作をプレイした際に感じた不満点は概ね解消されており、“前作をベースに様々なコンテンツを乗っけた”拡張版的な続編として、今作は順当な進化を遂げた一作になっている。

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥2,750(2020/10/27 06:43:52時点 Amazon調べ-詳細)

ややマンネリ気味

前述の通り、やっていること自体は前作『トゥームレイダー(2013)』とそう変わらない。

確かに“前作と変わらないからこそ、今作も堅実なアクションゲームになっている”面はあるが、一方で「同じものを遊んでいる」と感じることもある。

リブートの二作目にして、ややマンネリ気味。

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥2,750(2020/10/27 06:43:52時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

総評

今作も、質の高いアクションゲームに仕上がっている。

前作『トゥームレイダー(2013)』との類似点は多いけれど、その分だけ前作ファンであれば確実に楽しめる内容になっており、新しく遊ぶ人にとっても打率の高い一作になっている。

ただ、リブート2作目にしてすでにマンネリ気味なのも事実。

関連記事>>>全作品プレイした私がオススメの「トゥームレイダー」を紹介。

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥2,750(2020/10/27 06:43:52時点 Amazon調べ-詳細)

▼トゥームレイダーの関連記事▼

初版:2017年4月23日 13:49

アクションゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カキコムをフォローして更新情報を得る
カキコム│主に洋ゲーのレビュー
タイトルとURLをコピーしました