【評価/感想】アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団【批評/レビュー】

ゲームレビュー

『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』の続編。
現在は『アンチャーテッド コレクション』としてリマスター版がPS4向けに販売中。

【短評】
圧倒的に向上した表現力が魅力。
また、前作以上に手に汗握るシーンは多く、最初から最後までクライマックス状態。

▼ストーリー▼

▼関連記事▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【評価】プレイの幅が広がる

今作では、ステルスプレイがフィーチャーされている。
一応、前作でも一部エリアではステルスプレイ自体は可能だったのだが、今作は敵に察知されていない時から始まるミッションが多く、いかに敵の頭数を減らしていくかが、重要なポイントになっている。

また、一部ではあるが敵に発見される、されないで展開が少し変化する時もある。
例えば、隠密状態を維持したままそのエリアを制圧すると、敵の増援が来ず楽に次へと進めることがあり、一本調子の作品において数少ない「変化」を生んでいる。

さらに、前作以上に意識させられる”縦横を駆使した”戦いも面白い。
正面から撃ち合うのではなく、主人公ネイサンの身体能力を最大限に活用して、敵の頭上や背後からゲリラ的に戦うのは面白く、前作をベースにしつつも着実な進歩が見られる。

スポンサーリンク

欠点、全体的に荒削り

その一方で、ゲームプレイ面は依然として粗削り。
プレイヤーを一つの場所に留まらせない工夫なのは分かるが、相変わらず敵のグレネードが正確過ぎるレベルで、それを回避するために遮蔽物を出たところを蜂の巣にされることが多い。

また、後半はRPG持ち、狙撃手(一撃死)や重装兵が頻繁に登場するのだが、これらは”とにかく数で押して難易度を調整する”という意図が感じられ、なかなかの理不尽さである。

さらにプレイヤーを誘導することが下手であったり、初見殺しとも取れる場面も多々ある。

スポンサーリンク

総評

前作『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』の順当進化版。
グラフィックは格段に向上しており、それに合わせて表現力/演出も進化。今作ではプレイヤーが実際に歩き、触れることに重きが置かれた非戦闘パートが用意されており、ゲーム世界への没入感も高い。

ただ、”今からリマスター版をプレイする”場合はある程度の忍耐力が必要になる。