スポンサーリンク

【評価/レビュー】アンチャーテッド 古代神の秘宝【批評/感想】

ゲームレビュー
原題Uncharted: The Lost Legacy
発売日2017年8月22日
開発元Naughty Dog
備考公式サイト

クロエ・フレイザーを主人公にしたアンチャーテッド。
クロエ以外にも、本編『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』に登場したナディーンやサムが登場するなど、”ネイトが抜けた”後のアンチャーテッドを描く、「新章」とも言える一作。

余談だが、時系列的には『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の後になる。

▼ストーリー▼

▼関連記事▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

評価できる2点

シリーズの良さを凝縮した1本

これまでのアンチャーテッド同様に、リニアな展開は白熱している。『アンチャーテッド 古代神の秘宝』より。

一切の無駄がなく、最初から最後まで”アンチャーテッドしている”。
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』以上に手が込んだ演出とド派手なシーンが盛り込まれており、『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』のオマージュと思われる暴走列車のチャプターも素晴らしい出来栄え。

また、プレイ面も『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』並に完成度が高い。
元々は『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』向けの大型DLCだった性質上、共通点が多く、ワイヤー アクションによる高低差を意識した戦闘、アクションとステルスの融合やシューティングの感覚は本編並に優れており、総じて完成度は高い。

ナディーンは優秀

本編よりも進化した点は、仲間との連携プレイ。
特にステルスプレイ時の行動が積極的になっている印象を受け、非常に頼もしい存在になっている。また、戦闘時では「ある程度は任せても大丈夫かな」と感じることが多くなっており、確実に進化している。

スポンサーリンク

欠点

オープンワールド化

今回もワイドリニアのマップが登場する。これは一長一短。『アンチャーテッド 古代神の秘宝』より。

今作も、一部チャプターはオープンワールド化されている。
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』同様に「ワイドリニア」が採用されており、そこではある程度自由に探索でき、驚くほど作り込まれた環境をじっくりと楽しめる。

ただ、今回もやはり私には不要に感じられた。
アンチャーテッドの良さは、ゲーム側に身を委ね、ある意味では受動的にストーリーや演出が楽しめる点にあると思っており、能動的な努力を強いる「ワイドリニア」は好きになれない。

それ以外にも、「ワイドリニア」のチャプターはテンポが悪い。
ワイドリニア以外のチャプターはゲーム側のペースで進むのだが、ワイドリニアのチャプターは「進め方」から「先に進むタイミング」までプレイヤー任せになるので、ゲーム側で完全にコントロールしているチャプターと比べると、明らかにテンポが悪くなる。

確かに、ワイドリニア内での「遊び」は増え、マップも広大になっている。
ただ、『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』同様の問題を抱えており、今作の「ワイドリニア」も不要に感じる。

プレイ時間は”短い”

すでに述べた通り、もともと今作は『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の大型DLCとして開発され、後にスタンドアロン(単体)化された経緯があるので、キャンペーン自体はそれほど長くない。

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』は全22チャプターで構成されているが、今作の場合は全9チャプター構成になっており、チャプター数だけを見れば半減している。

ただ、プレイ時間的には1作目『アンチャーテッド エルドラドの秘宝』並であり、短い分だけ密度が高く感じるので、個人的には悪い点とは思わないが。

スポンサーリンク

総評

終盤の「暴走列車」は『アンチャーテッド2』へのオマージュ?。『アンチャーテッド 古代神の秘宝』より。

王道的なアンチャーテッド。
ネイト、エレナやサリーは登場しないが、アンチャーテッドの良さが凝縮された1本になっており、撃ちまくって、ジャンプして、爆発しまくるアドレナリン全開の10時間はファンの心をわしづかみにするはずだ。