【評価/レビュー】『ライフ・イズ・ストレンジ・ビフォア・ザ・ストーム』第1話「Awake」【批評/感想】

スポンサーリンク
物語のネタバレ無し

『ライフ・イズ・ストレンジ 嵐の前』

原題Life is Strange: Before the Storm
開発元Deck Nine
発売日2017年8月31日
対応機種PC,PS4,Xbox One
備考公式サイト

今作は2015年に発売された『ライフ イズ ストレンジ』の外伝作。
「Before the Storm(嵐の前)」という副題からも分かるように、今作は『ライフ イズ ストレンジ』の前日譚になっており、前作の主要人物の一人であるクロエ・プライスと、謎の失踪を遂げていたレイチェル・アンバーのストーリーが描かれる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

間違いなく、ライフ イズ ストレンジ

主人公のクロエ。レイチェルの突発的な行動に言葉を失う。

今作が”別会社による外伝作”と聞いた時は、少し心配した。
本家である「DONTNOD Entertainment」以外のスタジオが、あのゲーム世界を「再現」できるのか不安だったのだが、実際のところ、それは杞憂に過ぎなかった。

これは間違いなく、『ライフ イズ ストレンジ』だ。
「時間を巻き戻す」能力こそ存在しないが、ライフ イズ ストレンジの一部であると感じられる内容になっており、今後配信予定のエピソードの期待値を上げるには十分な仕上がり。

クロエがクロエになるまでの物語

エピソード1は、”クロエがクロエになるまでのお話の序章”と言える。

まず、今作の主人公は前作『ライフ イズ ストレンジ』の主要人物だったクロエ・プライス。
熱心なシリーズファンには釈迦に説法だが、クロエは前作の主人公マックス・コールフィールドの親友であり、その派手なタトゥーと澄んだ青色の髪がとにかく印象的だった。

けれども、エピソード1のクロエは実に大人しい。
確かに、エピソード1の時点でも”その片鱗”は感じるが、それでも今作のクロエは前作ファンが知っている彼女ではない。今作のクロエは”実父が事故死”し、”大親友は転校”した中で揺れ動くティーンエージャーとして描かれている。

そして、今作と前作の間には3年の空白期間が存在する。
今作は、その空白期間を埋める内容になる予定であり、まさに「クロエがクロエになるまでのお話」と言える内容なのだ。

レイチェル・アンバーと一緒に

エピソード1には、重要人物としてレイチェル・アンバーが登場する。
前作『ライフ イズ ストレンジ』では”失踪した謎多き生徒”として描かれていたが、今作ではストーリーをリードする重要な役どころを演じている。

さて、荒んだクロエにとって、レイチェルは憧れの存在。
クロエには全てが完璧に見えたわけだが、レイチェルは彼女なりの深刻な問題を抱えており、クロエとレイチェルはお互いの暗い部分を明かしながら信頼関係を築いていく。

すでに親友だったマックスとクロエとは違い、レイチェルとは住む世界が違う。
そんな他人同士の2人が接点を見つけ出し、手探りで関係を構築していく様子はとても面白く、今作のユニークな点と言える。

余談だが、前作では主人公マックスを振りまわる側だったクロエが、今作ではレイチェルに振り回される側になっている点にも注目したい。前作とは異なるクロエを見ることができる。

結末は一つ

また、前作の結末を知った上でプレイさせる点も面白い。
全ての選択/決断があの結末に向けて収束していくので、前作ファンは様々な思いを胸に進めていくことになる。

スポンサーリンク

総評

炎に包まれるレイチェル。

クロエの精神世界。※ホラーじゃないです。

エピソード1は順調な滑り出し。
プレイ前の不安感は開始数秒で吹き飛び、次のエピソードが待ちきれない気持ちになった。

今作のキーである、”レイチェルの秘密”や謎の人物の存在は興味深く、諸々の伏線が大爆発するラストは、それまでのスローペースとは比較にならないほど勢いがあり、しっかりとプレイヤーを惹きつけたまま終わる。

ちゃんと”ライフ イズ ストレンジしている”。
少なくともエピソード1は、「時間を巻き戻す」というシリーズ最大の長所を失いながらも、見事にゲーム世界を拡張しており、シリーズファンであれば遊んで損はないと断言できる内容に仕上がっている。

前作>>>ライフ イズ ストレンジ レビュー