【ネタバレ】アサシンクリード ユニティのストーリーを紹介/解説/考察。

ゲームストーリーを解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アサシンクリード ユニティ』のストーリーまとめ。

なお、これまでのストーリーは

で紹介している。

アサクリの情報を網羅した公式ガイドブック
スポンサーリンク

ストーリー

【現代編】HELIXを通して過去を調査

アサシンクリードシリーズの用語集
「かつて来たりし者」や「賢者」等の用語を解説

プレイヤーは「HELIX」を通して歴史を追体験する。

「HELIX」とはアニムス技術を転用した開発されたコンシューマ型アニムス。
遂にアニムスは、ゲーム機並に手軽な装置となった。

ジャック・ド・モレーの悲劇

ジャック・ド・モレーは、第23代目テンプル騎士団総長。
彼はフィリップ王に裏切られ、拠点を襲撃される。

ド・モレーは部下に「剣」と「本」の確保を命じるが、混乱に乗じて押し入ったアサシンに奪われてしまう。

その後、ジャック・ド・モレーは拘束され、火あぶりの刑に処される。
彼はフィリップ王に対して「13代先まで呪ってやる!」と口にして絶命するのだった。

そしてテンプル騎士団は公には解散し、ド・モレーは最後の総長となった。

【現代編】HELIXがジャックされる

その最中、ビショップと名乗る女性が接触して来る。
彼女はアブスターゴ・インダストリー、引いてはテンプル騎士団の危険性を説き、プレイヤーにアサシン教団の調査に参加することを求める。

【アブスターゴ・インダストリーの現状】
すでに政府、報道機関やNGOは掌握済み。
現在は歴史の支配、すなわち歴史の修正/改ざんする力を手中に収めんとしている。

なお、アブスターゴ・インダストリーは“以前回収した”賢者の遺体からDNAを採取したことも判明する。

【賢者とは?】
かつて来たりし者のDNAを持つ特殊な人間。

アルノの父が暗殺される

1776年、パリ。
アルノは父シャルルと共にベルサイユ宮殿を訪れており、そこで父親が暗殺される。

その後、ベルサイユ宮殿で出会った同い年のエリスの父親に引き取られ、育てられる。

なお、シャルルを暗殺したのはシェイ・コーマック。
彼は『アサシンクリード ローグ』の主人公であり、この出来事は同作のエピローグで描かれる。

育ての親デ・ラ・セールが殺害される

父親の暗殺から13年が経過した1789年。

アルノはエリスに釣られて舞踏会に参加する。
そこでエリスの父であり、アルノの育ての親でもあるフランソワ・デ・ラ・セールの殺害を目撃する。

そして、アルノはフランソワ殺しの犯人として逮捕される。
彼はバスティーユ牢獄に収監されてしまう。

バスティーユ牢獄でアサシンに出会う

アルノはバスティーユ牢獄でピエール・ベレックと出会う。
そこで初めて自身が【鷹の目】が使えることを知る。

【鷹の目】
透視などの能力

それを見たピエールはアルノをアサシンの血を引く者だと確信。
さらに、”アルノが持っていた”シャルルの時計を見たことで、アルノがシャルルの息子であることも知る。
なお、ピエールはアルノの父シャルルとは友人だった。

その後、ピエールはアルノに父シャルルがアサシンだったことを明かす。
続けてアサシン教団への入信を勧めるのだった。

その後、アルノとピエールは混乱に乗じて脱獄する。

エリスと再会

アルノは脱獄したその足でエリスの下へ。
彼はエリスに弁明する。

そこでエリスは”実父デ・ラ・セールがテンプル騎士団”であることを明かし、先の悲劇は「必然だった」と話す。

そして、エリスは必ず復讐を果たすとアルノに話すのだった。

アルノはアサシン教団に入信する

アルノは”全てを正す”ためにアサシン教団の門をたたく。
実父シャルルと養父デ・ラ・セールが暗殺された過去を精算するつもりだった。

そして【鷹の道】という試練を経て、アルノはアサシンとなる。

【現代編】アサシン教団に入信する

ビショップはあるビデオ映像を紹介する。
これには極秘情報が含まれており、再生は=アサシン教団への入信を意味していた。

いち視聴者/利用者に過ぎなかったプレイヤーは、これを再生したことでアサシン教団の一員となる。

フェニックス・プロジェクトとは?

