【評価・感想】『デッドアイランド リップタイド(ディフィニティブ・コレクション)』レビュー

3.0
ゲームレビュー
ゲームレビュー
この記事は約5分で読めます。
原題Dead Island Riptide Definitive Edition
対応機種PC,Xbox,PS
プレイ時間10時間~

『デッドアイランド リップタイド』は、オープンワールド”ゾンビ”ゲーム。

前作『デッドアイランド』の直接的な続編にあたるが、ほぼ前作のままに新しいマップとストーリーを追加したゲーム内容なので、新作というより大型DLCくらいの規模感になっている。

今回はゾンビで溢れかえるパラナイ島を舞台に、またしてもそんな島から脱出すべく、島内を転々としながらゾンビやギャングと死闘を繰り広げる。

スポンサーリンク

評価

前作と同じだけど、少し違う

今作は、前作『デッドアイランド』のアセットを再利用して作られた続編。

前作経験者であれば、チュートリアルをスキップしても問題なく遊べるし、ゾンビも再登場組が大半なので、前作で得た経験とプレイスキルがそのまま通用する。今作では、前作のキャラを引き継いで遊べるが、それをすると前作との違いがもっと曖昧になる。

ちなみに、難易度は前作経験者を想定している印象で、初っ端から特殊ゾンビが出てきて、遭遇するゾンビの数も多いので、前作よりは難しいかなと感じた。まあ、武器を自作できるようになれば、プレイヤー有利のゲームになるが。

よって、今作は”完全新作ではなく、大型DLC”。

一応、新作として売られたゲームなので、続編らしさが微塵もない部分は欠点ではあるが、一方で”デッドアイランドとしては前作で完成していた”と思っている私としては、前作とほとんど変わらないゆえに、前作と同じくらい楽しめたので、そこまでネガティブに捉えていない。

さて、数少ない新要素についても書いておく。

私が遊んでいて気に入った新要素は”仲間との共闘”。

前作はたった一人でゾンビと戦っていたが、今作では仲間がいる。残念ながら仲間を連れ出して一緒に探索することはできないが、ゾンビが「拠点」を襲撃する防衛戦の際は、仲間たちが加勢してくれる。

※防衛戦はメインクエストの一部として登場する

この”仲間と一緒に戦える”というのは案外面白くて、他の仲間に混じって大勢のゾンビを倒していく共闘感は、戦闘時の気分を盛り上げてくれるし、他の仲間のことを意識して戦うというのも、ソロプレイとはまた違った難しさがあり、擬似的な協力プレイとして楽しめた。

また、仲間の依頼をクリアすることで、仲間や拠点の設備をアップグレードできるのも面白い。多少面倒でも、無視せずクリアしておけば、次の防衛戦では少しラクできるので、コツコツと積み上げていく意味がちゃんとあり、ついつい遊んでしまった。

あと、スキル周りがやや柔軟になっている点も良かった。

前作では、最初に選んだキャラによってスキルを伸ばす方向性が決まってしまったが、今作では、”銃を使えば重火器のスキルが伸びる”というように、後からのプレイスタイルの変更に対応している(他のゲームで言えば、スカイリムみたいな感じ)。私は鈍器使い(サムB)で遊んでいたが、刃物で戦うのが好きだったので、今作のスキル周りは非常に良かった。

全体的にアクション面は、前作をベースに改良がなされており、前作を気に入った私としては、個々の改善点や新要素は納得感があり、その点は着実に進化している。

created by Rinker
スパイク・チュンソフト
¥4,659 (2021/09/17 17:35:08時点 Amazon調べ-詳細)

不満に感じるところ

私がもっとも不満に感じたのは、新たに登場した「浸水エリア」。

二つあるマップの一つは、エリアの少なくない範囲が「浸水エリア」になっている「ジャングル」なのだが、ここはボートで進む「浸水エリア」と、車や徒歩で進む陸地に分かれていて、移動がやけに面倒くさい。

一応、「浸水エリア」は徒歩で移動できるが、当然、水の中を進むと移動速度が落ちるので、結局、ボートがあるところまでわざわざ行き、それに乗ることになる。「ジャングル」でのクエストでは、マップの様々な場所に行かされることもあり、その度にスムーズに移動できないストレスがあった。

あと、「ジャングル」はエリアの使いまわしが目立ち、「あれ、同じエリアに来てしまったか?」と思ったことが何度かあり、なんとも言えないチープさがあった。

ちなみに、二つ目のマップ「市街地」はよく出来ていた。

「浸水エリア」が少なくてスムーズに移動できるし、道はひと目で分かるし、専用エリアもそれなりに多彩だしというように、「ジャングルは一体なんだったのか?」と感じるくらい、よく出来たマップだった。やはり、前作のように”スタミナが許す限り、全速力で移動できる”テンポの良さが、このゲームには合っていると思う。

created by Rinker
スパイク・チュンソフト
¥4,659 (2021/09/17 17:35:08時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

総評

今作は、“大型DLC以上新作未満”の一作。

前作『デッドアイランド』との共通点が非常に多いし、ボリュームも前作の2/3くらいなので、前作の続編として遊ぶと、色々と期待外れに感じるところも多いが、大型DLCと割り切って遊べば、前作に良い追加要素も加わっており、それなりに満足度の高い一作になっている。

正直、ここまで前作との共通点が多いと、「わざわざ遊ぶ意味はあるのか?」とも思うが、一応、B級なりに前作から続くストーリーの”オチ(結末ではない)”が用意されているので、前作が気に入ったのなら遊んでも損はないかなとは思う。

▼関連記事

created by Rinker
スパイク・チュンソフト
¥4,659 (2021/09/17 17:35:08時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました