【評価/感想】ダイイング ライト/Dying Light【批評/レビュー】

サバイバル/ホラーゲーム
スポンサーリンク

原題Dying Light
対応機種PC,PS4,Xbox One
発売日2015年1月27日
開発元Techland
備考公式サイト

Dead Islandシリーズで知られるTechlandの一作。
プレイヤーはクレインを操作して、世界から隔離されたゾンビ世界でサバイバルしながら任務を遂行していく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今作だけの3点

パルクールは「革命」

パルクールを主体にしたアクションゲーム。

パルクールの導入は英断だったと言わざるを得ない。
実質的な前作とも言える『デッドアイランド』から多くのものを流用しながらも、パルクールの導入によって“ひっきりなしにゾンビの相手をさせられる”グダグダ感を見事に解消しており、非常にスマートな作品に仕上げている。

例えば『デッドアイランド』ではゾンビを避ける手段が限られていたので、進行ルート上のゾンビとダラダラと戦い続けるテンポの悪さが生じていたのだが、本作の場合はパルクールを駆使することで、”ゾンビに触れることなく”目的地まで直行できるのだ。

戦いたい時は地上を進み、そうでない時はパルクールで移動する。
本作ではゾンビと常に戯れたいプレイヤーと、一定の距離を保ちたいプレイヤーの双方が納得できるゲームプレイを実現している。

プレイの密度を高める「昼夜」の存在

ゾンビは夜になると凶暴化する。

昼夜でゲーム内容が一変する。
日中は比較的ヌルく、中盤に差し掛かる頃には”落下死以外で死亡するのは稀”というレベルだが、夜になると執拗にプレイヤーを追い回すボラタイルやナイトハンターが出現し、周囲のリアルな暗さと相まって難易度は釣り上がる(※夜は経験値が倍増)。

そしてその分だけ、プレイの密度は高まる。
すでに述べた通り、夜の単独行動は非常にリスクが高いので、必然的にエリアの探索や物資調達は日中に済ますことが多くなるのだが、その際は“いかに限られた時間でタスクを消化するか”を意識させられるので、自然とダラダラと遊ぶ時間が減り、プレイの密度は濃くなる。

ビデオゲームにおいて、昼夜のサイクルは何も珍しくない。
しかし、本作の場合は単に画面の変化で済ますのではなく、しっかりとプレイに落とし込んでいる点が見所であり、昼夜の存在はゲームに緩急を付けてくれる良いアイデアだ。

画的にもアリ

危険な夜のスラム街を駆け抜ける様子は、まるでゾンビ映画のスリリングなワンシーンそのもの。

当たりの多いサイドミッション

サイドミッションは小話が面白い。

全てとは言わないが、当たりのサイドミッションが多い。
プレイ自体は反復的な内容が目立つが、”良くも悪くも予想外の結末を迎える”お話として面白いもの”が多く、サイドミッションの満足度は高い。

永続的な決断も

サイドミッションを完遂した/しないは、演出やセリフに反映される。
本作はマルチエンディングではないものの、こうした”永続性”はゲームへ介入する場面を作り、サイドミッションをプレイする動機を生んでいる。

スポンサーリンク

欠点は”あえて言えば”無個性

ゾンビと戯れるのは楽しい。

個性的、革新的な作品とは言い難いが、どの要素も整理整頓されている。
各要素はデッドアイランドやミラーズエッジを中心とした”数多くの作品から拝借したアイデア”が目立ち、『ファークライ3』的な拠点制圧や電波塔の開放、『フォールアウト4』的なクラフトやロックピックさえも存在するが、お互いが喧嘩せずに絡み合っている。

そしてプレイ感覚は非常に優れている
まず、パルクールはレスポンスがよく、近接攻撃やシューティングも一定の質が確保されており、本作でも、タマヒュンするほどの高所を駆け回り、返り血を浴びながらナタでゾンビを切り裂いていくのは爽快だし、ショット・ガンで脳天を撃ち抜くのも楽しい。
また、ジャストコーズ的なワイヤーアクションもアリ。

非常に洗練された中身だが、その一方で驚くほど無個性。
“あえて”欠点を挙げれば、この部分になるが本作はそれらが綺麗に統合されており、ネガティブな印象は受けない。

以前、『Dead Space』が既存のアイデアの寄せ集めで成功を収めたが、それのデジャブに近い。

フォールアウト4 レビュー
※ゾンビやクリーチャーも登場するオープンワールド系RPG
スポンサーリンク

総評

宿敵のライズ。残忍だが、カリスマ性が感じられないのは残念。
宿敵のライズ(左)。ただし、彼にはニーガン(*ウォーキング・デッド)ほどのカリスマ性はない。

非常に洗練された一作であり、プレイヤーのゾンビ愛を一身に受け止めてくれる。
予定調和的なストーリーや、感情の変化を読みにくい主人公の描写は玉に瑕だが、それらは些細な欠点であり、重箱の隅をつつく指摘に過ぎない。

必ずプレイすべきサバイバル/ホラーゲームを全て紹介する