スポンサーリンク

(5) 完走 – Ghost Recon Wildlands

Ghost Recon Wildlands プレイ日記一覧

  1. 敵を順番に撃ち抜く
  2. 最高難易度でプレイ中
  3. うんざりだ
  4. 同じことの繰り返し
  5. 完走

これはエイプリルフールネタではないよ。

カルテルのリーダーを2人以上排除したので、ボスであるエル・スエーニョと対決できることになった。当初は全てのリーダーを排除した上で、彼と対決するつもりだったのだが、そうした意欲を削ぐことが立て続けに起き、さっさとケリと付けることにしたわけ。

今作はマルチエンディングを採用している。リーダーを全員排除すればハッピーエンド、2人以上排除ならバッドエンドを向えることになるようで、私は後者のエンディングを迎えたのだが、確かに後味が悪い。

何十時間も投資してこのエンディングはアレなので、今後もハッピーエンドを目指して地道に遊んでいくことに決めた。

この記事の冒頭で、「そうした意欲を削ぐことが立て続けに起き」と書いたが、それについても書いておく。今作ははっきり言って「納得できないリスタートが多い」。

例えば、「地対空ミサイル」。ヘリで目の前の山を越えようとした時に、山肌に設置された「地対空ミサイル」に捕捉され、山を超えている最中なので高度を下げる訳にも行かない中で撃墜された時は、そっとゲームを閉じた。これ以外にも、サイドミッションで飛行機を操縦している時に撃墜されたこともあった。

画面上には高度計はなく、ミニマップにも「地対空ミサイル」の位置は表示されない。Rockstar Gamesの『Grand Theft Auto V』や、同じくUbisoftの『Watch Dogs 2』と比べると、この辺りの配慮が全く足りていない。

あと、建物内にドローンを飛ばして、会合の様子を録音するミッションでも変なことが起きた。一見すると、建物内への潜入ルートが複数用意されているのだが、実際は決められた場所から潜入しないと録音がなかなか開始されないのだ。

これのおかげで、何度もやり直すはめになった。これら以外にも岩場でスタックしてやり直すことになったりと、「納得できないリスタート」が割りとある。

確かに面白い瞬間はあるのだが、思い返すと愚痴ばかり出て来るゲームだった。

スポンサーリンク
関連記事


シェアする