【評価】『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』「一族の系譜」をクリア。

Rise of the Tomb Raider』の追記コンテンツ「一族の系譜」は、シリーズ20周年を記念して発売された「20 Year Celebration Pack」に収録されているシングルプレイキャンペーン。

約1時間分にも上るこのキャンペーンでは、凋落したCroft家の屋敷を舞台にした一族の秘密が描かれ、本編同様にLaraの内面に迫るお話が描かれる。

▼ストーリー▼

父の死後、屋敷の所有権をめぐって叔父と対立することになってしまったララ。幼い頃から住む家に隠された「血の絆」の物語を追い、遺産を取り戻してクロフト家の謎を解き明かせ… たとえそれが人生を大きく狂わせるものだとしても。

Steam

▼収録コンテンツ▼

  • 一族の系譜
  • クロフト邸探索
  • 新たな冒険 ナイトメア(Co-op)

ゲーム内容は「Croft家の屋敷」という名の博物館を探索する、ウォーキング シミュレーターとも言える内容。

本編『Rise of the Tomb Raider』にもあった、レックスや書物(or手紙)を調査し、謎多きLaraの両親に隠された秘密を解き明かしていくタイプの作品となり、探索8割・謎解き2割の作品。

ちなみに「一族の系譜」はVRでもプレイ可能。
ただ、VR対応ゆえに無難なウォーキング シミュレーターになっている面はあると感じるので、個人的には非VRで”もっとアクション色が強い”方が良かったとは思う。

あくまでも”ファン向け”。
したがって「もっとLara Croftを知りたい!」というコアなファンは満足できるはず。

すでに述べた通り、アクション要素が無くパズル要素も薄いので、仮にあなたが本編同様のプレイを求めているのなら、これではない。…というのが感想。

▼過去作のレビュー▼

スポンサーリンク

シェアする