【評価/感想】『メトロ ラストライト リダックス』レビュー/前作よりも多彩な続編

4.0
シューティングゲーム
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Metro Last Light Redux
対応機種PC,PS4,Xbox One
プレイ/クリア時間10時間~
備考日本語化Mod

👍Good

  • 重厚なストーリー・濃密な演出
  • 前作よりも多彩なゲームプレイ

👎Bad

  • 時おり、おバカなAI
created by Rinker
スパイク・チュンソフト
¥4,613(2019/12/11 03:46:51時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

紹介

どんなゲーム?/メトロとは?

主に「地下鉄」を舞台にした異色のシューティングゲーム(FPS)。

核戦争によって地上は放射能に汚染され、それによって生まれたミュータントが生息する地獄と化してしまい、人々は地下鉄の駅での生活を余儀なくされる。

そして、各「駅」はそれぞれが国としての役割を担うようになり、以前と変わらない政治ゲームを繰り広げられることに。

プレイヤーは、そんな人々の思惑が激突する地下と、危険なミュータントが闊歩する地上を冒険する。

なお、FPSとしては─

  • 一本道的なゲーム進行
  • 濃密な演出
  • セミ・リアルなゲームプレイ

などが特徴として挙げられる。

前作との深い繋がり

基本的に、ストーリー面は前作『メトロ 2033 リダックス』とセット。

前作を遊んでいることを前提にストーリーは進んでいくので、最低でも各勢力の立ち位置や【ダークワン】については知っておいた方が良い。

なお、ゲーム自体は前作とほとんど変わらない。

原作や過去作との繋がりは?

原作小説を含めた解説は【メトロシリーズを最新作「エクソダス」までに総復習】を読んで欲しい。

メトロシリーズのオススメは?ストーリーは?/「エクソダス」までに総復習。
メトロシリーズのオススメは?ストーリーは?/この記事ではメトロシリーズを総復習。
created by Rinker
スパイク・チュンソフト
¥4,613(2019/12/11 23:51:05時点 Amazon調べ-詳細)

メトロ ラストライトのストーリー

前作のラストで【ダークワン】を殲滅したアルチョム一行。

しかし、【ダークワン】の脅威は完全に去ったわけではなく、アルチョムは再び、地下鉄を救うべく危険な旅に出る。

スポンサーリンク

評価/前作との違い

この記事では、”今作だけの要素”に絞って書いていく。

基本的に、ベース部分は『メトロ2033 リダックス』とほとんど変わらないので、ゲームプレイについては前作のレビューを読んで欲しい。

created by Rinker
スパイク・チュンソフト
¥4,613(2019/12/11 03:46:51時点 Amazon調べ-詳細)

前作よりも多種多様

各ミッションにおける多様性という点では今作に軍配が上がる。

今作では、日中の地上世界や真夜中の湿地帯を探索するチャプターが用意されているので、”地下を舞台にしたミッションが大半だった”前作『メトロ2033 リダックス』よりも多様性に満ちた内容になっている。

新たなミュータントも

新たなエリアには新たなミュータントが生息している。

ボス級ミュータントも多数追加されており、前作で感じた”ボス戦の少なさ”に起因する物足りなさが解消している。

なお、ボス戦は「とにかく銃弾を撃ち込め!」というオールドスクールな作りになっており、FPSに求めるものをきちんと出してくれる。

created by Rinker
スパイク・チュンソフト
¥4,613(2019/12/11 03:46:51時点 Amazon調べ-詳細)

対人戦に重きが置かれている

前作『メトロ2033 リダックス』よりも、人間を相手にした場面が多い印象。

プレイ感覚については前作のレビューを引用する。

基本的に対人戦はステルスベース。

難易度によっては、弾薬を温存したり、戦闘前に敵の頭数を減らすことが重要になってくるので、(FPSにしては)ステルスプレイがマトモに機能している点は嬉しい。

対人戦はステルスベース
=>FPSにしてはステルスプレイはきちんと機能する
当然、間髪入れずに敵兵を銃撃することも可能。

肝心の敵兵(AI)はそこそこ賢く、銃弾を避ける動作をしたり、積極的にカバーを利用してプレイヤーを詰めて来るので白熱した撃ち合いが楽しめる。

敵兵(AI)が賢く、白熱した撃ち合いが楽しめる
総じて、ゲームプレイ面のクォリティは高い。

引用元 – 【評価/感想】『メトロ 2033 リダックス』レビュー

スポンサーリンク

総評

ダークワンと呼ばれる新人類(?)との遭遇。

前作『メトロ2033 リダックス』の順当な続編。

よって、前作同様に”個性的で、ユニークなFPS”になっており、この手の作品に興味があればプレイして損はないはず。

ただし、ストーリーが”前作の続き”になっている点は注意。

続編>>>【評価/感想】『メトロ エクソダス』レビュー

created by Rinker
スパイク・チュンソフト
¥4,613(2019/12/11 03:46:51時点 Amazon調べ-詳細)

▼関連記事▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シューティングゲーム
カキコム or 管理人をフォローする
カキコム(Kakihey.com)│ゲームレビュー、洋ゲーやPCゲームの話題を発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました