スポンサーリンク

【ネタバレ】アサシンクリード リベレーションのストーリーを紹介/解説/考察。

アサシンクリードまとめ

この記事では『アサシンクリード リベレーション』のストーリーを一部解説付きで紹介。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリー

【現代編】デズモンドがアニムスに囚われる

アサシンクリードシリーズの用語集
「かつて来たりし者」や「エデンのかけら」等の用語を解説

前作『アサシンクリード ブラザーフッド』の直後。
「コロッセオの宝物庫」での出来事の後、デズモンド・マイルズは意識が戻らず、アニムスが作り出した非現実的な空間に囚われてしまう。そんなデズモンドの前に被検体16号クレイが現れる。

クレイ曰く、デズモンドは”エツィオの記憶を最後まで追憶”しない限り、この状態からは抜け出せないという。

現実世界に戻るべく、デズモンドは再度エツィオの記憶にダイブする。

被検体16号は1作目の”血で描かれた記号”を残した人物。
すでに自殺しており、戻る体が無いのでアニムスの中を彷徨っている。

50歳のエツィオがマシャフを訪れる

1511年、エツィオは自身の父親が手紙に書き残した「アルタイルの書庫」を求めてマシャフを訪れていた。その書庫にはアルタイルが隠した叡智やテクノロジーが眠るはずだった。

だが、1511年のマシャフはテンプル騎士団の支配下にあった。
エツィオはテンプル騎士団に捕らえられるも脱出し、無事に書庫を見つけ出す。だが、書庫は厳重に施錠されており、それを解除するためには特別な鍵が5個必要だった。

まず、エツィオはマシャフを支配するテンプル騎士団のリーダーを倒し、彼の本を回収。
その本には鍵の在り処が記されており、エツィオはコンスタンティノープルへと向かう。

コンスタンティノープルで現地のアサシンと合流

エツィオはコンスタンティノープルに到着。
現地のアサシン教団を束ねるユスフと合流し、現地ではビザンティン派テンプル騎士団が幅を効かせている事実を知ることに。

エツィオは、ローマ同様にコンスタンティノープルでも街の復興に尽力し、テンプル騎士団の影響力を削いでいく。

また、ちゃっかりとイタリア出身の女性ソフィア・サルトルとも親交を深める。
後に彼女はエツィオの生涯の伴侶となる。

エツィオの最期はアニメ『アサシンクリード エンバース』で描かれる。
『アサシンクリード エツィオ コレクション』に収録。

その過程で若き日のスレイマン1世の暗殺計画を阻止する。
これの背後に、ビザンティンを指揮するタリクが居ると判断したスレイマン1世はエツィオに調査を要請し、エツィオはテンプル騎士団側に付くマヌエル・パレオロゴスとタリクの関係を突き止める。

スレイマン1世の依頼を受け、タリクを暗殺したエツィオ。
だが、タリクは裏切り者ではなく、マヌエル・パレオロゴスの思惑を探るために潜伏していたと判明。死の間際、タリクはエツィオに「カッパドキアに向かえ」と助言し、絶命する。

マヌエル・パレオロゴスは、テンプル騎士団と結託してビザンツ帝国の復活を目論んでいたのだ。

エツィオはカッパドキアへ

エツィオはカッパドキアに到着。
そこでマヌエル・パレオロゴスが蓄えていた兵器を発見し、それらを破壊。また、マヌエルとも剣を交え勝利を収める。そして最後の鍵を回収する。

だが、その直後、スレイマン一世の叔父アフメトが姿を表す。
実はスレイマン一世の暗殺を企てたのも、裏で数々の工作活動をしていたのも彼だったのだ。

スレイマン一世の父と、その弟アフメトはスルタン(皇帝)の地位を巡って対立していた。

アフメトはエツィオに鍵を渡すように要求するが、交渉は決裂。
しかし、アフメトはエツィオと恋仲にあるソフィアを捕らえていることを明かし、エツィオはコンスタンティノープルへと急行する。

再び、コンスタンティノープルへ

エツィオは、すぐさまソフィアの自宅を訪れるが彼女の姿は無い。
だが、”留守中にソフィアの警護を任せていた”ユスフの変わり果て姿を見つける。今は打つ手なしと判断したエツィオは、アフメトとの交渉に応じる決意を固める。

アフメトとの交渉は紆余曲折を経て無事に成功する。
ソフィアを保護したエツィオは、すぐさま彼女とアフメトを追ってマシャフに向かう。

決死のチェイスの末にアフメトを追い詰めたエツィオ。
だが、そこへスレイマン一世の父セリム皇子率いる軍隊が到着し、セリム皇子自らの手で弟アフメトを殺害する。その後、エツィオは奪われた鍵を回収。

そしてエツィオとソフィアはマシャフへと向かう。

【現代編】被検体16号がデズモンドを救う

アニムスの崩壊が始まる。
被検体16号ことクレイは自らを犠牲にしてデズモンドを救う。

エツィオはマシャフに到着

エツィオは苦労して集めた鍵を使い、アルタイルの書庫に入る。

書庫の中央には”数世紀にも渡ってこの場所を守り続けた”アルタイルの亡骸が鎮座しており、エツィオはアルタイルと初めて対面する。

そしてアルタイルの書庫に隠された「リンゴ」を手にしたエツィオ。
そこでエツィオは、自身が”自分でも理解し難い情報を伝える使者だった”という事実に気づき、デズモンドに語りかける。

【現代編】再び、デズモンドはかつて来たりし者たちと交信

デズモンドは「かつて来たりし者」の一人ジュピターと交信する。
彼は「かつて来たりし者」が、”世界を破滅から救うために”各地に宝物庫を建設し、それぞれの場所で異なる解決策を研究していたと明かし、ジュピター、ミネルヴァ、ジュノーの役割は”その知識を分類すること”だったと説明した。

しかし、苦労の甲斐なく世界は破滅を迎える。
絶え間ない地震活動と、消えることのない炎の大災害によって人類は1万人まで減少してしまった(=いわゆる”業火”)。しかし、生き残った者たちと協力して世界を再生し、今に至るという。

そして、次の大災害を警告する。
ジュピターはデズモンドに対し、ニューヨークに建設された「宝物庫」を指し示す。実は各宝物庫の情報は一点に集められる仕組みになっており、ニューヨークの「宝物庫」がそれだったのだ。

その後、デズモンドの意識は戻る。
そして「すべきことは分かっている」と口にし、エンディングを迎える。

スポンサーリンク

まとめ

家族が処刑されるという悲劇から始まったエツィオの冒険は完結。
また、現代編も結末(=一区切り)に向けて前進。

ただ、ゲームとしてはレビューにも書いている通り、“三部作の最後にしては物足りない”内容になっている。

次の記事>>>【ネタバレ】アサシンクリード3のストーリーを紹介/解説/考察

アサシンクリードシリーズのストーリーまとめ
1作目から映画版のストーリーまで網羅!

コメント