The Witcher 3 – 骨太なボス戦 (4)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウィッチャー3

最初のボス、グリフィンに何度も殺された。どうやら、今作のボス戦も骨太で簡単に攻略するのは難しそうだ。ボスはボスらしく強く、プレイヤーは何度も倒されながら攻撃パターンと動きを覚えて戦うというハードコアなものになっていて、手に汗握るギリギリの戦いが楽しめる。

ちなみに、倒し方はアードと石弓で飛んでいるグリフィンを突き落として斬るだけ。しかし、グリフィンは強力な一撃を持っているので、それを上手く回避して戦う必要があり、ある程度ゲーム慣れしていないと難しいと思う。だが、ボス戦中にチェックポイントがあり、霊薬を調合する時間も設けられているので、過去作のボス戦と比べるとまだ易しい方。

ウィッチャー3▼イェネファー。

今作では戦闘中に霊薬を飲むことが出来るようになった。ゲラルトは霊薬を飲んで自らを強化して戦うのだが、前作では戦闘中に飲むことが出来なかった。そのせいで、急な戦闘では霊薬が飲めずに面倒な思いをしたが、今作では一作目のように戦闘中に霊薬を飲むことが出来るようになり、急な戦闘でも臨機応変に対応することが可能になった。この変更は大きい。

f:id:Kakihey_jp:20150523174904j:plain
最初の村のメインクエストを終えて、ゲラルト一行はヴィジマへ。
ヴィジマは一作目にも登場したテメリアの首都だが、今作ではニルフガードに占領されている。
さて、ここでニルフガード人が事情聴取と称してプレイヤーに”前作で下した決断”を聞いてくる。私は前作のセーブデータを引き継いで遊んでいるので、新規プレイヤーと質問内容が異なるかも知れないが、もし質問内容が同じなら新規プレイヤーは頭が大混乱するはず。「レソ?トリス?」という具合に。
前作をクリアしておいて本当に良かった。

– 物量に圧倒される (5)
– 洗練されたWitcher (3)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする