粗粗しく硬派なサバイバルホラー【評価/感想】サイコブレイク(1)【批評/レビュー】

3
サバイバル/ホラーゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題The Evil Within
対応機種PC,PS4,Xbox One etc
プレイ/クリア時間15時間~
カキヘイ
カキヘイ

硬派なサバイバルホラーゲーム。
長期的な視点でリソース管理させるシビアなゲームプレイと、個性的なクリーチャーとの戦闘が面白い。ただ、全体的に粗粗しい。

ベセスダ・ソフトワークス
¥3,333(2019/10/22 16:35:40時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

紹介

どんなゲーム?

「バイオハザードの生みの親」とも言われる三上真司氏が送るサバイバルホラーゲーム。

したがって、全体的に“バイオハザードという言葉を使わずに作ったバイオハザード”という作風になっており、中でも『バイオハザード4』との共通点は多い。

▼バイオとの共通点▼

  • 敵となるクリーチャー
  • QTEの多用
  • 死んで覚えろ的な設計
  • やり込んでナンボ

この辺りは、「バイオハザード」でも好き嫌いが分かれるポイントかと思うが、タイトルは変われど本作にも登場している。

ただ、「バイオハザード」とは違って1本道を進むゲームになっており、パズル要素もほとんどない。

ベセスダ・ソフトワークス
¥3,333(2019/10/22 16:35:40時点 Amazon調べ-詳細)

DLCの有無

本作向けに3つのDLCが配信されている。
これらは本編のストーリーを補完するものになっており、一緒にプレイした方が良い。

▼レビュー▼

ベセスダ・ソフトワークス
¥3,333(2019/10/22 16:35:40時点 Amazon調べ-詳細)

サイコブレイクのストーリー

ベセスダ・ソフトワークス
¥3,333(2019/10/22 16:35:40時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

評価

【Pros】硬派なサバイバルホラー

クリーチャーとの戦闘は白熱している。

挑戦的なゲームデザインは非常に面白い。

まず、本作はサバイバルホラーゲームに分類される作品。
なので、基本的には限られたアイテムをやりくりして進めていくゲームになっており、”長期的な視点”でリソース管理することが不可欠だ。

このゲームでは、強力なアイテムが残っていれば瞬殺できるボスでも、それが無ければ倒すのに苦労するということがよく起きるので「管理する」ことの重要性が高く、常に張り詰めた緊張感が漂っている。

なお、『バイオハザード4』と同じくエリア内の仕掛けを活用した攻略も可能で、敵をトラップに誘導したり、おびき寄せて「ステルスキル」することでアイテム消費が抑えられる。

  • 長期的な視点に立ったリソース管理
  • アイテム消費を抑える立ち回り

決して万人受けするゲームではないが、本作の挑戦的なゲームデザインは非常に魅力的である。

難易度は高い方

基本的に「死にゲー」的な面が強い。

例えば、初期の主人公は頭を抱えるほど貧弱で、10mのダッシュすらままならず、おまけに銃の精度も相当低いので、ゲームの立ち上がりは相当苦労する。

また、「一撃死」が多いゲームでもある。

なので、総じて難易度は高いと感じる。
一応、最低難易度「カジュアル」は用意されているが、その難易度でプレイしてもラクなゲームではない。

ベセスダ・ソフトワークス
¥3,333(2019/10/22 16:35:40時点 Amazon調べ-詳細)

【Pros】充実したスキル要素

主人公が貧弱な分だけ、スキルの存在は大きい。

なので、敵を倒す】=>【グリーンジェル(スキルアップに必要)を回収する】=>【スキルアップする】のサイクルはこれ以上ないほど面白い。

また、長期的な視点で主人公を育成していく点もやりがいがある。

ただし、序盤は基礎体力アップに偏りがち

というのも、すでに述べた通り初期状態の主人公はあまりにも貧弱。
なので、まずは基礎能力を上げることが優先になってしまい、序盤から中盤はスキル選択の幅が偏りがちになる。

ベセスダ・ソフトワークス
¥3,333(2019/10/22 16:35:40時点 Amazon調べ-詳細)

【Cons(欠点)】製品としてのクォリティ

QTEや即死系トラップは不要。

今では修正されたが発売当初は

  • 【解決】レターボックスが強制表示
    • 画面上限に黒帯が入る
  • FoVが狭い
  • 【解決】初心者向けの難易度が用意されていない

などの問題を抱えており、プレイアビリティは相当低かった。

PC版では解決できる

  • FoVは外部ツール「Flawless Widescreen」で調整可能。
  • ロードは短時間で終わる。
ベセスダ・ソフトワークス
¥3,333(2019/10/22 16:35:40時点 Amazon調べ-詳細)

【Cons(欠点)】即死系トラップ

理不尽な「死にゲー」。

突然目の前に敵が現れたと思ったら、一撃で倒されてリスタートになったり、何だかよく分からない巨大なミキサーに巻き込まれてリスタートになったりと、とにかく”理不尽な死”が目立つ。

なお、このゲームは「死にゲー」にもかかわず、リスタート周りの配慮が足りない。
再開ポイントの間隔が長かったり、”演出の前から再開するので”リスタートする度に一度見た演出を見させられたりする。

苦労して先に進んだものの、一方的なトラップの餌食になり、それまでの苦労が一瞬で無になる…。そんな光景を目にしたプレイヤーは一体何を感じるだろうか…。

ベセスダ・ソフトワークス
¥3,333(2019/10/22 16:35:40時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

総評

ラスボス。精神世界の描き方が特徴的。

良くも悪くも三上真司氏の色が出た作品。
クリエイターの個性が光るサバイバルホラーはさすがによく練られており、ボス級クリーチャーのビジュアルも個性的で見応えがある。ただ、一方で「理不尽な死にゲー」や「不親切なチェックポイント」などの問題も抱えている。

決してクソゲーではないが、その逆でもない。
サバイバル要素は文句なく面白いのだが、それ以外の部分がその良さを殺している。

続編>>>サイコブレイク2 レビュー

ベセスダ・ソフトワークス
¥3,333(2019/10/22 16:35:40時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サバイバル/ホラーゲーム
カキコム or 管理人をフォローする
Kakihey.com(カキコム)│ゲームレビュー、ニュースやMod情報などを発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました