【評価・感想】『Mafia: The City of Lost Heaven』レビュー/マフィアゲームの金字塔

アクションゲーム
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題Mafia: The City of Lost Heaven
対応機種PC,PS2 etc
プレイ/クリア時間15時間~
ストーリー

禁酒法時代のアメリカ。

タクシー運転手だった主人公・トミーは、ひょんなことからマフィアと接点を持ち、その仲間に加わる。

そして、トミーはドンであるサリエリに命じられ、数々の悪事に手を染めていく。

👍Good

  • ストーリーと演出
  • 実在感あるゲーム世界

👎Bad

  • 全体的に粗削り
スポンサーリンク
この記事の著者
おなまえ

ゲーマー

カキヘイ(@kakihey_jp)

Kakihey

プロフィール

2014年より当ゲームサイトを運営中。
これまでに250本近くのゲームレビューを投稿
最近はYoutubeの方でも動画レビューを公開中…。
プロフィール詳細

紹介

【評価・感想】『Mafia: The City of Lost Heaven(マフィア1)』レビュー

「マフィア」を題材にしたオープンワールドゲーム。

ただし、”オープンワールドゲーム”とは言っても、「グランド・セフト・オート」のように好き勝手できる作風ではなく、その世界での日常を疑似体験するシミュレーター的な作風になっている。

2020年に『マフィア コンプリート・エディション』としてリメイクされた。

関連記事>>>【評価・感想】『マフィア コンプリート・エディション』レビュー

スポンサーリンク

評価

マフィアを擬似体験する

本作はマフィアを題材にしたアクションゲームでもあり、マフィアである主人公の日常そのものをプレイヤーに体験させるシュミレーションゲームでもある。

例えば、車で移動する際は交通ルールをきちんと守り、ガソリンの残量にも気を配らないといけないし、それ以外の時も、まるでその世界の住民のように振る舞わないといけない。

要するに、「ゲームだから」と言って犯罪を大目に見てくれることはないし、何かを省略してくれることもなく、プレイヤーは主人公の日常をそのまま体験する。

プレイヤーは日々の営みを繰り返す中で主人公との距離を縮め、感情移入していく。

そして、各ミッションでは必ずと言っていいほど行きと帰りの移動があり、アジトである”サリエリのバー”から出発し、ひと仕事終え、”サリエリのバー”に帰って来るという部分をしっかりプレイヤーに遊ばせる。

プレイヤーは主人公と同じく、「行き」はこれからやる仕事についてじっくり考え、「帰り」は成功の余韻に浸りながらハンドルを握るわけで、ここでより一層の一体感を得る。

本作では、このように矛盾のないオープンワールドをシュミレーションゲームの場として活用し、そこでの積み重ねを通してプレイヤーを没入させ、骨太なストーリーを真正面からぶつける。

他では滅多に味わえない濃密なゲーム体験が堪能できる一作になっている。

取っ付きにくさ

  • 高難易度
  • 説明不足
  • おバカな仲間

良くも悪くもクラシックな洋ゲー。

チェックポイントの間隔が長い上に、クイックセーブもなく、それなりに忍耐力が必要。

スポンサーリンク

総評

ストーリーや演出は一流、ゲームプレイは二流。

没入感の高いゲーム体験や骨太なストーリーは類似作と比べて出来が突出しており、それらは本作の長所にして唯一無二の点になっている。

しかし、粗削りなゲームプレイは、そうした良さを台無しにしている時が多々あり、せっかくストーリーやゲーム世界に没入していても、その度に現実世界に引き戻されてしまう。

とは言っても、”マフィア”モノのファンなら、絶対に押さえておくべき名作ではある。

▼関連記事▼

初版:2015年3月24日 20:00

アクションゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カキコムをフォローして更新情報を得る
カキコム│主に洋ゲーのレビュー
タイトルとURLをコピーしました