【評価/感想】バットマン アーカム・アサイラム【批評/レビュー】

4.5
オープンワールドゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Batman Arkham Asylum
機種PC,PS3,Xbox 360
※リマスター版PS4,Xbox One
プレイ/クリア時間20時間~
カキヘイ
カキヘイ

傑作のアクションゲーム。
バットマンのゲームとしても、純粋にアクションゲームとしても質の高い一作になっている。

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥8,300(2019/10/14 13:44:02時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

紹介

どんなゲーム?

「バットマン」を主人公にしたアクションゲーム。

続編『バットマン アーカム・シティ』以降の作品とは異なり、本作はオープンワールドゲームではなく、「アーカム病院」という箱庭を舞台にしたゲームである。

ゲームとしては、後述する【フリーフローコンバット】が高く評価されており、簡単な操作で”バットマンらしく”振る舞える爽快な戦闘がウリとなっている。

なお、本作は「バットマン:リターン・トゥ・アーカム」としてリマスター化されている。

他のシリーズ作品との繋がり

各作品の関係性については、別記事「バットマン アーカムシリーズの歩き方」で詳しく解説しているので読んで欲しい。

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥8,300(2019/10/14 13:44:02時点 Amazon調べ-詳細)

アーカム アサイラムのストーリー

凶悪犯罪者らを収容する精神病院「アーカム・アサイラム」。
そこへ、バットマンに捕らえられたジョーカーが連行されて来るのだが、それはジョーカーが仕組んだ計画の一部だった。

まんまとジョーカーに嵌められたバットマンは、混乱の精神病院の中で孤軍奮闘する。
バットマンはジョーカーの「パーティー」を阻止することが出来るのだろうか?

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥8,300(2019/10/14 13:44:02時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

評価

【Pros】爽快感溢れる”フリーフローコンバット”

シリーズの代名詞【フリーフローコンバット(Freeflow Combat)】。

後に多くのフォロワーを生んだことからも分かるように、本作の時点ですでに完成度の高いものになっており、“バットマンさながらのアクション”が簡単な操作で次々と繰り出せる。

  • Y/Xボタンのみで完結するシンプルな操作性
  • 流れるようなアニメーション
  • 爽快なフィニッシュムーブ

これらによって本作の戦闘はどの瞬間も外れがなく、何度プレイしても飽きない。

コンボは良い意味での複雑化を持ち込む

一方で”簡単すぎないゲームバランス”も秀逸。

すでに述べた通り、【フリーフローコンバット】はその手軽さが最大の魅力だが、対してコンボの成立はシビアに判定されるので、”攻撃を繋げて大技を発動したい”場合には一気に格闘戦の難易度が上昇する。

カキヘイ
カキヘイ

コンボを発動すると”よりカッコいいバットマン”が見られる

コンボを意識した途端に

  • 敵の死角を突く立ち回り
  • 的確なカウンター攻撃

の重要性が増す。
そして、コンボの発動も”通常攻撃とは異なるボタン”の同時押しになっている。

【フリーフローコンバット】は、その”誰でもバットマンを演じられる”ハードルの低さが魅力的だが、同時にシビアなコンボを用意することで、「ヌルイのは勘弁」と感じるコアなアクションゲームファンにも訴求できる格闘戦を作り上げることに成功している。

この辺りのバランス感覚も含めて素晴らしい。

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥8,300(2019/10/14 13:44:02時点 Amazon調べ-詳細)

【Pros】硬派なステルスパート

実は本作はステルス系アクションゲーム。

大半の戦闘は”発見されていない”状態から始まるし、プレイ時間の約半分はステルスパートに割かれていたりする。

そして、そのステルスゲームは実にユニークな作り。

一般的にステルスゲームと言えば”敵に察知されない”ことが重要だが、本作では”相手に存在を知らしめた”上でのステルスプレイが基本となり、ステルス状態を維持することが難しい。

具体的には、倒した敵の悲鳴が他の敵を警戒させたり、敵の首に取り付けられた【スーサイド カラー】が他の仲間に異常を知らせたりする。

  • 発見された上でステルスプレイする
  • ステルス状態を維持することが難しい

なので、ステルスパートでは敵の行動パターンを読んで倒していく順番を決め、ガジェットや技を使い分けて敵を静かに倒していかないといけない。

ゴリ押しは出来ない

なお、ステルスパートに登場する敵は全員武装している。

そして、バットマンは

  • 基本的に敵の銃弾に対して無力
    ※煙幕で逃げることしかできない
  • 銃弾を浴びると死亡する

という弱点を持っているので、ゴリ押しはできない。

この“的に察知された状態でのステルス”はユニークで、かつ【フリーフローコンバット】と合わせてゲームプレイに緩急を付ける存在になっており、【ダークナイト】に恐れおののく敵を尻目にお片付けしていくのは面白い。

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥8,300(2019/10/14 13:44:02時点 Amazon調べ-詳細)

【Pros】秀逸なミッション構成

プレイヤーを飽きさせない工夫が嬉しい。
基本的には、「探索→捜査→戦闘」の繰り返しなのだが、新たなガジェットを登場させたり、敵の種類を増やすなどして毎回味を変えてくるので、ゲームの新鮮味が最後まで持続する。

途中で息切れするゲームは多いが、本作に関してはその心配はない。

世界観も

バットマンを知らない人には丁寧な解説を用意し、知っている人には”だからこそ分かる”演出を用意するなど、ゲーム世界の作り込みには感心する。

キャラクター名鑑やオーディオログは、各キャラクターの人物像を掘り下げる。また、リドル(収集物)では、コアなバットマンファン向けに難解なクイズを出題する一方で、バットマン世界とゲーム世界を見事にリンクさせている。

これら開発陣のバットマン愛が溢れる演出にも感心する。

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥8,300(2019/10/14 13:44:02時点 Amazon調べ-詳細)

【Cons(欠点)】一部の難易度の偏り

本当に些細な欠点だ。

  • 極稀にリンチされることがある
  • 画面固定のボス戦は、思うように操作が出来ない

これを除けば、特に欠点らしいものは見当たらない。

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥8,300(2019/10/14 13:44:02時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

総評

今なお色褪せていないアクションゲームの傑作。

今後発売される版権ゲームの水準を一気に押し上げる内容になっており、”原作頼りのタイアップ企画としての”薄いゲームの居場所を奪い去ってしまった。

また、純粋にアクションゲームとしても質が高く、少しでも興味が湧けばプレイして損のない一作である。

続編>>>バットマン アーカム・シティ レビュー

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥8,300(2019/10/14 13:44:02時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オープンワールドゲーム
カキコム or 管理人をフォローする
Kakihey.com(カキコム)│ゲームレビュー、ニュースやMod情報などを発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました