【評価/レビュー】オブザーバー(>observer_)【批評/感想】

インディーゲーム
スポンサーリンク

開発元Bloober Team
ハードSteam, PlayStation 4, Xbox One

『Layers of Fear』のBloober Teamが送る、サイバーパンク系アドベンチャーゲーム。

【短評】
サイバーパンク感溢れる舞台は最大の魅力。
ユニークな住民たちとの会話や、好奇心を刺激するパズルなど、少数精鋭スタジオが送る良質なアドベンチャーゲームになっている。

▼ストーリー▼

時は2084年。あなたはハッキングして容疑者の脳に入り込むことを使命とする 「オブザーバー」の一員で、神経病理学に詳しい精鋭刑事ダニエル・ラザルスキ。

「オブザーバー」は企業の資金提供を受けた警察の一部隊である。

有力企業カイロン社のハイレベルな技術者である、疎遠になっていた息子からの謎のメッセージを受信すると、あなたは調査のためにクラクフの怪しげなスラム街に潜入する。

そして証拠収集のためにハッキングして犯罪者やその犠牲者の脳に入り込む時、彼らの最たる恐怖を追体験しなければならない。あなたはどこまで真実を追い求めるか?

引用元 – Steam

スポンサーリンク
スポンサーリンク

評価できる2点

サイバーパンク感に溢れるゲーム世界

サイバーパンク感溢れる車内。ブレードランナー的な近未来空間が魅力的である。

私の大好きな映画に『ブレードランナー』がある。
この映画は、酸性雨が降りしきり荒廃してしまったロサンゼルスを舞台に、主人公リック・デッカードと精巧な人間型ロボットたちとの対決を描く作品なのだが、私はとにかくこの映画のストーリーもビジュアルも大好きだ。

そんな私にとって、『ブレードランナー』にて強烈なインパクトを残した俳優Rutger Hauerが主人公を演じている点と、その映画を連想させるオープニングの存在だけで「合格」なのだが、それ以外のビジュアルも優れており、舞台となる荒廃したアパートはSci-Fiファンの心を掴むには十分な仕上がりである。

想像力を掻き立てる演出

肉体は死んだが、脳内だけはネット接続された女性。

本作は探索とパズルが8:2位の割合になっており、いわゆるウォーキング・シミュレーター。
基本的にアクション要素はなく、エリアを隈なく探索してストーリーを進めていくタイプの作品だ。

この手の作品は、とにかく「探索」に興味を持てるかが重要である。
その点、本作は巨大電光掲示板に投射される不気味なCMや、スラム街の向こう側に見える高層ビルなど、SF映画で見る”あの世界”が忠実に再現されており、SFファンの探索欲を刺激してくれる。

丹念に作り込まれた舞台以外にも、プレイヤーの想像力を掻き立てる(=考察が捗る)住民との会話や、ゲーム世界を深掘りする文章コンテンツが多数用意されており、”素通りは勿体ない”と感じるほどの世界が構築されているので、歩くだけなのに退屈しない。

欲を言えば…

もう1つ2つ別のエリアが欲しかったのは本音。
少数精鋭のインディースタジオに求めるのは酷かも知れないが、広い世界の存在を予感させるオープニングとは対照的に、舞台となるのは荒れた狭い一棟のアパートになっており、目の前のフェンスを飛び越えてもっと深くに潜りたい。

スポンサーリンク

欠点

一部の猟奇的な演出

精神世界は独特すぎる。

ストーリーのカギとなる脳内世界はややクドい。
強烈な視覚効果と音響効果で魅せる演出によって、本作独特の世界観が構築されている面はあるのだが、1回1回が長く後半の方は興味が薄れてしまっていたのも事実。

鬼ごっこもワンパターン

また、脳内世界での”鬼ごっこ”も一工夫欲しい内容だ。
プレイに緩急を付けるという意味では重要な要素なのだが、中身自体は実に単調。幸い、難易度は相当低いのでストレスにはならないが、エリアのギミックを駆使して対抗するようなゲーム性が求められる。

日本語の精度にやや難あり

少なくともマルチランゲージ版は日本語訳の精度にやや難アリ。
オプションのApplyを「適用」ではなく、「応募」と訳しているのを見てイヤな予感はしていたが、ちらほらと直訳っぽい訳が混ざっており、プレイヤーの脳内補正力が求められる。

※読める日本語ではある。

スポンサーリンク

【総評】サイバーパンク好きはマストバイ

肉体の一部がオーグ化されたオーナー。

本作は『ブレードランナー』の世界にどっぷりと浸かり、サイバーパンク感溢れる世界を堪能できる秀作のアドベンチャーゲームである。

一部の猟奇的な演出は余分に感じられたが、近未来の負の側面を見事に捉えたゲーム世界は一見の価値ありだ。

【インディーゲーム】オススメのアドベンチャーゲーム

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
インディーゲーム
Kakihey.com