ビデオには【フェニックス】と呼ばれるプロジェクトの概要が収録されていた。
このプロジェクトは、【賢者】から採取できる【先駆者のDNA】をもとに世界を書き換えることを目的としていた。

ビショップは、現在アブスターゴが血眼になって【賢者】を捜索していると話す。
そして、アブスターゴが【賢者】を発見すればするほど、彼らの目的達成が現実味を帯びて来ると警告した。

また、ビショップは”どこかの時点でアルノは【賢者】と接触している”と明かし、アブスターゴよりも先にそれを発見することが重要だと力説した。

シヴェーリを暗殺する

アルノは、デ・ラ・セール暗殺の現場で目撃したシヴェールを暗殺する。
そして、”物乞いの王と呼ばれる”ル・ロワ・デ・テュンヌも暗殺に関与したという情報を得る。

シヴェールの動機

シヴェールはパリに眠る【宝物庫】を狙っていた。

物乞いの王を暗殺する

アルノは【奇跡の庭】にて、テンプル騎士団のラ・トゥーシュを捕らえる。
そして”物乞いの王”ことル・ロワ・デ・テュンヌの居場所を突き止める。

地下墓地にて、アルノはル・ロワ・デ・テュンヌを暗殺する。

その後、アルノはデ・ラ・セール暗殺に用いられた道具を入手する。
さらにこれを製作できる銀細工師は街に一人であることが判明し、彼の下へと向かう。

ル・ロワ・デ・テュンヌの動機

デ・ラ・セール暗殺事件の前、【物乞いの王】はテンプル騎士団に協力を申し出る。
当時、テンプル騎士団の支部長だったデ・ラ・セールはそれを一蹴したことで、【物乞いの王】の恨みを買う。

シヴェールは、デ・ラ・セールを恨む【物乞いの王】を利用して暗殺計画に参加させた。
また、シュベールは彼が”支部長”と呼ぶ黒幕の指示で動いていたことも判明する。

銀細工師と対面

銀細工師はラフレニエールと名乗る男の依頼で道具を製作したと話した。
そしてラフレニエールの素性を調べていた際に、初めて彼がテンプル騎士団であることが分かったという。

その後、銀細工師はアルノにラフレニエールの居場所を話す。

ラフレニエールを暗殺する

アルノはラフレニエールを暗殺する。

ラフレニエールの動機

デ・ラ・セールが結んだアサシン教団との停戦に反対していた。
ただ、ラフレニエールはデ・ラ・セールに内部の裏切りを警告する手紙を書いており、どの程度陰謀に関与したのか疑問が残った。

エリスと再会

エリス襲撃の情報を得たアルノは彼女の下へ。
無事にエリスを救い、彼女共に襲撃してきたテンプル騎士団と戦う。

なお、エリスも父デ・ラ・セールの殺害犯を追っていた。
ラフレニエールと会って情報を得るつもりだったが、黒幕は影で動き回るエリスを邪魔に思って始末しようとした。

アルノとエリスは同盟を組む

アルノはエリスをアサシン教団へと連れていく。
そして、エリスが真相を究明するまでアサシン教団が協力することを求める。

支部長ミラボーは、テンプル騎士団の元支部長の娘を無下に扱えないとして、検討することを約束するが、他のアサシンたちは猛反対する。

なお、アルノとエリスは個人としても同盟を組むことにした。

黒幕の正体

アルノとエリスは、入手した書類から銀細工師のジェルマンが黒幕であることを突き止める。
そして、陰謀に関与するルイユと呼ばれる男の情報を得る。

ミラボーの死

アサシン教団の支部長ミラボーが毒殺される。
偶然、現場にエリスが居合わせており、アルノは彼女の無実を証明するために奔走する。

まず、アルノはミラボー毒殺に使われた凶器を調査する。
そして毒を販売する商人を見つけ出し、彼を尋問。彼から”頭巾の男”という情報を得る。

さらに、アルノは商人と”頭巾の男”の待ち合わせ場所も聞き出す。
エリスと共にその場所へと急行する。

ミラボー殺しの犯人

アルノはミラボー殺しの犯人を見つける。
犯人はアルノのアサシン教団へと導いたピエール・ベレックだった。

ピエールは、テンプル騎士団との停戦を模索するミラボーを排除したかった。また、こうした行動が教団を一層強くすると力説し、テンプル騎士団との停戦に尽力したミラボーを「裏切り」だと断罪した。

ピエールはアルノに協力を求める。
しかし、アルノはそれを拒否し、戦闘へと発展する。

結果的にアルノはピエールを暗殺するのだった。

ナポレオンと対面

アルノは、アサシン教団より【国王の手紙】の入手を命令される。
生前ミラボーは国王と接触しており、革命に揺れる今それが公になることを教団は恐れた。

アルノは宮殿に潜入する。
そこで偶然にもナポレオンと対面。彼自身も宮殿で”あるもの”を探しており、アルノとともに部屋を捜索する。

ナポレオンはお目当ての品を、アルノは手紙を回収する。

ナポレオンはおそらく”エデンのかけら”を手に入れた

ルイユの情報を得る

アルノはナポレオンに依頼し、ルイユの居場所を特定した。

ルイユを暗殺

アルノはグラン・シャトレ牢獄にてルイユを暗殺。

ルイユの動機

以前、ルイユはミラボーの演説に感銘を受ける。
そして、ミラボーに握手を求めるも拒否されてしまい、彼に反感を抱く。

そこへ、ジェルマンが歩み寄り自身の計画に誘い込んだのだった。

ルイユ暗殺の過程で、マリーと名乗る女の情報も得る。

マリー・レベスクを暗殺する

“穀物を買い占めて街を混乱に陥れる”計画を主導しているマリーを捜索する。
そして、彼女の居場所を示す手紙を入手する。

アルノはリュクサンブール宮殿にてマリーを発見する。
彼女は宮殿に食物を保管し、市民に”王族が食べ物を独占している”と誤解させて街を大混乱に陥れるつもりでいた。

無事、アルノはマリーを暗殺する。

マリーの動機

ジェルマンはテンプル騎士団の規律を破り、追放された。
彼に協力したマリー自身も追放される。

その後、ジェルマンがマリーの下を訪れて協力を要請。
マリーもそれに答えたのだった。

なお、アルノはこれまた陰謀に関与するルペルティエの存在を知る。

ルペルティエを暗殺する

サド侯爵と会い、ルイ=ミシェル・ルペルティエの情報を得る。
そして、アルノは食事中のルイを暗殺する。

ルイの動機

ルイはジェルマンの思想に共感した。
そして、代議士という立場を利用して国王の処刑を実現した。

全ては国王を排除し、ジェルマンをその座に付けるために。

ジェルマンと対面

国王の処刑現場にてジェルマンと対面する。
王冠と教会を消し去り、テンプル騎士団が未来を作ると力説する。

ただ、アルノはジェルマンを取り逃がしてしまう。
エリスはこれに憤慨し、アルノ抜きでもジェルマンを倒すと話して喧嘩別れする。

アルノは教団を除名される

アルノは、ジェルマン捜索の過程で数々の掟を破っていた。
その結果、アサシン教団はアルノを除名する。彼は階級と肩書きを奪われ、パリ支部から追放されてしまう。

荒れる

教団を除名されたアルノの生活は荒れる。
しかし、パリの惨事を目撃したこと、過去のトラウマが甦ったことで再びジェルマンを追う決心が付く。

そして、エリスもアルノのもとに戻って来る。

ラ・トゥーシュを暗殺する

パリの広場にて、処刑を担当していたラ・トゥーシュを暗殺する。

ラ・トゥーシュの動機

ラ・トゥーシュは国王の収税官だった。
彼は国王の金庫から不正に金が引き出されていることを見つけ、上司に報告するが逆にラ・トゥーシュのミスとして処理され、職を解かれてしまう。

その後、物乞いの王が接触。
ラ・トゥーシュも陰謀の一旦を担うことになった。

ジェルマンは彼の国王への恨みを利用した。
ラ・トゥーシュは計画の妨げとなる政府要人の暗殺を請け負っていた。

そして、代議士であるロベスピエールという男の存在を知る。

ロベスピエールを捜索

アルノらはロベスピエールのリストを入手する。
それにはロベスピエールが始末したいライバル議員の名が記されており、彼を失脚させるには十分な証拠だった。

ロベスピエールのリストが公になり、彼は失脚。
ジェルマンにとって彼は不要な人間となり、市民からも見放されたので孤立無援に。

その機に乗じてアルノはロベスピエールとの接触を試みるが、彼は失脚だけではなく、逮捕までされてしまい、リュクサンブールの監獄に囚われてしまった。

だが、アルノらは処刑される前にロベスピエールを救出。
彼からジェルマンはタンブル塔に居ると聞き出す。

ジェルマンを暗殺する

【タンプル塔】にてジェルマンと対面。
ジェルマンは”剣(エデンのかけら)”を手に襲いかかって来る。

その後、モレーの【宝物庫】にてジェルマンと対決。
アルノは、そこで遂に養父デ・ラ・セールの仇を取ることに成功する。

だが、その過程でエリスは”エデンのかけら”の力によって命を落としてしまうのだった。

ジェルマンの動機

ジェルマンはド・モレーの【本】を手にした際に、それの力に魅了された。
実は彼は【賢者】の一人であり、これを機にド・モレー支部長との繋がりを感じ、腐敗したテンプル騎士団の人間を粛清し、混沌とした世界を統治する使命に燃えたのだった。

【現代編】エピローグ

数年後、アルノはナポレオンと共にモレーの【宝物庫】を訪れる。
そこで朽ち果てたジェルマンの亡骸を目にする。

そして、ビショップは調査完了を告げる。
アルノが発見した時点ですでにジェルマンは白骨化しており、いくらアブスターゴでも今の状態から【先駆者のDNA】を採取することは困難だと判断したのだった。

これにて今作のストーリーは終了する。

スポンサーリンク

まとめ

今作では、現代編/過去編ともに新たなストーリーが展開された。
ゆえにアサクリシリーズの中でも特に新規ユーザーに易しい展開になっており、初めてのアサクリに最適な一本と言える。

ただ、レビューにも書いている通り、プレイ面は非常に粗削り
さらに難易度はこれまで以上に高く、安易にオススメできない点が玉に瑕である。

次の記事>>>【ネタバレ】アサシンクリード シンジケートのストーリーを紹介/解説/考察。

アサクリの情報を網羅した公式ガイドブック
アサシンクリードシリーズのストーリーまとめ
1作目~映画版のストーリーまで網羅!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲームストーリーを解説
カキコム or 管理人をフォローする
Kakihey.com(カキコム)│ゲームレビュー、ニュースやMod情報などを発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました